U-BOYです。

当店でデジタル機器のリファレンスとしてお勧めしているMerging Technologiesからマスタークロックが登場しました。

代理店からお借りしましたので製品の紹介をしたいと思います。

2つのグレードがございます。

正式発売されていませんが、さらにこの上にもう1機種あるそうです。
CLOCK-L 定価210万円
CLOCK-U 定価420万円

両社の違いは10Mを生成するクロックの違いです。

CLOCK-Lでも十二分に高い精度であり、CLOCK-Uは究極を求めるような、録音現場などに向けた製品です。

NADACには標準で外部クロック入力がございます。
10Mには非対応で、44.1/48系の整数倍の出力に対応しています。

一般的なD/Aコンバーターの場合、再生する音源の周波数と、入力するクロックの周波数を合わせる必要があります。

周波数が異なると、同期が取れなくなり音が出なくなる機械が多いですが、NADACの場合はDSDを含めた44.1系と48系で、正しいクロックが入力された場合は外部クロックと同期し、異なる周波数が入力された場合は内部クロックに自動で切り替わる仕様です。

CLOCK-LおよびCLOCK-Uは、10Mhzと44.1/48系に分周するクロックを1つの筐体に納めた製品です。10Mはルビジウムではなく水晶を採用しています。


ユニークな点はイーサネット経由で再生するRavenna用の端子に加えて、NADAC専用の出力端子を備えています。

NADACは再生する音源の周波数に合わせてクロック周波数も切り替える必要がありますが、このNADAC専用端子は625kHzという高い周波数で固定しています。
詳細は不明ですが、内部回路が安定する周波数ということで設定したようです。

625kHzを受けるには、NADAC側のファームウェアを最新にする必要があります。
詳しくはお問い合わせ下さい。

まず、標準のCLOCK-LをNADACに繋いで試聴しました。

部屋の空気感が変わるような、見通しの良さに加えて、音に力と艶が加わるような印象を受けました。ピアノの打鍵や声の質感が変わるのが分かります。

上位モデルのCLOCK-Uに繋いだ場合はさらに静けさを感じますが、ノーマルからCLOCK-Lを加えた時の変化量と比べると差は小さいです。

この違いはシステムや部屋のSNなどそれ以外にも高いレベルが要求されると思います。

せっかくなので、他のクロック入力ががある機種にも繋いでみました。


設定もフロントのボタンから簡単に操作できます。
44.1および48系を選択、何倍で出力するか選ぶだけです。

10MやNADAC専用出力は固定で出ますので設定不要です。

10M出力をEsotericのGrandioso K1Xに、通常の出力はWeiss MAN301でも実験してみたところ、いずれも空気の透明感があがると同時音に生気が出て艶っぽくなるような印象を受けました。

色々な出力ができますので、クロック入力がある機器であれば何でも繋げられると思います。

マスタークロックの中でもかなり高価な部類に入りますが、機能、クオリティー共に価格に見合った高いレベルの製品です。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006438/

U-BOYです。

CAD社の高周波ノイズ除去装置、GC1をお借りして試聴させていただきました。

Ground Controlシリーズは、いわゆる”仮想アース製品”の一種であり本製品は、2つのラインナップがあり、それぞれ容量と端子の数で、お値段が違います。

ご購入後でも、それぞれデージーチェーンにすることで、容量を増やすことが可能です。パッシブなので、面倒なところもなく使用の仕方も至ってシンプルです。

・GC1          440,000円(税込)
・GC3          902,000円(税込)

 

 

 

今回は、Grandioso K1X にデジタル入力に接続して、試聴を行いました。試聴では、なし、GC1あり、GC1x2での試聴を行ったのですが、想像以上に違いが出たのは、驚きでした。無しのときでは、空間性も広く気になるようなノイズ感は感じられませんでしたが、GC1を接続すると、にじみのようなものがあったんだと後で気づかされました。GC1をさらに一台追加するとさらにすっきりして、ダイナミックレンジと空間が広がったように感じられました。同じ機材組み合わせなのにこれだけ変化が感じられるのには、非常に驚かされました。基本的に何の製品でも使用できますし、効果も高いのでお勧めの製品です。ご試聴ご希望される場合は、是非当店にお問い合わせください。(ケーブルの端子は、XLR, RCA, USB の中から選択が可能です。)


www.u-audio.com/shopdetail/000000006436/

U-BOYです。

Kuzumaのアナログプレーヤー、STABI S コンプリート・システムⅢアドバンスをお借りしました。

1/20までの短期間ですが店頭デモしております。
カートリッジは同社のCAR-40、フォノケーブルにヨルマフォノを使用しています。

Kuzumaというと、筐体が無いスケルトンボディが目を引きます。

強固なブラスの円柱を組み合わせたT型のベースは、余計な共振を避けるためのもので、弱音のニュアンスから開放的な音にも貢献していると思われます。

工作精度も高く回転も非常に安定しています。

試聴にはCAR-40、ヨルマフォノを経由して、イコライザーはSoulnoteのE-2を使用しました。

まず、最初の印象としては、多くの人が連想するアナログサウンド=中低域が充実して力強く、破綻が無く安心して聴けると思いました。

ただ細かい情報もしっかりと出ていて音数はかなり多いです。
同価格帯のプレーヤーの中でも完成度はかなり高い印象を受けました。

高解像度に振ったデジタルっぽいプレーヤーも増えてきましたが、Kuzumaは王道的なプレーヤーだと思います。

調整も理詰めで追い込めるプレーヤーですので、セッティングのし甲斐もあります。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006437/

U-BOYです。

Devialetの日本国内の取り扱いが再開されましたので、220 PROを常設しました。

 

前代理店時代にもお勧めのブランドとして、デビアレを扱っておりました。

当時とはモデルが一新されています。

3つのモデルがあり、それぞれ2台使用することでモノアンプとして使用できるのは以前のコンセプトと同じです。
【ステレオアンプ】
・「EXPERT 140 PRO(2×140W/6Ω)」858,000円(税込)
・「EXPERT 220 PRO(2×2200W/6Ω)」1,375,000円(税込)
・「EXPERT 250 PRO(2×250W/6Ω)」2,618,000円(税込)

【デュアルモノアンプ】
・「EXPERT 210 PRO DUAL(2×210W/6Ω)」1,705,000円(税込)
・「EXPERT 440 PRO DUAL(2×440W/6Ω)」2,596,000円(税込)
・「EXPERT 1000 PRO DUAL(2×1000W/6Ω)」4,730,000円(税込)

機能的な大きな違いは、イーサネット入力がRoonReadyに対応しています。
UPnP対応のネットワークプレーヤーとしても、Spotify Connectも対応します。

シンプルな洗練されたデザインの筐体の中に、他社には無い独創的な技術がたくさん盛り込まれています。

代表的な機能としては

アナログ/デジタルアンプのハイブリッド
ADH®Analog Digital Hybrid
アナログ(Class A)の洗練さと直線性、デジタル (Class D)のパワーとコンパクトさを初めて組み合わせた、ハイブリッド増幅テクノロジーです。

スピーカーの低域再現能力を改善する
SAM® Speaker Active Matching

カートリッジに合わせた最適な設定ができる
RAM™ – RECORD ACTIVE MATCHING
MM/MC、ステレオ/モノ、インピーダンスの設定、イコライザーカーブの設定など細かな調整が可能です。

本体のディスプレイで設定の確認、変更もできます。

webから各種設定が可能
Configurator

SAMのスピーカー選択、RAMでカートリッジの選択をふくめ、入出力端子の使用可否などの設定をwebサイトから行います。

設定したデータファイルをSDカードに保存し、devialet背面にあるSDカードスロットに入れて設定を反映させます。

専用リモコンボタンのボタンの割振りもこの画面から行うことができます。

フェイズ設定、サブソニックフィルターのON/OFF、Muteなど、よく使う機能を割り振ることでより快適な操作が可能です。

基本的に何でもできる製品ですので、再生機器とスピーカーだけ用意していただければシンプルで高品位な再生が可能です。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006385/

U-BOYです。

レコードアクセサリーのAFI、FLAT.2をお借りしたので店頭で実験してみました。

写真だと周りの映り込みもありますが、実物は高級感があり大変きれいな仕上がりです。

この製品には大きな特長が2つあります。

まず第一に反ったり歪んたレコードを平らにする機能です。

第二の機能は、リラクゼーション・プログラムです。

ゆっくりと均一に加熱(及びその後冷却)し、温度をコントロールしながらレコード盤をリラックスさせストレスを除去していきます。
レコードをプレス直後の音溝に一層近づけることが可能になるそうです。

まず、視覚的にも分かりやすいので、手もちのレコードで最大限反ったレコードを用意してみました。
70年代のドイツグラムフォンプレスです。一応オリジナルです。

iPhoneで録画しみてました。
修正前

これをスタンダードプログラムで平らにします。
経験上、レコードの反りは重量盤ほど修正に時間が掛かると思います。

通常の反りであれば1回でほぼ修正できますが、このレコードはスタンダードプログラムを2回実施しています。
修正後

同じレコードとは思えないくらい平らになりました。

熱を加えて反りを直す機器は他社でもありますが、AFIの良いところは音質的な副作用を感じない(むしろ音が良くなる)点です。

次にふだん聴きなれているレコード幾つかにリラックスモードの処置を行いました。


Shelly Manne & Jack Marshall ‎– Sounds Unheard Of!

1962年のプレスです。
もともと高音質で鮮度や定位感など現代の指標でも十二分に通用するものですが、音がほぐれて伸びやかになる印象を受けました。


Wanda Wilkomirska & Ann Schein ‎– Two Sonatas For Violin and Piano
1970年のプレス
このレコードも元々超優秀録音ですが、エネルギー感を損なうことなく、音がほぐれて伸びやかになりました。

高級レコードクリーナー、超音波やバキューム式洗浄機でレコードをクリーニングした時と同等以上という印象で、思ったよりも変化量は大きいと感じました。

ベールを1枚剥いだようなイメージで、音が伸びやかになり、見通しの良さも向上します。

特に副作用は感じませんでした。

70万円というプライスは安くはありませんが、オリジナル盤のレコードをたくさん持っている方であれば、レコード洗浄機同様に手放せなくなるアイテムだと思います。

反りの修正よりも音質改善効果の方がむしろ大きいと思います。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006409/

U-BOYです。

2019年TIASで初披露されたYG Acousticsの新製品、Vantageをお借りしましたのでレポートいたします。

今回は新品卸したての状態で、店頭で木箱を初めて開梱したような状態ですので、評価もエージング途中ということでご理解ください。


デモ機のカラーはシルバーです。

現在はどのモデルでも注文時にブラック/シルバーを選択可能です。

Vantageのコンセプトは、Hailey 1.2の最終仕様を一回りコンパクトにしたモデルです。

ツゥイーターは従来のソフトドームであり、ウーファーネットワークは最新の「ViseCoil™」 L/F フィルター・インダクターを採用しています。

ウーファーは新規の22cmサイズとなり、ミッドの18.5cmサイズに近い口径を採用しています。

そのため、出だしから中低域の繋がりは違和感がありません。

鳴らしたてから良い音で鳴っていますが、同社の他のモデルと比べると中低域が濃い反面、明瞭度は一歩後退します。

この辺はエージングでどのくらい改善されるか気になるところです。

バランス的には超低域までは欲張らずに密度感、濃さの方向に振っているような印象です。

過去のモデルもエージング前後でかなり変わりますので、日を改めて再レポートしたいと思います。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006401/

U-BOYです。

先日SOULNOTE の新製品、S-3を短期で試聴させていただきましたのでご紹介いたします。

アナログ回路に、新開発の無帰還回路「Type-R Circuit」を採用し、高周波用バイポーラトランジスタ4個と抵抗8本のみで構成される 完全バランス電圧増幅回路です。初段はゲインの無い差動合成で、唯一ゲインを発生する2段目は対アース増幅のシングルエンド。

さらに出力段バイアスをLEDからトランジスタ熱結合にすることで従来 22Ωだったエミッタ抵抗を1Ωまで下げることに成功しました。DACチップにはES9038PROを片チャンネル2個、合計4個使用しています。

クロックには、45fsを誇る究極の低ジッターDDS LMX2594から出力されるマスタークロックでDACから SACDメカまで完全同期。

USBやLANによる伝送を伴わない、DAC主導I2S完全同期(ES9038PRO の128fsモード)よるトランスペアレントかつ豪快なSACD再生は、今までのSACDのイメージ を完全に覆します。

SACDのメカニズムには、D&M製SACDメカニズムを採用しアルミ削り出しベースを通じて、1点スパイク接地でマウンをおこなっています。

メカニズムの振動をダイレクトに排出し、かつメカニズムの物理的位置を確定する、理想的なコンストラクションです。

一聴した印象は、D-2とは、また違った、上位モデルとしての出来の良さを感じました。S

ACDの再生では、特にどっしりとした揺るがない定位感、電源能力の豊富さ物量の投入のすごさが印象に残ります。ダイナミックレンジの広い音源が入った際にも基本となる音が、少しも揺れないので、安心して音楽に集中でき、SACD本来の自然な空間の広がり方が丁寧に再現されていて、非常に好感が持てます。

ハイレゾ再生においても、非常にシルキーで滑らかなのに定位は、キッチリしていて聴きやすい印象です。各所の部分での物量投入が聴いておりリッチなサウンドの印象でした。

現在、大人気商品により生産が間に合っていない状況でございます。ご試聴ご予約は、当店に是非お問い合わせください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006337/

U-BOYです。

YG Acoustics Vantageシルバー色が、本日、日本到着しました。
表面仕上げ処理が良くなったこともあり、代理店デモ機はシルバーにしたそうです。

代理店より送られてきた画像です。

仕上げは非常に美しく、シルバーもいいなあと思わせる出来です。

是非、詳細に当店にお問い合わせください。
近日店頭でもデモする予定です。

絶賛ご予約受付中です。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000006401/

dCS Bartok DAC

U-BOYです。

先日dCSの新製品、Bartok DACを短期デモしましたので紹介します。

同モデルはプラス30万円でヘッドフォンアンプを搭載したモデルもございます。

こちらも評判が高いそうですが、デモはヘッドフォンアンプ無しの仕様で聴いています

PCからのUSB接続、イーサネット接続はUpNPネットワークプレーヤーに加えてRoonReadyとしても機能します。

DSD128まで、MQAにはフルデコード対応しています。
もちろん、同社のSACDトランスポートからDSD信号をデコードすることも可能です。

AirPlayやSpotify Connectにも対応。


専用のdCS Mosaic Controlアプリ(無料)は、入力の切り替え、ゲインやフェイズの設定など、本体のメニュー画面からできることはアプリでも操作可能です。

現在の状態一覧が確認できるは便利です。

また、UPnPコントローラーとしても機能しますので、ネットワークプレーヤーのリモコンとしても使用できます。

dCSはOpenHomeには対応していませんので、いわゆる定番のLinn KazooやLuminで操作することはできません。

ネットワークプレーヤーのリモコンとしての操作性はまだ改善が必要だと感じます。

Tidalなどのストリーミングが必要ない方はFidataのアプリが良いと思います。

Roon Readyにも対応しています。当店ではUPnPによるネットワーク再生よりもRoonをお勧めしています。

一概にどちらの音が良いか決めるのは難しいですが、操作性やストリーミングサービスとの連動性は素晴らしいです。

機能としてはDSD256には非対応ですが、ほぼ完全武装といえます。

とは言え、このクラスにユーザーが一番求めるのは音質部分だと思います。

150-250万クラスの製品は、Merging – NADAC、CHORD – DAVE、MSB – Discrete DAC、Meridian – Ultra DAC、Playbac Designs – MPD8、LINN – KLIMAX DSMなど魅力的な商品が多数ございます。

Bartok DACはそれらの製品と比較すると、(基本的クオリティーがある前提で)適度な中低域の厚みがあり、神経質にならずに安心して音楽に身を委ねられるタイプでしょうか。

ゲインの設定やアップコンバート(DXD or DSD)、フィルターカーブなどで好みの音作りをすることが可能です。

また、将来的にファームウェアのアップデートにより機能の追加、音質の向上が図れる点も同社の強みです。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006403/

CH Precision I1

U-BOYです。

CH Precisionのプリメインアンプ、I1の紹介です。

日本にはあまり導入されませんが、海外だとハイエンド・プリメインアンプというカテゴリーが存在します。

省スペースで高品位な再生をしたいという需要があるからでしょう。

このI1は同社のC1とA1をワンパッケージにしたコンセプトモデルですので、価格もある程度想像できると思います。

一体型としては最高級ともいえる480万(税別)です。

C1は”D/Aコントローラー”という名称が付けられているとおり、単純なDACにとどまらず、ハイブリッド・デジタル・アナログボリュームコントロールを搭載し、高品位なプリアンプとして機能します。

PCMは44.1系は352.8kHzに48系は384kHzにアップコンバート、DSDは高周波ノイズを取り除くためにPCM352.8kHzに変換して再生されます。
すべての信号をPCMに変換する考え方は他のモデルと同様です。


また、オプションボードで拡張できるのが同社の強みの1つですが、このI1には既に最新のHDボード、RoonReadyやMQAにも対応済みのEthernet Streaming HD Board、アナログ入力ボードをビルトインしています。


Roonでのコントール画面。96kHz信号がハードウェア側で384kHzにアップコンバートされているのが分かります。


同じくイーサネットボードによるUPnP再生。OpneHomeには非対応なので、Fidataのアプリで動かしています。

アンプ部は、ゲイン設定はできませんが、ネガティブ・フィードバック値を可変できるあたりは他のパワーアンプと同様です。

デジタル系が最新ボードに換装されている強みもあると思いますが、さすがにその辺のセパレートアンプを凌駕するクオリティーを持っています。

店頭では同社D1からHDリンク接続、イーサネットでRoonReadyいずれでもご試聴可能です。

メーカーデモ機につき、1点のみ特別価格でご提供します。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006393/