U-BOYです。

オランダのブランド、バンデンハルのMCカートリッジ VDH-COLIBRI MS XGPを聴かせていただきました。

全磁気回路を極小化することにより歪みやノイズを低減しコンプライアンスのチューンを実現させることで軽量トーンアームの使用を可能にしました。

トレーシング能力を飛躍的に向上させ 磁気回路を極力針先に近づけるため、あえてフロントポールピースを取り外し、カンチレバーの有効長が約50%の短縮化を可能としました。このことにより、直線性に優れた磁気変換特性を実現しています。

また、カンチレバー材に弾性率・減衰性に優れ、粘り強く耐久性に優れた素材のボロンを採用することでトレーシング能力を飛躍的に向上させました。

VDH-COLIBRIは”使用線材”および”ボディ素材”により、下記バージョンがあります。
□XCバージョン:MC*カッパー線材採用/出力電圧0.65mV/ch

■XGバージョン:MC*ゴールド線材採用/出力電圧0.4mV/ch

上記2種類にそれぞれ

◇Pタイプ:ポリカーボネート材の樹脂製。ボディカートリッジ自重6.0g

がご用意しています。

音の第一印象は、非常に細かい音を明確に表現するカートリッジだなと思いました。

どのレコードを聴いても”こんな音、このレコードに入っていたの?”と非常に驚かされました。表現される空間もとても広く、明確で曖昧なところがなく特に見通しの良さは、他の追随を許さないと言って良いと思います。

かといって音色に粗さは無く、非常に上品な鳴りぶりが印象的でした。まさにこの価格帯も相まって唯一無二のMCカートリッジと言っても過言ではありません。

VDH-COLIBRI MS XGPで、この再現性でしたので、上位のVDH-COLIBRI MS XGWでは、どんな表現になるのか想像もつきません。

ご試聴のご用命、お問い合わせは、ぜひ当店にお申し付けください。

U-BOYです。

イタリアaudel(オーデル)社のスピーカー、を期間限定デモ中です。

外見の特徴は、全エンクロージャーに積層バーチ材を組み合わせたマルチパネルシステムを採用しています。

表面は塗料ではなく天然素材の蜜蝋ワックスを塗り込んだ仕上げになっており、木材の風合いを生かしたナチュラルで美しい仕上がりになっています。

技術的な点では、システムオーディオルームの音調材として使用されるブレースに着目し、スピーカ内部にリブ加工を施した特許技術IRS(Internal Rib System)を採用。

内部リブがエンクロージャの剛性を飛躍的に高め共振や振動を抑えると同時に内部の定在波の発生を抑制しています。

Nika mkII

竹繊維を使用したドライバーをフルレンジで使用しており、フルレンジ特有のつながりの良さを感じます。空間は決して広くはないもののサウンドのナチュラルさや軽やかは、ほかのにモデルと比べても引けを取りません。ある種これでよいかなと思わせる完成度の高い軽やかで、楽しいサウンドです。

Sonika mkII

非常にコストパフォーマンスが高い印象です。Magika mkⅡほどの場所を取らずMagika mkⅡに迫る音のきめの細かさと良い塩梅の量感を持たせたスピーカーであるように感じられます。2wayにもかかわらず、Nika mkⅡ のつながりの良さを持ちながら、さらに量感をもたせ情報量も増しています。

Magika mkII

エンクロージャーの容量もあり一見すると重々しい音になるのかなと、思いきやSB AcousticsとSeasを採用していることもあり、非常に情報量があるにもかかわらず、同時に軽やかなサウンドも実現しています。また特に3機種の中では、圧倒的にきめの細かいサウンドも実現しており、リファレンスとして相応しい仕上がりとなっております。

3機種ともナチュラルで美しい仕上げと適度な量感を保ちながら明るく軽やかになるスピーカーであり特にギターの音色や女性ボーカルの艶やかさは、逸品です。それぞれのスピーカには、ふさわしい魅力的な技術的描きわけがなされており、エンジニアの高い技術力を感じます。

メーカーとして一貫してサウンドではなく音楽を楽しく聞かせてくれるスピーカーを目指していることがよくわかりますが、かと言って情報量に乏しいわけではなく、セッティングを詰めるとそれに答えてくれる良質なスピーカーであることがわかります。

来週いっぱい展示予定ですので、ぜひ実物をご確認に当店まで、ご来店ください。

U-BOYです。

イタリアALBDEO(アルベド)社のスピーカー、ACCLARAを期間限定デモ中です。

最大の特徴は、2つのトランスミッションラインがシンメトリーに配置され、高効率に低音増幅を行える構造を採用しています。

当店で常設展示中のLumenWhiteとユニット構成はほぼ同じですが、出てくる音はそれぞれの特徴があり非常に面白いと思います。

適度な量感を保ちながら相当下まで伸びる低域です。
アンプの駆動力はかなり必要です。

現在は、AudiaのStrumento n8を組み合わせております。


u-audio.com/shopdetail/000000006140/

U-BOYです。

ESOTERICのデジタルプレーヤー、GrandiosoシリーズGrandiosoP1X、GrandiosoD1X、GrandiosoG1を期間限定でデモ中です。

~6/4(火)までの短期デモとなります。ご試聴希望の方は来店前にご確認ください。
ディスク再生の他、常設中のネットワークトランスポートN-03Tを使ったファイル再生も可能です。

P1Xでは、VRDS-ATLAS、電源別体の2シャーシ構成、4つの独立トロイダル電源トランスを採用し、G1では、高精度ルビジウム発生器 (周波数精度±0.05ppb=0.00005ppm)を採用し、D1Xでは、完全自社設計のMaster Sound Discrete DACを採用しています。      

ESOTERIC社の最新技術の粋と今考えうる最大の物量投入により、ESOTERIC思想    の一つの究極系を見た思いです。

ESOTERICサウンドというと、以前は輪郭をカッチリと描きメリハリのあるイメージがありましたが、このセットは弱音のディテール、暗騒音の表現が相当高いレベルで表現できています。空間も広大です。

U-BOYです。

イタリア、ソナス・ファベールの新製品、ELECTA AMATORIIIを展示しました。

ソナスというと、そのルックス、製品名などから弦楽器に特化したような印象を持つ方もいらっしゃいます。

近年のソナスは見た目のイメージよりもニュートラルで解像度も高く万能型という印象を受けます。

今回の新製品、AMATORIIIは、開放感もあり、見た目のサイズよりも雄大に鳴ります。
良質なプリメインアンプで鳴らすとコンパクトなセットながらかなり本格的なシステムも構築できます。

店頭では、同じイタリアのAudia社、FL THREE Sとセットでお勧めしております。

余計なことを考えずに音楽に没頭できるような、これで十分と思わせる鳴り方をしてくれます。

このスピーカーはロングランの名機になる予感がします。


u-audio.com/shopdetail/000000006104/

U-BOYです。

イタリアのブランド、オーディアのモノラルパワーアンプStrumento n8を期間限定でデモ中です。

L/Rチャネル完全ディスクリートバランス回路を搭載しさらに電源回路にも磨きをかけたメーカーのリファレンスモデルとしてふさわしいモデルです。

以前、お聞かせいただいたステレオパワーアンプよりもさらにドライブに余裕があり音質もきめ細かい印象です。YG acoustics Hailey 2.2も軽々と鳴らしてしまいます。

U-BOYです。

当店でも主力のスピーカーとしてお勧めしているMAGICOで、一部価格改定のアナウンスがありました。

2019年6月1日より改定

S1MK2 M-CAST 現行定価2,400,000円 → 新価格2,450,000円
S1MK2 M-COAT 現行定価2,800,000円 → 新価格3,000,000円

S3MK2 M-CAST 現行定価4,000,000円 → 新価格4,100,000円
S3MK2 M-COAT 現行定価4,600,000円 → 新価格4,800,000円

M3 with MPod 現行定価10,480,000円 → 新価格11,500,000円

U-BOYです。

期間限定でYG acoustics Hailey 2.2をデモしております。

前モデルとの大きな違いは、ハイブリイッド・ツイーター BilletDomeに、ネットワークも大幅に更新。低周波数帯域を受け持つインダクターまで自社で開発しました。

高域の情報量に加えて、アンプへの負荷軽減、アンプのエネルギーをロスなく伝えることで全帯域のエネルギー感も上がっています。

Hailey1.2の時は、鮮度感や低域の解像度は抜群に高い反面、中域が少し弱い印象がありました。

2.2となり、高域の情報量が上がった点に加えて、中域もしっかり出るようになり、全帯域においてエネルギー感がアップした印象を受けます。


u-audio.com/shopdetail/000000006100/

U-BOYです。

小型スピーカーのリファレンスとして常設していたQ1を現品販売します。

Qシリーズは製造の手間、コストが掛かり過ぎるため生産完了になりました。

日本ではQ1の人気が高く、代理店が交渉してまとめてオーダーすることで最後に生産してもらっていました。

当店でも最後の在庫をまとめて仕入れておりましたが、先日最後の1台が旅立ち、完売となりました。

Qシリーズの中古は人気が高く、基本的に入荷予約を受け付けておりません。

現品販売についても、数件お問い合わせがありましたが、早い者勝ちでお願いしております。

情報量、適度な量感に厚み、空間の再現性と、現代スピーカーの中でも傑作と呼べる素晴らしい製品です。


u-audio.com/shopdetail/000000006096

U-BOYです。

このたび、エソテリック製品の取り扱いを開始しました。

当店はもともと中古オーディオ専門店として2000年からスタートしております。
新品の取り扱いを開始したのが10年くらい前で、輸入品を中心に扱ってきました。

徐々に取引先も増え、現状は中古と新品の扱いが同じくらいになってきました。

お客様から

「取り扱いが無いの?」
と良く質問を頂くのがエソテリックのSACDプレーヤーです。

縁があり取引開始いたします。

過去の一連の製品は中古でも取り扱いがありますので、ブランドの思想や、音質など理解しているつもりですが、現行の新製品はまだ触ったことが無いものも多くありますので、これから勉強していきたいと思います。

最初の展示は、検討した結果、以下の2機種としました。

SACDプレーヤー、K-01Xs

u-audio.com/shopdetail/000000006094/

ネットワークトランスポート、N-03T

u-audio.com/shopdetail/000000006095/

もちろん、他の製品についてもご相談ください!