U-BOYです。

話題の新製品FINKTEAM の新製品スピーカーKIMを試聴させて頂きました。

デザインは一見すると非常にシンプルで、今では珍しくなった古典的なブックシェルフタイプに見えますが、内部構増は、最新研究の塊のような構造をしています。

新開発のオリジナル・ダンピング材で接着された多層構造のMDFパネルがフロントバッフルを形成し、精密なCNC加工が施されます。サイドとリアパネルにも同様の手法が用いられていますが、さらにサンドイッチ構造が加わっており、パネル共振の不用意な広がりを避けるために、ブレーシングが一次元内で行われます。

振動に関するスペシャリストであるシュトランクが設計した独自のアブソーバーが定在波を除去。この独自のヘルムホルツ共鳴器は定在波と逆位相になっており、この画期的な構造により一般的なスピーカーのように大量の吸収材を用いる事なく定在波を打ち消します。つまり、よりHiFiなサウンドを実現しながら、低域は速く、グルーヴ感をも併せ持った音質を実現しています。

ユニットにもこだわりがあり、ツィーターには、オスカー・ハイル氏が確立した原理に基づいて動作するエアーモーション・トランスフォーマー(AMT)を採用しました。FINK teamとムンドルフ社で共同開発したKIM専用のオリジナルAMTは、厚さ25μm(0.025mm)のプリーツ加工されたカプトン振動板に、50μm(0.05mm)のアルミニウム・ストリップを組み合わせたものです。カプトンは優れた内部ダンピングを持っており、驚異的な低歪みを実現します。高精度な製造のために、独自のエッチングプロセスを開発し長期間によるテストを積み重ねて振動板の構成を最適化する事に成功しました。こハイスピードかつ低歪みで高解像度というAMTのメリットを持ちながら、とげとげしさのない素直なサウンドを獲得する事が可能となりました。

ウーファーには、あらたに開発した8インチのオリジナルドライバーを採用し、超大型マグネットの採用とクロスオーバーに空芯コイルを使用する事で32Hzまで低歪かつクリーンで正確な低域を実現しました。新開発のラバー・ハーフロール・サラウンドは、特殊な素材で非常に柔らかいにも関わらず動作時に引き起こされるカラーレーションを排除するためにコーン紙を素早く終端させます。

アンプとの接続部にも一工夫あり、設置される部屋や接続されるアンプに合わせる事ができる2つのコントロール端子を装備しています。HFコントロールは高域のレベルを3段階で微妙に変化させる事が可能です。また、組み合わせるアンプに合わせて変更可能なダンピングコントロールも装備しており、真空管アンプ、アンティークアンプのようなダンピングファクターの低いソリッドステートアンプ、そしてダンピングファクターの高いソリッドステートアンプに適した3ポジションが用意されています。

実際、試聴してみると現代ハイエンドを象徴する、いわゆる””トレンドの音””ではないもの音楽を音楽として楽しくとらえる要素は十二分に持ち合わせており、かと言って、出てくる音の表現が”空間が狭い”や”独特のクセがつよい”わけではなく、非常に扱いやすくなおかつ、非常に爽やかで、抜ける感じもあり、さまざまな音楽をジャンルに関係なく鮮やかに楽しく聞かせてくれます。今のハイエンドスピーカーに不満があるわけでは、ないのですが、どこか似たような個性を感じてしまっていた昨今、まさに私たちにとって”待っていた音”を表現してくれる稀有なスピーカーであると感じました。

当店では、近く本機の展示を予定しております。ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせ下さい。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007283/

U-BOYです。

CHORD の新製品プリアンプULTIMA PRE 2をパワーアンプULTIMA 5と共に試聴させて頂きました。

全体の印象として前機種CPA5000と比べるとボリューノブとバランスノブが、フラットでなくなったのとフロントパネルの前に化粧板が一枚加わることで、かなり印象が変わったのと 操作性も非常によくました。 ボリューム事態もアナログからエンコーダータイプになったことにより音質の印象は変えずに、ぐっとギャングエラーが減った印象があります。

背面も多岐にわたる接続が可能なのと、今時珍しいテープアウト等がついているのは、非常に面白い個性であるのがうかがえます。

実際の音はどうかというと、今回はパワーアンプUltima 5との接続で試聴させていただきましたが、非常に穏やかで、その中に確かな音楽性があり、はやりの現代ハイエンドとは違った独特の存在感を醸し出してくれます。特別にS/Nが高いわけではないのですが、必要十分であり、空間表現も非常に自然できれいに出ます。その中でも特にボーカルを聞かれる方は、一聴の価値ありでこの実在感というかフィーリングは 良くも悪くもCHORD にしか出せないものがあり、ぜひ一度聞いていただきたいです。

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせ下さい。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007377/

U-BOYです。

 B&W 800シリーズ待望の新シリーズD4の予約受付中です。

2021/9/28現在展示機は802D4、805D4のそれぞれグロスブラックです。

今回の新800 Series Diamondは、キャビネットが大幅にアップグレードされました。中でも新開発のアルミニウム製トッププレートはキャビネットの剛性を大きく向上させ、よりリアルなサウンドを実現しました。

またトッププレートには、ロールス・ロイス、ベントレー、アストン・マーチン、フェラーリ、マセラティ、ジャガーなど名だたる高級自動車のインテリアやシートなどに使われているコノリー社製の上質なレザー素材を贅沢に使っており、質感も大幅に向上しているそうです。

D4ソリッドボディ・トゥイーター・オントップ・ハウジングの最新バージョンを採用により従来よりも長さを増したチューブローディング・システムは、より開放的なサウンドを実現しています。

この無垢のアルミニウム材から切削加工によって作られた極めて剛性の高いハウジングを、新開発の2点デカップリングシステムによってタービンヘッドから分離させることにより、不要な共振と他のドライブユニットからの干渉をかつてないレベルで抑えることに成功しました。

D4シリーズで採用される新色ウォールナットは、今までのイメージにないカラーでしたので、 アルミニウム製トッププレートとコノリー社製のレザーと合わせたときに実物は、どんな存在感を示してくれるのか今から非常に気になるところです。

音に関してもエンクロージャーの変更が、どこまで影響するのか?新開発のコンティニュアム・コーン™ & FST™ ミッドレンジがどのような音を作り出すのか、非常に注目していています。

ご興味を持たれたかたは、ぜひ当店にお問い合わせください。                        初回ロットは入荷数がかなり少ないため、ご予約はお急ぎください。                       

www.u-audio.com/shopdetail/000000007357/
//www.u-audio.com/shopdetail/000000007358/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007359/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007360/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007361/

u-boyです。

最近問い合わせも増えている、DS Audioの最高峰であるGrand Masterを期間限定でデモ致します。

プレーヤーはリトアニアのReed Muse3C(フリクションドライブ)に、トーンアームも同社の5Tを装着。アクティブオーディオボード響も設置という贅沢な布陣です。
第3世代となる最新のモデルは、従来のモデルよりも出力が大幅に上がったことで、アナログ再生としては驚異的なSNを実現しています。

MMやMCカートリッジのようなマグネット、コイルが無いことは磁気歪みが起こらないことに加えて、本体の質量を小さくできるメリットがあります。

今回のモデルでは内部パーツ小型軽量化が推し進められさらなる軽量化を実現しています。ボディ素材は超々ジュラルミンを採用しながら本体質量は7.7gです。

そして、イコライザー部と電源部が独立筐体のGrand Masterイコライザーです。この圧倒的な物量に恥じないスケールが大きい雄大な音がします。

一般的なMM/MCカートリッジよりも低域の再現性に優れる光カートリッジですが、従来の帯域の広さに加えて、音の厚み、懐の深い雄大なサウンドです。

プレーヤーのReed Muse3Cとトーンアーム5Tも揺るぎない安定したサウンドに大きく貢献しているのは間違いありません。

この組み合わせで聴く機会はなかなか無いと思います。

アナログの1つの到達点もいえるこのサウンド是非体験ください。

www.u-audio.com/shopdetail/000000007342/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007351/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007168/

U-BOYです。

独自のデジタルリンク、ZERO LINKで話題のSoulnote新製品、Z-3+D-3+X-3を試聴させていただきました。

一般的なトランスポートとD/Aコンバーターを接続するSPDIFに代わり、今までもデータとクロック信号を独立して伝送するI2Sという方式は存在していました。

従来のI2S伝送は、トランスポート側のクロックをマスターとして伝送し、DAC側ではそのままクロック信号を同期したりリクロックしていました。

ZERO LINKは通信をするのが特徴で、あらかじめトランスポート側がDAC側に送る音源の周波数を伝え、DAC側がそれに合わせたクロック信号をトランスポート側に送ります。トランスポートはDAC側のマスターで同期させることができるのが大きな特徴です。これによりジッターの少ないピュアな音楽信号をDAC側に送ることが可能です。

今回のD-3にはX-3などの10Mクロックが無いと機能しない設計になっています。

Z-3にクロック入力が無いのは、ZERO LINKでDAC側のクロックで同期させるためです。

D-3にもUSB入力がありますので、PCからD-3にUSB接続した場合と、Z-3にUSBで接続し、ZERO LINK経由でD-3へ接続した場合で比較もしましたが、透明感や音の深みに大きな違いを感じました。

Z-3は、USBまたはSFPポートによるネットワーク経由で受けたデジタル信号を、ゼロリンクまたはUSBで出力するネットワークトランスポートです。

DLNA/UPnPに加えDiretta入力にも対応し、また、ゼロリンクブリッジとしても利用可能で、PCやオーディオサーバーからUSB typeBで「Z-3」に入力し、「D-3」などにゼロリンク出力するといった再生方法も可能です。

現時点ではRoon Readyには対応していませんが、将来的には対応する予定のようです。

D-3は、左右チャンネル用に、出力端子、Type-R回路、電源回路、電源トランス、リレー駆動回路、リレー電源まで、全く同じものを2つ使用する、いわゆるツインモノラルコンストラクションを採用しています。またデジタル系電源もトランスを含め完全分離しており、さらにアナログ信号系との接点となるリレーのコントロール信号は、アナログフォトカプラーで完全に分離されています。

シャーシは、基板マウントアルミベースごと無固定として、解放的でよりエモーショナルな音質を実現しています。アナログ回路基板は左右独立の基板シャーシにマウントされ、リアパネルからも独立しています。

10MHzクロックジェネレーターX-3は、音質で選びぬいたSCカット超低位相雑音OCXOを搭載し出力抵抗には、温度特性に優れ人工衛星グレードの超精密抵抗を更にカスタマイズしたネイキッドフォイル抵抗を採用しています。内部には大容量200VAのトロイダルトランスと超高速SiCダイオードを採用し低倍率小容量電界コンデンサを多数並列接続して整流コンデンサ群を構成し、レギュレータにはSOULNOTE独自の無帰還ディスクリート電源を投入しています。

ZERO LINKは同期させる10Mクロックの性能に大きく左右されると思いますが、このX-3が音質に寄与する部分はかなり大きいと感じます。

従来のS-3やD-2ユーザーにも強く勧められるマスタークロックです。

セットで、試聴をしてみると、広がりもありながら定位感もしっかりとあるのですが、硬さがなく非常に自然で、すっと音楽の世界に連れて行ってくれる音だなと感じました。

全体の音色は、明るく楽しくも聞けるのですが、よく聞くと情報量もありながら、深みもあり、ただそれを最もらしく表現するのではなく、ごく自然に聞かせてくれたのには、驚きでした。

設計者の加藤さんが仰っていた”音楽をなるべく殺さない”というのはまさにこのことなんだ、というのが実感できました。まさにSOULNOTE製品の一つの集大成といっても過言ではない素晴らしいできであるといった印象でした。

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

www.u-audio.com/shopdetail/000000007292/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007291/

U-BOYです。

スペインのオーディオケーブルブランド「Fono Acustica」のXLRケーブルを試聴しました。

Fono AcusticaはFelix Avalos(フェリックス・アバロス)氏が設立したブランドで、
導体に銀を活用した自社開発の合金単線を使用しています。

シリーズは3種類あり「Allegro」には銀と銅の合金、「Armonico」と「Virtuoso」には銀と金の
合金を使用し、これらの合金はFono Acusticaが指定した独自の配合と太さをカナダの合金製造会社がブランド専用に製造しています。
導体の太さは、リスニングテストによって各ケーブルに最も適した太さを選定。コネクタ部には銀メッキ銅や24金メッキ銅、ロジウムメッキ銅端子を使用。「Armonico」と「Virtuoso」については、端子接合にまで100%銀はんだを使用とのことで純銀溶接のような接合方法がとられています。「Virtuoso」では、コネクタボディ部にスペインの彫刻職人による装飾が施される。またスピーカケーブルのスペード/バナナ端子部にも導体と同じ銀と金の合金が使用されています。

 

VirtuosoのXLRを試聴しましたが、音の感触はとても自然で、一聴してすぐ低域方向への深い沈みこみが感じられました。音色はFono Acustica独自の世界感を有しておりますが、クセが強いわけではなくとても有機的なサウンドです。
合金胴体のケーブルはやや派手さがでたり、少し押し付けがましく聴こえたりしますが、Fono Acusticaは刺激的でうるさい要素はなく、とにかく自然で肌触りが良く質感豊かです。そうした傾向のケーブルは概して解像度が甘くなったりもしますが、Virtuosoは情報量と聴き応えを兼ね備え、上質なレコード再生のような印象もありました。

また単線とは思えないほどケーブルにしなやかさがあり、軽量であるため取り回しもよいです。

試聴した個体はその日限りでしたため現在店頭にはありませんが、機会があれば再度デモを

したいと思います。

以下各シリーズの価格は税込みとなります。

「Virtuoso」シリーズ(金+銀合金単線)
・RCAケーブル ¥2,497,000円(1.0mペア)
・XLRケーブル ¥2,772,000円(1.0mペア)
・フォノケーブル ¥2,585,000円(1.0m/RCA-RCA)
・スピーカーケーブル ¥7,832,000(2.0mペア)

「Armonico」シリーズ(金+銀合金単線)
・RCAケーブル ¥968,000(1.0mペア)
・XLRケーブル ¥1,111,000(1.0mペア)
・フォノケーブル¥1,452,000(1.0mDIN/RCA)
・スピーカーケーブル¥3,212,000(2.0mペア)

「Allegro」シリーズ(銀+銅合金単線)
・RCAケーブル ¥539,000円(1.0mペア)
・XLRケーブル ¥616,000円(1.0mペア)
・スピーカーケーブル ¥836,000円(2.0mペア)

 

詳しくはお問い合わせ下さい。info@u-audio.com

 

U-BOYです。

SHUNYATA RESARCH 最高峰のOMEGA USBを試聴させていだきました。

 

SHUNYATA RESARCH の最高峰 OMEGA USBをお借りする機会があり早速試聴させて頂きました。SHUNYATA RESARCH社は米国軍軍事産業に従事しデータ取集システの研究と設計に携わってきたCaelin Gabrielによって1997年に設立されました。独自の特許技術と製造手法によりランダムノイズやコモンモードノイズを完全に対策し解像度が高くオーディオシステムの潜在能力を呼び覚ませるようなケーブル設計を心掛けているようです。

 

ケーブル自体は、SIGMA同様に非常にしなやかで取り回しもしやすく、扱いやすいケーブルです。フィルターも独特なものが使用されています。実際に試聴をしてみますと力強さの中にしなやかさがあり、SIGMAよりさらに見通しの良さのがまし、かと言ってSHUNYATA RESARCH独特の生っぽさという”味”も残されており実に”面白く、SIGMAよりもさらに音楽ジャンルを選ばない印象です。

曲によって姿を変え単調な表現にならないところは、SHUNYATA RESARCHの技術力の高さを感じました。

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

www.u-audio.com/shopdetail/000000007316/

U-BOYです。

話題のネットワークプレーヤーESOTERIC N-05XDを常設展示致しました。

ESOTERIC N-05XDはブランド初のネットワークDAC /プリです。

オーディオシステムをシンプルに構成するために、価格を抑えた05シリーズであえて投入されたところに、ESOTERIC社の戦略的であり挑戦的なものを感じました。

質感は、上位Grandiosoシリーズからの流れを組む上品な風合いを持ちながら、筐体の高さがないために幾分すっきりした印象を受けます。ボリュームの風合いもこのクラスにしては、とても良い印象で、”高級機を買った”という満足感が感じられます。

 

DAC部分に『Master Sound Discrete DAC』のオリジナル回路をベースに、専用回路を採用し、妥協を許さないものに仕上がっています。

1チャンネル当たり16のエレメント、各エレメントは、クロックドライバー、ロジック回路、コンデンサー、抵抗などの部品から構成され、主要部品は、16エレメント分を全て独立させるなど、D1Xのフィロソフィーをそのまま発展させた贅沢な物量投入により、音楽のエネルギーを余さずピュアに出力します。

プリ部は 定評のフルバランス・デュアルモノ構成により、ダイナミックかつ繊細なサウンドは、再生クオリティーの枠を超越し、演奏者とエンジニアの感性さえも描き尽くします。

 

実際の音は、というと非常にバランスが良く苦手なものがなくこの価格帯では、なかなか出会えない優れた印象です。『Master Sound Discrete DAC』の非常に滑らかで空間の広い部分も引き継ぎながら適度に実在感もあり好感が持てます。

DACモード、プリアンプモードで聞き比べても甲乙つけがたく、個人的にはプリアンプ機能だけとってもこの価格帯では、考えられない出来になっている印象でした。現在のアプリでの操作も非常に優秀ですが、近くROON対応も予定されていますので、それが搭載されれば死角のない素晴らしい銘機となる予感がしています。

ご興味のある方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007187/

U-BOYです。

VIVID AUDIO のKAYAシリーズの新製品であり、KAYAシリーズ初のブックシェルフタイプであるS12を専用スタンドとともにお借りすることができましたので、試聴をさせていただきました。

VIVID AUDIO のKAYAシリーズ新製品、初のブックシェルフタイプS12を専用スタンドともにお借りしました。デザイン・質感は如何にもVIVID AUDIOといった印象です。専用スタンドも含めて、デザイン的には統一されており違和感は、ありません。有機的なデザインと独特のつるつるした素材もローレンスデッキーのこだわりを感じ、彼の世界観を象徴するデザインと言ってよいと思います。

 

KAYA S12 は、たった12リットルの内部容積にもかかわらず、はるかに大きな GIYA G1 のために最初に開発されたアブソーバー・チューブを使用しています。ただ、小型スピーカーでこれを実現することは思ったほどに簡単では無く、設計者ローレンス・ディッキーはシミュレーションを重ねて2ウエイのスモールスピーカー用に最適化された、オムニアブソーバー・チューブを完成させました。

このアブソーバ・チューブはエンクロージャーの内部あらゆる方向からの共鳴・共振を大変効率的に消散させることを可能にしクリーンで正確なベースサウンドと無着色で透明なミッドサウンドを実現させています。

 

実際の音は、このデザイン・サイズ・価格からは、想像もできないくらいスケール感が大きく、奥行き方向への広がりも非常に広く、そしてその広がり方は、非常に自然です。音色は、躍動感があるというよりは、冷静で、どちらかといえばモニター調の表現です。

苦手なソースは特にないもののスィートスポットに入って聞いた際の音は、独自の世界観を表現しており非常に魅力的なスピーカーであると思います。特に鳴らしずらいとか、セッティングがシビアといった印象もないのですが、できれば、ドライブ力のあるアンプでならしてあげると、さらにマッチしてくれそうな印象です。

 

ご興味のある方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

www.u-audio.com/shopdetail/000000007324/

DS003 with EMM Labs DS-EQ1

U-Boyです。

DSオーディオの光カートリッジDS003、EMM Labs社の光カートリッジ専用イコライザー、DS-EQ1をお借りました。

プレーヤーはAir Force V Premium、トーンアームはReed2Gという組合わせです。

光カートリッジは、振動系が動く際の磁気抵抗が一切発生しないこと、振動系に負担が少なく針先がスムースに動くことができる、マグネットやコイルが不要なことで実行質量を極めて軽くできるという点が大きな特徴です。

DS003光カートリッジは、第二世代の振動系(DS Master1、DS-W2、DS002、DS-E1)からさらに進化を遂げました。

その特徴は以下の通り。

音楽信号を検出するための内部のLED及びPD(フォトディテクター)を左右のチャンネル各々独立に設置。光学系の位置が最適化されカートリッジの出力が40mV→70mVと大きく増加。その結果S/Nが向上。また左右独立設計の光学系になったことで、逆チャンネルの影響を完全に排除できるようになり、左右のチャンネルセパレーションも向上。

左右独立LEDになったことで光学系の位置が最適化され、遮光板の小型化を実現。

遮光板の素材も第二世代のアルミニウムから、純度99.9%の無垢ベリリウムに変更されたことで、質量が1.56mg→0.74mgの軽量化に成功した。これは一般的なMCカートリッジの鉄心とコイルの質量の10分の1以下で、実効質量が低いという光カートリッジのメリットを高める設計となっている。

EMM Labsのイコライザーは初めて聴きました。

当初はMC用フォノイコライザーに光カートリッジ用入力を付ける計画が、光カートリッジの音に惚れ込んだ創業者のEd Meitner(エド マイトナー)氏がMC入力を外し光カートリッジ専用イコライザーの開発に切り替えてしまったという話は有名ですね。

EMM Labsのイコライザーは、当店で常設しているSoulnote E-2の、鮮度および躍動感のある音と比べると対照的で、上品でしなやかな音という印象です。

また、一般的なMCカートリッジと比べるとレンジがかなり広く、低域が相当下まで伸びています。

DS003とDS-EQ1の組合わせは誇張感の無いとても自然な音です。
音数や空間の広さ、SNなどのオーディオ的な部分はかなり高いレベルでクリアしています。

中低域に盛り上がりがある音ではなく自然に下まで伸びるため、人によってはすっきりという表現にもなるかもしれません。


また、名前からデジタルっぽい音をイメージする方もいるかもしれませんが、トゲトゲしさがないしなやかで上質な音であり、レコードから新しい発見があると思います。

デジタルとも従来のレコードの音とも違う第三の音とでも言えると思います。
先入観を持たずに一度聴いて欲しい音です。

u-audio.com/shopdetail/000000007303/