U-Boyです。

倉敷化工(株)が新設したオーディオブランド、GRESIM(グレッシム)のアクティブオーディオボード、響(HIBIKI-65)をお借りしましたので、レポートします。

同社は、産業用の防振・防音対策を数多く手掛けています。

アクティブ除振台は、内蔵の加速度センサーで微細な振動を検知し、その振動に対してボイスコイルモーターで逆の動きを加えて瞬時に打ち消します。
レーザー顕微鏡や電子天秤などの精密機器や測定器の必需品となっています。

その技術をオーディオ用に流用したのが、今回紹介する響(HIBIKI-65)です。

今回はアナログプレーヤーでボードの有り無しを比較しました。

ReedのMuse3C&5Tという同社最強の組み合わせです。プレーヤーはフリクション仕様。
今回は5Tのバッテリー電源からMuse3Cも駆動しております。
ラックは英国Atacamaです。

まずはいつも通り聴き慣れたレコードを何枚か試聴します。

5Tは独自の方式でトラッキングエラーを回避した独創的なアームで、力強さと空間のセパレーションの良さを両立した素晴らしいアームです。

現代のハイエンドオーディオと、旧き良きアナログサウンドの両方の魅力を備えた製品だと思います。盤石のサウンドで、多くのオーディオファイルがレコード再生に求めているものを高い次元でクリアしていると思います。

次にボードの設置です。

HIBIKI-65はW600xD500というサイズで、ちょうどAtacamaのボードと同じサイズです。

ただし、底面が平らのため、今回載せるAtacamaや、Quadraspireのように天板に突起物があると干渉します。

今回はウッドブロックを挟んで設置しました。


浮いているのがわかるでしょうか。

続いてプレーヤーを設置します。

物量感がありますね。見た目の収まりも良くやってくれそうな雰囲気があります。

機器をセットしたあと、本体のロックを解除、レベリングを行います。
荷重と高さが表示されます。

ディスプレイには振動の波形スペクトルを表示することも可能です。
消灯もできます。

いよいよ載せた状態で試聴です。
正直に告白しますと、最初に載せたときは「ノイズレベルが下がって見通しが良くなったな」程度の印象でした。

最初の段階でラックの水平を取り、ボードなしの状態でプレーヤーも水平を取って追い込んでいます。

次にアクティブボードを載せて、プレーヤーを設置、レベリングを行う作業をしておりますが、ボードのレベリングをした上で、プレーヤーの水平を取り直す作業を怠っておりました。

再度この状態で設定を追い込んで試聴すると、広大な空間が現れました。
滲みがなくフォーカスが合うことで定位が向上します。
パッと聞くと耳あたり良い品の良さを感じます。スピーカーの存在が消えて広い空間がそこに現れます。

低域も出るべきところは自然にスーッと下まで伸びるような印象です。
もちろん、使用しているReedのプレーヤー&アームの基本性能の高さがあってのサウンドだと思いますが、ハイエンドアナログプレーヤーをもう1つ上のステージに引き上げるような底力を感じます。

メーカーの説明では、下からの振動をキャンセルし、載せた機器が発生する振動には効果が無いそうですが、リアルタイムで振動スペクトラム表示をすると、音を出さない状態でもプレーヤーが回っているとき、止まっているときで振動の振幅が明らかに異なります。

想像ですが、モーターが回っている微弱な振動が、ラックまで届いて跳ね返っているのではないでしょうか。

いわゆるフローティング系のボードとは効き方が異なるのもそのためではないかと考察できます。


www.u-audio.com/shopdetail/000000007168

U-BOYです。

代理店様のご厚意によりAUDIO MACHINA CRM-X を試聴させていただきました。

 

AUDIO MACHINAの「CRM」が「CRM-X」として復活し、お借りする機会がありましたので、この機会に試聴させていただきました。「CRM」から「CRM-X」へのスピーカー事態の大きな変更点は、無いものの専用スタンドが、一新されましたので、そこも含めて音にどのような影響があったのかを重点的に聴いてみました。

 

■SSAキャビネットの採用  オーディオマシーナは自社の最先端超精密金属CNCマシンとカスタムソフトウェアを駆使して航空宇宙グレードのアルミ合金のブロックから正確に削り出された、クラムシェル形状の前後二つのキャビネットは、10トン以上もの力を持つウルトラハイストレングスボルトシステムで強固に締め付けることによって完全に一体化されます。

■ドライバーユニット
ウーファーにはScanspeak製15センチドライバーを、そしてツイーターにはショートホーンを搭載したMorel製1インチシルクドームツイーターを採用しています。

■専用スタンド<CRM-X Stand>
オーディオマシーナがCRM-X専用に開発したスタンドです。メインピラーにウォールナットの天然木を採用。手でやすりをかけてオイルをすり込む工程を繰り返すことで、非常に美しいオイルフィニッシュに仕上げています。

実際の音はというと、このサイズにしては、表現されるは空間は広いながら、音としての厚みを持ち合わせており、低域表現も欲張らず非常にバランスの取れた素晴らしいスピーカーであるといった印象でした。今回のスタンドは、リアルウッドになったにも関わるずスピード感は損なわれておらず、温かみを備えておりAUDIO MACHINA社の技術力の高さを感じます。このコンパクトな筐体からのこのサウンド体験は、一度聞くとやみつきですので、まだ聞かれていない方は、ぜひ当店にお問い合わせください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000007163/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

U-BOYです。

VALHALLA2スピーカーケーブルを改めて試聴させていだきました。

 

 

NORDOSTRのVALHALLA2スピーカーケーブルを改めてお借りする機会があり早速試聴させて頂きました。 本ケーブルは、各7本、4グループ、合計28本のコンダクタから構成されます。コンダクタはそれぞれ、高品質ソリッド99.999999%無酸素銅より製造されています。表面は高精度に研磨され85ミクロンの銀メッキ加工が施されています。各コンダクタは、デュアルモノ−フィラメント構造でFEPストリングの2本撚が螺旋状に巻かれ、精密なFEP外被覆と点接触という実質的なエア絶縁が施されています。

VALHALLA2は光速の96%以上の超高速仕様となっています。VALHALLA2は非常に広い帯域と最小限の位相シフトでケーブル技術の最高水準に達しています。VALHALLA2の驚くべき過渡応答/トランジェント特性は、音楽的細部が失われず、音楽の複雑なパッセージや高度な録音の再現が容易に実行できることを意味します。

 

実際に試聴をしてみますと一聴してその広大な空間の出現に驚きます。ただ空間が広いわけではなく、その細部の精密さに驚かされます。またダイナミックレンジも広がったの?と思わせるぐらい静寂感もあり機材のグレードが数段上がってようにも感じます。奥行き感や位置関係も非常に正確で、録音エンジニアが思い描く空間をそのまま試聴空間に表現するといった印象です。例えばライブ盤では、実際のライブでは聴こえないようなところまでマイクが拾ったものを全て出す印象ですので、ライブより得難い体験を感じられるかもしれません。この情報量の多さには舌を巻くものがあります。しかしながら膨大な情報量のわりに耳につくようなところが一切なく、スピーカーの粗までも包み込んでくれる懐の深さも非常に驚かされました。

このケーブルは、とてもお得と言える金額ではないものの、非常に魅惑的で、一度使ってしまうとなかなか外せなくなってしまう凄さを感じます。

 


www.u-audio.com/shopdetail/000000007160

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

U-BOYです。

話題の電源ケーブル、VAN GOGH POWERを試聴させていだきました。

 

 

Crystal Connectに社名変更後一作目のARTシリーズの真ん中のモデルであるVAN GOGHシリーズのパワーケーブルをお借りすることができましたので、早速試聴させていただきました。 ARTシリーズは、MONOCRYSTALシリーズで培われたiCSをさらに次のレベルへと引き上げます。銀であれ銅であれ、いわゆる”長結晶”導体でも、特定の長さのケーブル内の個別の結晶の数と、それらの間のバリアを最小限に抑えるだけです。iCSの優れた技術はそれらのバリアをすべて取り除くことができます。

 

 

iCSによって信号導体の数を減らし、音質のディストーションと静電容量を減少させることが可能となり、インターコネクトケーブルにアシンメトリックグラウンドの低ノイズの利点を取り入れることができました。これにより、スピーカーケーブルとパワーケーブルには全く新しいクロスバランス構造を採用することが可能となりました。これはArt Series全体のトポロジーに革新をもたらし、聴感上だけでなく、測定上にも違いが現れています。より豊かにディティール聴くことができ、定位が定まります。ピッチとパターンを保持し、音楽パフォーマンスを前例のないレベルまで引き上げています。

 

 

実際に試聴をしてみますと独特の濃厚でリッチなサウンドの中にはっきりとした定位感と優れた情報量が展開し、一瞬にして独自の世界観を展開します。細部の緻密さ、高域の美しさは、本ケーブルならでは、と言っても過言ではありません。決して安いとは、いいがたいケーブルですが、これを外してしまうと何かを失ってしまったような印象を与えるぐらい、インパクトの強いケーブルです。このグレードの上にさらにda Vinciシリーズがいますので、それはどんな音がするのだろうと非常に期待しています。Crystal Connect社の奥深さ、そして技術力の高さをさらに痛感した思いです。

 


www.u-audio.com/shopdetail/000000007154

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

U-BOYです。

話題の新製品LANケーブル、VALHALLA2 ETHERNET CABLEを試聴させていだきました。

 

 

NORDOST のLANケーブルシリーズに待ちに待った上位機種VALHALLA2 が発表されましたので、

早速お借りして試聴させていただきました。

 

VALHALLA2 ETHERNET CABLE は高速データと広帯域への需要の増加に対応するため、高密度ポリマー絶縁体に包まれた8本の23AWGソリッドコア導体を採用しています。これらのアニール処理された導体は4つのツイストペアに配置された後、3重にシールドされています。この設計により、表皮効果を最小限に抑え、クロストークやEMI(電磁干渉)を排除し、今日の一般的なデータ需要に必要な帯域幅をはるかに超える高性能なネットワークケーブルを実現しています。

他社製品とさらに差別化するために、ノードスト社は独自のメカニカルチューニングプロセスを導入。各導体を計算された均等な長さで緻密にカットすることで、内部のマイクロフォニーや高周波共振を低減しています。ケーブルの形状や素材、用途に応じて決められた長さに各導体を正確にカットすることですべての信号の均一な到達を保証し、タイミングエラーを劇的に減少させます。

 

実際に試聴してみると一音目が出た瞬間に、世界観を変えるようなサウンドステージが展開します。音質は明るめで、なおかつ非常に空間が広く、その中で一音一音が丁寧で非常にきめ細かく隅の隅まで見通せるような印象です。今回の試聴では、YG AcousticsのVANTAGEで試聴をしましたが、一回り大きなスピーカーで聴いているようにも感じられましたし、VANTAGEで普通に聴いているとシビアな広域部分も非常になめらかにほぐれて、けれども情報量は少しも失われず、非常に素晴らしい再生を実現してくれています。なかなかここまでのケーブルに遭遇することは珍しくLAN接続機器をお持ちの方は、是非一本は所有して頂きたい逸品です。

 


www.u-audio.com/shopdetail/000000007149/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

U-BOYです。

話題のLANケーブル2機種、SILTECH Royal Signature Network CrownとJORMA ETHERNET REFERENCEを試聴させていだきました。

SILTECH のCROWNシリーズのLANケーブルRoyal Signature Network は音にこだわりをもち、あえて1​​00BASE-TX仕様になっているそうです。4つのコア部の全てにS8単結晶導体を使用することで、非常に優れたサウンドを実現しています。取り回しも非常にしやすく使いやすいケーブルの印象です。音は、非常にゴージャスでリッチです。きめの細かさや響きの美しさは、とくに絶品でピアノの広がりのある響きやヴァイオリン等の弦の美しさは、特筆すべきものです。情報量も申し分なく広がりもあり非常にすぐれたケーブルの印象です。

JORMA ETHERNET REFERENCEは2,000MHz仕様のケーブルでありながら実にしなやかで取り回しも良くSILTECHと比較しても使い勝手は甲乙つけがたいです。こちらも線材は純度99.999999%無酸素銅を使用し被覆は、アルミ + ポリエステルを採用しています。音は、これぞJORMA DESHIGNと言った印象で静かな中に非常にしなやかなサウンドを展開し”真のナチュラル”とはこういったサウンドであると言わしめる印象でした。飽きが来ず非常にリラックスして聴けるサウンドながら、よく聞きこむと情報量も多くオーディオ的にも満足なケーブルです。

今回の試聴は、1​​00BASE-TXと2,000MHz対応ケーブルですので厳密にいえば、用途自体が違いますので、比較すべきではないのかもしれませんが、音だけで比較した場合では、どちらのケーブルも非常に甲乙つけがたい優れた製品であり、できるのであれば両方所有して使い分けたい印象でした。


https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007143/013/X/page1/recommend/

 

 

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007144/013/X/page1/recommend/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

U-BOYです。

CREEKの新製品 Voyage i20とVoyage CD を試聴させていただきました。

CREEK伝統の仕上げながら、ボリュームノブも高級感がありLEDの表示部も少し大きくなり伝統を感じながらも現代的になった印象を感じました。操作性は非常にシンプルで機能性も高く、リモコンでというよりは実際に手元に置いて操作したい印象です。

 

実際の音はというと非常にバランスが良く上品な印象です。空間性もこういったタイプのアンプにしては適度に広く低域の力強さもありながら、きめの細かい表現もこなせる稀有なアンプとCDの組み合わせです。

プリメインアンプ側には、オプションでフォノイコライザーも搭載可能です。コンパクトで良質なスピーカーとの組み合わせは、今までにない世界観を見せてくれる素晴らしいシステムの一つであると感じました。


https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007130/010/P/page1/recommend/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

U-BOYです。

Parker Duo Diamond Editionを展示導入させていただきましたタイミングで、代理店様のご厚意によりParker Quintet Diamond Editionも試聴させていただきました。

 

お借りしたのは、ピアノウォールナットの仕上げでしたが、非常に美しく、この価格帯では考えられない高級感です。ダイヤモンドエディションは、名前の通り独アクトン社のダイヤモンド・ツゥイーターを搭載しています。セラミック・ツゥイーターバージョンも発売予定ですが、両社の違いはツゥイーターおよびネットワーク、内部配線(ヨルマデザインのグレード)になります。

 

 

Parker Quintet Diamond Editionは、新開発の19cmセラミックコーンを4基搭載。背面にはAccton製22cmのアルミニウムパッシブラジエーターを4基搭載することで、非常にダイナミックでありながら奥行きの深い音楽空間を実現しています。

実際の音はというと非常に奥行きが深く濃厚な部分とスピードの速い現代的な部分が、両立する完成度の高い稀有なスピーカであることに驚かされます。普通、パッシブラジエーターを4基も搭載してしまうと低域の量感は増えますが、低域の速度が遅れて、全くチグハグになってしまいがちですが、一聴するとパッシブラジエータだと全く気付かないぐらいスピードも速く、ユニット間のつながりも非常に自然で驚かされました。JAZZの古い録音においては、その濃厚で豊潤な部分が際立ち、現代のクラシックオーケストラの録音では、スピード感があり切れ味が鋭いながらも五月蠅さは全くなく、その美味しいところのみ抽出してくれるすばらしいスピーカーです。お値段は、決して安くはありませんが、その美しい仕上げも相まって完成度、満足度の高いスピーカであると感じました。

 


https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007106/new_sp/page1/recommend/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

U-BOYです。

CH Precision M10を試聴しました。
10シリーズ第2弾として登場したパワーアンプM10、非常に驚かされた逸品です。

外観は、M1を2台セットのようにも感じられますが、全て基板から新規設計を行い、別電源を前提とした完全な新製品です。
内部写真も公開されましたが、物量投入具合もL10同様に”驚くべきもの”となっており真にREFERENCE機器としてのふさわしいつくりになっています。アンプ回路に関しましても新設計になっておりバージョアップではなくて、他に類をみない超絶技巧の作品となっています。

では、音はといえば、非常に自然で、よくあるはったりの効いた”いかにもな”ドライブ力ではなくて、大型スピーカーを非常に軽々と自然に鳴らしつつも、ソースの持っている情報、例えばマスタリングの違いや、スタジオ録音なのか?ライブ録音なのか?ワンテイクなのか?等々、ことごとく描き分け、果ては、一瞬にして空間ごとソースの中の世界観にユーザーを引き込んでしまう、”ある種の恐ろしさ”や”魅惑的な”といった表現に類するものが感じられます。本当に聴きたい音楽を突き詰めるには、このアンプとL10失くして達成できるはずがないと思わされた印象でした。

 

L10同様、価格は非常に高く、決して皆さんにお奨めですと大手を振っては、言えませんが、ご自身のお持ちのソースの神髄を体験されたいと思われるならば、このL10とM10の組み合わせは、ぜひ手に入れられるべき機器の一つではあると思います。今回試聴させていただいたのは、ステレオなのですが、この上にさらにモノラ構成がありますので、モノラルを聴いてしまったらどうなってしまうのか・・・?  まさに歴史に名を残す名機と言って過言ではない製品です。

 

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007110/new_amp/page1/recommend/

ご興味を持たれた方は、是非当店にお問い合わせください。

U-BOYです。

以前に、マーテンのParker Duo Diamond Editionを短期デモしました。
その時の紹介記事はこちら

素晴らしいパフォーマンスに感動し、正式に展示導入しました。

仕上げは悩みましたが、ピアノウォールナットを選択しました。

デモ機で借りたピアノブラックとはまた違った高級感があります。
ツルツルでスピーカーを持ち上げる時に落としそうになります。

ダイヤモンドエディションは、名前の通り独アクトン社のダイヤモンド・ツゥイーターを搭載しています。

セラミック・ツゥイーターバージョンも発売予定ですが、両社の違いはツゥイーターおよびネットワーク、内部配線(ヨルマデザインのグレード)になります。

セラミックバージョンはまだ日本に入荷していないので未聴です。

この極上の浸透力のある音が、セラミックツゥイーターバージョンでどこまで表現できるのかも気になるところです。


前回はプロトタイプのスタンドで、スピーカーは上に載せるだけの状態でしたが、正式版はきちんと固定できる仕様です。

スタンドの脚元はフローティング系のISO Acoustics社の物が採用されています。この辺もノウハウが隠されていそうです。

アクトンのユニットを搭載したブランドは、Avalon、Lumen White、Kharmaなどが有名です。

ユニット自体の特徴は、刺激音が少なくしなやかで、量感よりもスピード感が出やすい傾向にありますが、採用したスピーカーの音は意外とそれぞれ特徴があります。

マーテンは、純度を極限まで上げたような雑味の無さ、あたりの柔らかさと、適度な暖かみ、潤いのあるサウンドだと思います。

極端に解像度に振り切った神経質な音では無いので、多くのオーディオファイルに興味を持ってもらえる音だと思います。

過去の小型ハイエンドスピーカーと比較しても自信をもってお勧めできます。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006900/