U-BOYです。


MSBのREFERENCE DACを再びデモしております。モジュールで各種入力を選択できます。

本機はCDトランスポートから受けるためのAES/EBUやS/PDIFはもちろん、USBとネットワークレンダラー端子も備えております。

今回はイーサネット端子をメインに検証しております。
※USB端子はDELAのマーカーレス再生に対応。MQAのデコード、DSD256の再生も確認済みです。

UPnPでの再生について
MSBのレンダラーはいわゆるOpenHomeではありません。
例えばdCSのネットワークブリッジ、Krellのレンダラーなども同様です。

クライアントソフトでいうと、LuminやKazooは使用できません。
Kinksy、Fidata、mConnectが使用できます。

OpneHome化させたい場合は、同一ネットワーク上のPCやNASにBubbleUPnP Serverを入れることで対応できます。

使い慣れたLuminのアプリで操作したい、Tidalをネットワークプレーヤーとして使用したい場合にインストールします。

BubbleUPnP Serverを使ったTidal受信はMQAデコードはできません。FLACとして受信します。


導入方法は省略しますが、事務用Windows PCに入れた際の当店の設定画面を紹介します。

これでLuminでも使用できます。

UPnPでのDSD再生について
MSBのレンダラーはDSDの再生はDoPE(DSD over PCM Ethernet)方式を採用しています。

この方式に対応するために、MinimServerもしくはJriver Media CenterがインストールされているNASまたはPCが必要です。

日本でポピュラーなDELAやFidataはTonkyをカスタマイズしたものなのでDSD対応できません。
DELAは、MinimServerをインストールできます。やり方についてはここでは省略します。興味のある方はお問い合わせください。


OpneHome化させ、Luminアプリを使ってDSD256の再生ができました。DELAにMinimServerをインストールして運用しております。

Roon Readyについて
MSBのレンダラーはRoon Ready対応済みです。

CoreにNADAC Playerを使用し実験してみました。
この組み合わせは、なかなかインパクトのある出音です。


DSD256も安定して再生できます。


MQAのハードウェアデコードにも対応。

結局、どの方式が音が良いの?
音源は全てDELAに内蔵された共通の物を使用し、
・USBケーブルでDELAと直結
・イーサネットケーブルでレンダラーとして使用
・イーサネットケーブルでRoon Readyとして使用

どの方式が圧倒的に良い、劣ることはありませんが、店頭ではRoonが一番良いと感じました。操作も安定していますね。


u-audio.com/shopdetail/000000005735/

U-BOYです。

このところ、まだ公開できない新製品の動作検証もふくめ、色々な商品が店頭に出入りしています。

紹介できるものは順番に紹介します。

まずは、当店でもPCオーディオのリファレンスとして使用中のMerging Technologies NADACです。

従来のNADACはWINDOWSおよびMACを使用して再生します。最近はDELAやFIDATAといったオーディオグレードのNASとUSBで直接接続して再生するスタイルも増えてきました。

あるいはコアなPCオーディオファンはLINUXで再生する人も多くいます。
NADACの場合はNASとの直結やLINUXでの再生ができませんでした。

そこで、NADAC Playerの登場です。

Roon Coreインストール済みのPC基板を加えてプレーヤー化したものです。
Roon Ready対応機器は増えてきましたが、Roon Playerとして機能するオーディオ製品は殆どありません。

NADACの場合は、元々D/Aの部分は非常に優秀ですが、トランスポート側(PC)に制約があるのが唯一の欠点だと思っていましたので、Roon Player化の話を聞いてバージョンアップの申し込みをしました。

現在はHUBを介してNASの音源を読む方式にしています。NADAC PlayerはUSB端子を搭載していますので、USB HDDを繋いで音源を読み込むことも可能です。

また、従来のNADAC同様、PCからイーサネットで接続した再生も可能です。
今までの機能に、Roon Playerが加わったとお考え下さい。

Roon単体については機会があれば改めて紹介したいと思いますが、操作性、音質、機能のすべてにおいて高い完成度を誇る優れたソフトです。

OSXのAudirvana Plus3からイーサネット直結再生と比較すると、NADAC Playerの方が音に浸透力があります。今までも解像度は十分すぎるほどありましたが、高域のアクセントが無くなり音がすーっと入るような気持ちよい音に変わりました。

WEISSのMAN301でも同等のDACを積んだ単体製品DAC202とPCを繋いだものよりも、オーディオグレードのPCを搭載したMAN301の方が音が良いのと同じ結果になりました。

プロのオーディオメーカーが吟味したハード及びソフトウェアで製作されたPCに、自作PCで乗り越えるのは簡単な事ではありませんね。


u-audio.com/shopdetail/000000004969/

U-BOYです。

MSB Technology、Reference DACを短期デモ中です。

社名のMSBとは、最上位ビットMost Significant Bitに由来する、まさにデジタルのエキスパートによるブランド。
その最新モデルが、Reference DACです。

超ド級のSelect DACに準ずる製品です。
マルチビッドらしい濃密なサウンド。アナログにも負けない充実した中低域、それでいて開放感のある音です。

USBおよびイーサネットボードは最新フォーマットに対応。DSD256/PCM384kHZ、MQA等々…。
レンダラーはまだプロトタイプで正式な製品版は少し先になる見込みです。Roon Readyにも対応予定。

店頭ではCDプレーヤーからのAES-EBU入力と、DELAからUSB接続をメインにデモしております。
今回は短期デモのため、改めて別の機会を設けたいと思います。


u-audio.com/shopdetail/000000005735/

U-BOYです。

DELAの最新モデル、HA-N1ZS20/2Aを期間限定でデモ中です。

当店で常設しているHA-N1AH20/2(ブラックモデル)と比較してみました。

公平な条件になるように、
マスター音源をUSBで用意し、DELAに刺してインポート。
同一LANケーブルを使用し、ランスポートとして、CHORD DAVEとUSB接続にて比較を行いました。


上記のような音源を使ってA/B比較を数回行いました。
参考として、配信サービスのTIDALでの比較も行ってみました。

比較すると、HA-N1ZS20/2Aの方が力強さ、透明感、キメの細かさなどあらゆるベクトルで上回っていると感じました。

同一ブランドの入門機と、最上位モデルですのでこれ位違って当然と考えることもできますが、HDDとSSDの違い、筐体構造、電源部など多くの要素がそのまま音に反映されています。

元々当店ではネットワークプレーヤーとを積極的には勧めていませんでした。

ネットワークプレーヤー自体の使い勝手、NASのDLNAサーバー機能、スイッチングハブ、使用するLANケーブル(STP/UTP)など、音質や使い勝手に関係する要素が多々あり、PCから直接USBおよびFirewireでDACに繋ぐ方がシンプルで高品位な音を構築できたからです。

しかしながら、DELAも2世代目になり、ファームウェアも日々更新され音質に磨きがかかってきました。

以前はDELAからUSB DACに直結するよりも、PCを介して再生するほうが好ましいと感じていましたが、最近は、DELAから直結するほうが良くなったため、シングルボードコンピューターを使ったLINUXのデモは辞めております。


TIDALは日本国内では正式にサポートされていませんが、LINNやLUMINなどと同じように使用できますので、ネットワークプレーヤーを使うメリットが無くなりました。

もちろんネットワークプレーヤーを使っている方にも、お勧めの製品です。


u-audio.com/shopdetail/000000005729/

U-BOYです。

米Playback DesignsのMerlot DACをお借りしました。今週末までデモ予定です。

merlot-dac_diago2

サイズは一般のコンポーネントよりも小ぶりです。当店で扱っていたモデルと比較すると、リンデマンのMusicbookシリーズや、EXOGALなどに近い印象です。

天板は独特の造形で光の当たり具合で色々な表情を見せます。

同社の製品は全て既製のDACチップを使わずに、オリジナルのFPGAを使用しています。受けた信号は全てDSDに変換されます。

この方式を採用するメーカーの多くは、滑らかで空間の響き、余韻が上手な製品が多いと感じます。

今回のMerlot DACも同じ印象です。また、小ぶりなサイズですが、濃い口のしっかりとした音が出ます。

上位モデルのMPD3と記憶の中の比較では、力感は劣りますが、滑らかな品の良さはMerlot DACの方が優れているような印象を受けました。

USBでの対応信号は、PCMが384K、DSDがDSD256です。ただし、DSD256はASIOのみ。
当店ではMACとLINUX使いですので、DSD128までの信号でデモしています。

比較対象としては、CHORDのDAVEや、当店でも使用中のMerging NADACでしょうか。
付帯音の無さ、解像度の高さでは屈指のNADACに対して、滑らかさや品の良さ、音楽的に聴かせるMerlot DAC、DAVEがちょうどその中間という印象です。

0000000054622
u-audio.com/shopdetail/000000005462/

Ayreから待望の新製品が登場です。

QX-5 Twentyは最新のESS9038Proを搭載。
USB入力の他、イーサネット入力、2系統のAES/EBU、3系統のS/PDIF(同軸)、さらに3系統のトスリンクの計10系統。

イーサネット入力は従来のUPnPと、Roonに対応したRoon Ready機能を搭載。

昨今のデジタルソースを網羅しています。

ayre_qx-5

店頭ではまだRoonの再生環境を用意しておりませんので、USB-DACとUPnPにて検証してみました。

紹介が遅れていますが、NASはDELAの新型(N1A/2)を使用しています。こちらも後ほど紹介します!

当店の環境では、UPnPの方がゲインが高く太い音ですが、比較すると音がほぐれずに、細部の表現力はUSBに劣る印象でした。

UPnPのクライアントソフトはmconnectを使ってみました。最近はこのソフトを推奨するハードメーカーが増えた気がします。
mconnect

USB接続は、DELAからの直結モードではなく、別のPCを介して行いました。

USBのほうがSNが高く細部の表現力が高い傾向です。

QX-5 Twentyの定価は128万(税別)です。

直近のQB9 DSDはクッキリ系で強い音でしたが、このQX-5 Twentyはもっと落ち着いたしなやかな方向に変わりました。

空間は広く、特に奥行き方向に展開するイメージを受けました。強弱の弱音を丁寧に拾い上げるような音です。独自のデジタルフィルタリング処理が上手く効いている印象です。

メーカーサイト: QX-5 Twenty

以前にフラグシップモデルのUltra DACを紹介しました。
https://kaitori.u-audio.com/blog/ultra-dac/

現在は弟機の818v3をデモ中です。

こちらも新製品です。
818v3は型番が示す通り、従来のトップモデルである800シリーズの最新型DACです。

こちらは、プリアンプ機能を搭載し、パワーアンプに直結することが可能です。
もちろん、同社のスピーカーとは専用リンクケーブルで接続できます。

USB入力はPCMは192K、DSD64に対応。
イーサネットはRoon ReadyおよびSooloosに対応。
MQAにも対応しています。

818v3

メリディアンらしい、静かで落ち着いた音です。
D/A変換時のプリエコーを取り除く、アポダイジングフィルターをはじめ、独自のDSP処理によりいわゆるデジタル臭さを排除しています。

濃厚とは言いませんが、現行機器の中では濃いめの音です。

最近話題のTidalによるMQAも試聴させて頂きました。
※店頭ではTidalのデモは行っていません。

音源にクオリティーのムラは感じますが、良い音源を聴くと非常に自然な音場空間が生成されます。ストリーミングでこれだけのクオリティーを聴かされると、色々と考えさせられますね。

Meridian Ultra DAC登場!

英国メリディアンより待望のリファレンスシリーズが登場しました。

今回は短期デモのため、改めてご試聴できる機会を設けたいと思います。
meridian
写真上の藍色の製品が、CDプレーヤー808v6です。こちらはアナログ入力を含めたプリアンプ機能も搭載しています。

260色から筐体カラーを選べます。
(この藍色は東京オリンピックのエンブレムを意識したそうです。)

そして、下段の黒い製品が、当店でも大注目しているリファレンスDAC、Ultra DACです。

ある意味メリディアンが本家とも言える、最近話題のRoonにももちろん対応、USB入力ではDSDも対応します。

PCMの本家ともいえる同社がDSDに対応した柔軟さは素晴らしいですね。
同じ英国のLINNとは対照的です。

肝心な音質ですが、一聴くして”静か”な音です。

音と音の間が見えるような静寂感は、各メーカーのフラグシップモデルと比べても独特の世界です。濃い口の音ですが、かつての200シリーズのような濃厚な音ではありません。それでも昨今のワイドレンジ高解像度タイプと比べると濃いと思います。

メリディアンはいち早く、スピーカーまでのデジタル伝送、一体型システムを提案しておりますが、このUltra DACは、単品として他の製品と使えることを念頭に作られていますので、汎用性が高い製品です。

この辺もLINNとは対照的な動きですね。

販売価格もKLIMAX DS/3と同じくらいになりそうです。

前回の続きです。

今回は具体的にBUFFALO / BSL-WS-G2108M/Aの設定を行います。違うHUBをご使用の方でも同様の機能を持っている場合もあると思いますので参考になれば幸いです。

※PCの設定が苦手な方にはハードルが高いかもしれません。ネットワーク関連の設定は場合によってはネットに接続できないなどのトラブルを引き起こしますので、出来る範囲で良いと思います。

1. 当店のネットワーク環境について

現在の当店の接続状況は下記の通りです。
G2108M_1
バッファローのHUBはポートが8つあります。
ポート1 未使用
ポート2 未使用
ポート3 ルーター側
ポート4 NAS
ポート5 Mac Book Pro
ポート6 NADAC or Linux or ネットワークプレーヤー
ポート7 未使用
ポート8 MAN301
続きを読む  >