U-BOYのオーディオブログ

U-AUDIOの公式ゆるキャラU-BOY(ユーボーイ)のブログです。
新製品の試聴レポート、お買い得品、中古買取品などを紹介しています。

Fono Acustica Armonico SpeakeCable を試聴させて頂きました。

Fono Acusticaの設立

Fono Acustica(フォノアクースティカ)は2008年にFelix Avalos(フェリックス・アバロス)氏によって南スペインで設立されました。Felix氏は長年オーディオファイルとしてオーディオを楽しんできましたが、理想的なケーブルに出会う事が出来ず、自身で理想のケーブルを作るため、Fono Acustica社と立ち上げました。


Fono Acusticaの理念は「MUSICAL EXPRESSION BEYOND EXPECTATION(想像を遥かに超える音楽表現)」です。Felix氏は「Fono Acusticaはオーディオケーブルメーカーですが、ユーザーにはケーブルという存在を忘れさせる様な音楽への没入感を届けたい」と言います。

自社開発合金単線


Fono AcusticaにはAllegro, Armonico, Virtuosoの3つのシリーズがあり、全て自社開発の合金単線を使用しています。Allegroには銀と銅の合金、ArmonicoとVirtuosoには銀と金の合金を使用しています。

これらの合金はFono Acusticaが指定した独自の配合と太さをカナダの合金製造会社が製造しており、完全にFono Acustica専用に作られた合金導体を使用。導体の太さは長きに渡るリスニングテストにより各ケーブルに最も適したものを見つけ出し、ケーブル種類によって全て変えています。


Armonico

Armonico(アルモニコ)シリーズはFono Acusticaのミドルクラスシリーズです。
導体には金と銀の合金単線が使用され、各ケーブル種類によって最適な直径の単線が使用されています。
絶縁にはテフロンと空気絶縁が採用され、コネクタにはFono Acusticaカスタム仕様のロジウムメッキ銅(RCA,XLR)、24金メッキ銅(スピーカケーブル、USB)が使用されています。
更に端子接合部には100%純銀の特殊なはんだ付加工が施され、金銀合金単線の音質を劣化させる事なくコネクタへと伝えます。また、ケーブルには各種最適な形状とサイズに設計されたアフリカンハードウッドのインシュレータが装着され、微細な振動の吸収を行いS/Nを向上させています。


音質ですが、聞いて見ると一聴した瞬間にすっきりした定位感と空間表現が広がります。S/Nも高いのですが、それをそれと感じさせない自然さがあります。帯域のバランスも非常によく、このバランス感覚がこの独特の世界観の表現を実現しているのかなとも感じました。上記で述べた通り、線材は 金銀合金 なのですが、その線材特有のクセが良いところで生かされておりこのケーブルでしか表現されない有機的な音のつながりを実現しています。

ご興味の持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007606/