U-BOYのオーディオブログ

U-AUDIOの公式ゆるキャラU-BOY(ユーボーイ)のブログです。
主に買取したオーディオを紹介しています。 僕はタイヤではなくレコードです。

NADAC Player x LINN DS

U-boyです。

GW期間に、Roonがバージョンアップされ1.5になりました。
今回のアップデートにより、ソフトウェア上でMQAのデコードが可能です。

Audirvana Plus3同様、ソフトウェア上でのデコードは96kHz止まりです。

また、兼ねてより話題に上がっていたLINNのDSシリーズがRoonに対応しました。

当店はLinnの特約店ではありませんが、中古製品でDSはよく扱っていますので、その辺の特約店よりも詳しいと思います。

現状、ネットワーク再生は大きく分けるとDLNA(UPnP)、MPD、今回のRoonの3本柱だと思います。

当店はそのどれも扱っていますが、操作性においてはRoonが一番優れていると思います。

DLNA(UPnP)クライアントソフトでいえば、Kinsky、Kazoo、Lumin、Fidataなど。
MPDはMPaD、SoundirokやCantataなど複数の管理ソフトが存在しますが、Roonは1つしか存在しません。

スマホやWin、MACなど複数のデバイスで使用はできますが、アプリは1種類だけです。その分、操作性はよく考えられていると思います。

Tidalとの連携や、音源の情報の管理、複数の機器の切り替え方法などが非常にスマートです。

DLNAの雄であるLinnのDSが今回Roonに対応したのは、色々思うことがあります。


早速、NADACプレーヤーのRoon Coreを使って、LINN DSを操作してみました。

現状、DSはベーター版のファームウェアでしか対応していないようですが、特に問題なく操作できます。

例えば、Roonで再生中に、Kazooで別の曲を選曲するとKazooの選曲に切り替わります。その逆も然りです。

Roon対応機器はまだまだ少ないですが、USB DACであれば従来のWIN/MACでの再生と同じように使えます。