U-BOYのオーディオブログ

U-AUDIOの公式ゆるキャラU-BOY(ユーボーイ)のブログです。
主に買取したオーディオを紹介しています。 僕はタイヤではなくレコードです。

U-BOYです。

MSBのDAC、The Discrete DAC+Premier Powerbase with ProUSBをお借りしました。

 

以前 Discrete DAC単体として聴かせていただきましたが、今回はPremier PowerbaseとISL接続が可能な ProUSBのスターターキットと一緒にデモしております。

製品のたたずまいは、本体と一貫した仕上げで、シンプルで非常にスマートなデザインです。

さて中身は?というと見た目のスマートさに反してしっかりと物量投入されており音に期待が持てます。

実際の音は、標準電源で聴いた時よりも音の厚みが増し、情報量を増やしながら音楽的な良さを損なわず良い塩梅ならしてくれる印象です。力強さだけでなくスケール感も増して音楽を聴いていてたしくなる印象で各実にグレードが上がった印象です。

これだけでも非常にすごいのですが・・・・

 

今回のもう一つの主役MSBの独自伝送Pro ISL方式による試聴はさらに驚かされました。

 

前回お借りした時にも”Pro ISL”はどんなものなのか、音がどれだけ変わるのか興味があったのですが簡単に比較できる方法がなく断念しましたが、この度、新発売したPROUSBスターターキットで比較させていただきました。

ISL方式とUSB方式の比較をしてみて、音の違いは一聴瞭然でした。

USBだけを聴いていれば、まったく不満が無く、空間も広く・厚みもあり、かと言って仰々しくなくMSB特有の自然な、なりだと感じていたのですが、ISL方式を聞いた瞬間に一瞬、別のDACから音が出ているのかと思わされるぐらいの表現の違いでした。USB オーディオの電気的信号をMSB 独自方式により赤外線レーザー光に変換する技術なのですが、もとはおなじUSB信号のはずなのに、ベールが数枚はがされて、なおかつ中低域の厚みや力強さが増し、なおかつそれにもまして、瑞々しい表現になったのには、驚かされました。

普通こういったものだとS/Nは上がるが、音がやせたり・力強さがなくなってしまいがちなのですが、不満なところが全くなくこんなにも変化するのには、本当に驚きです。

今回のセットでの試聴は、本当にMSBというメーカーの技術力の高さを感じました。普段DACというとDACの方式に目が行きがちですが、電源部をどのようにするか、伝送をどのようにするかだけで、ここまで音を劇的によくできるというのは、本当にDACというものをMSB社が理解しているからできるのだなと新ためて感じました。

 

ぜひこの機会に実際にご来店いただき、ご体験ください。