U-BOYのオーディオブログ

U-AUDIOの公式ゆるキャラU-BOY(ユーボーイ)のブログです。
主に買取したオーディオを紹介しています。 僕はタイヤではなくレコードです。

U-BOYです。

イタリアaudel(オーデル)社のスピーカー、を期間限定デモ中です。

外見の特徴は、全エンクロージャーに積層バーチ材を組み合わせたマルチパネルシステムを採用しています。

表面は塗料ではなく天然素材の蜜蝋ワックスを塗り込んだ仕上げになっており、木材の風合いを生かしたナチュラルで美しい仕上がりになっています。

技術的な点では、システムオーディオルームの音調材として使用されるブレースに着目し、スピーカ内部にリブ加工を施した特許技術IRS(Internal Rib System)を採用。

内部リブがエンクロージャの剛性を飛躍的に高め共振や振動を抑えると同時に内部の定在波の発生を抑制しています。

Nika mkII

竹繊維を使用したドライバーをフルレンジで使用しており、フルレンジ特有のつながりの良さを感じます。空間は決して広くはないもののサウンドのナチュラルさや軽やかは、ほかのにモデルと比べても引けを取りません。ある種これでよいかなと思わせる完成度の高い軽やかで、楽しいサウンドです。

Sonika mkII

非常にコストパフォーマンスが高い印象です。Magika mkⅡほどの場所を取らずMagika mkⅡに迫る音のきめの細かさと良い塩梅の量感を持たせたスピーカーであるように感じられます。2wayにもかかわらず、Nika mkⅡ のつながりの良さを持ちながら、さらに量感をもたせ情報量も増しています。

Magika mkII

エンクロージャーの容量もあり一見すると重々しい音になるのかなと、思いきやSB AcousticsとSeasを採用していることもあり、非常に情報量があるにもかかわらず、同時に軽やかなサウンドも実現しています。また特に3機種の中では、圧倒的にきめの細かいサウンドも実現しており、リファレンスとして相応しい仕上がりとなっております。

3機種ともナチュラルで美しい仕上げと適度な量感を保ちながら明るく軽やかになるスピーカーであり特にギターの音色や女性ボーカルの艶やかさは、逸品です。それぞれのスピーカには、ふさわしい魅力的な技術的描きわけがなされており、エンジニアの高い技術力を感じます。

メーカーとして一貫してサウンドではなく音楽を楽しく聞かせてくれるスピーカーを目指していることがよくわかりますが、かと言って情報量に乏しいわけではなく、セッティングを詰めるとそれに答えてくれる良質なスピーカーであることがわかります。

来週いっぱい展示予定ですので、ぜひ実物をご確認に当店まで、ご来店ください。