U-BOYです。

各方面で話題になっている、元ロクサンのトラジ・モグハダム(Touraj Moghaddam)によるブランド、VERTEREのプレーヤーをお借りしましたので簡単にレポート致します。

アクリルを採用したボディは洗練されたイメージで写真で見るよりも高級感もあります。

音も同様でとても洗練されています。

Roksanよりもさらに開放感がありストレスなく音が軽やかに出るイメージです。

また、振動対策、盤に刻まれた音楽情報をロスなく拾い上げるとうコンセプトの通り、付帯音が極めて少なく特定の癖を感じない素直な再生音で、使用するカートリッジやフォノイコライザーの特徴をよく表現します。

かつてのRoksanの最上位モデル、TMSは3層プラッターなっており、同様にゴムのブッシュで巧みに振動コントロールしていましたが、アクリルを使うメリットは、石やMDFよりも軽量でラバーアイソレーションに対する負荷が少ないことも挙げられます。

経年変化に伴う細かな調整をする必要が無いのも大きな改善点の1つですし、調整に関しては比較にならないくらい簡単になりました。


MG1は一見すると2層のボードに見えますが、上段はインナーとアウター部分が独立しており、事実上3枚のアクリルでそれぞれの振動が干渉しないような設計になっています。

高さ調整のできる3点の脚と、モーター部分は上段アウター部分から吊り下げられており、ラバーアイソレーションを介してボトムベースに固定されています。
反対に、ターンテーブルとアームベースが固定される上段インナープラッターはボトムベースからラバーアイソレーションを介して載っています。

レコード盤に触れないように考慮された一般よりも細いセンタースピンドルや、モーター部分に独自のサスペンションを持たせて振動を吸収する思想もRoksan時代から踏襲されています。

モーター部分にはON/OFFできる照明が取り付けられています。これもアクリル筐体だからこそできる遊び心だと思います。レコードを演奏するときに外したセンタースピンドルを収納するためのマグネットも同様です。


トーンアームは、ワンポイントアームのような操作感ですが、ワンポイントアームの動きに対するベアリング部分の微細な滑りを嫌い、3つのボールで支点を受けるトライポイントを採用。

また、アーム部分に取り付けられたリングを前後することで、カートリッジとアームの共振周波数を変化させることができます。これもユニークなところです。


ラテラルの調整はよくあるワンポイントアームのように錘の傾きで行います。
今回細かくセッティングしてみて、調整に時間のかかるのはこのラテラル調整くらいだと思いました。


電源部です。

回転数の微調整はできません。
考え方としては33 1/3を正確に出すことよりも、定速で低ノイズで回り続けることがずっと大事ということです。

ストロボで測ってみてもぴったりと正しい回転数で回っていましたので、回転数については大きくずれるということは無いと思います。

アームケーブルは、標準で1mの長さのものが接続されていますが、特注で長くすることも可能です(要追加料金)。DINストレートのケーブルであれば他社のものへ換装もできます。

トーンアーム、アームケーブル、電源がセットになった状態でこの価格、使いやすさ、仕上げの良さ、そして再生音は非常に魅力的です。


www.u-audio.com/shopdetail/000000007273/

U-BOYです。

当店でも主力であり、お客様からも人気のケーブルメーカーである

JORMA DESIGN より価格改定のアナウンスがありました。

おおむね全機種、値上げとなります。従来価格でのご注文締切日は

2021年8月9日までとなります。

ご購入ご検討のお客様は、お急ぎください。

 

 

 

http://www.cs-field.co.jp/news/JORMADESIGN.html#20210709_JORMA_Price

U-Boyです。

少し前になりますが、エディスクリエーションのFiber Box 2 JPSMとSilent Switch OCXO JPSMを同時にデモしましたのでレポートします。

現在はSilent Switch OCXO JPSMを常設展示しています。

同ブランドが日本に上陸した際にご縁があってプロトバージョンを試聴させていただきました。

その時は、日本用の100V電源では無かったと思いますが、今まで聴いた色々なスイッチングハブの中でもかなり良い印象を受けました。各メーカーそれぞれの個性はありますが、正統派な音作りであり、音の品位がかなり高いという印象を持ちました。

当店でもFiber Box 2 JPSMとSilent Switch OCXO JPSMは多くのご注文をいただいており、すでに納品もしていますが、まだ噂だけで聴いたことが無い人も多くいると思います。

過去にもいろいろなオーディオ用スイッチを試聴する機会はありましたが、決定打にかけるものが多く、自信をもって勧めにくい印象がありました。

まず、当店でも常設しているSilent Switch OCXO JPSMを紹介します。

Silent Switch OCXO JPSMの主な特徴
日本の100V環境に合わせたリニア電源
高品位なOCXOクロックを採用
入力ごとにグランドの接地/切り離しが可能なスイッチを搭載

良い電源と良いクロックという基本を押さえた上で、演出の少ないまっとうな音作りのスイッチであること、グランドの切り離しができることで、ケーブル側のUTP/STPを気にする必要がないという点でど誰にでもお勧めできるスイッチです。

オーディオグレードのスイッチを使用されていない方にはまず最初にSilent Switch OCXO JPSMをお勧めしますが、既に他社のオーディオグレードのスイッチを使っている人には、次に紹介するFiber Box 2 JPSMをお勧めいたします。

Fiber Box 2 JPSMは一見すると何をする機器か分かりにくいかもしれません。入出力共に1系統です。
これは、通常のイーサネットケーブルで繋ぎ、内部で光変換するための装置です。

昨今SFP端子を搭載した機器、光メディアコンバーターを使った光変換がもてはやされるようになりました。
これらのメリットは光変換によるグランドの切断があると思います。また光ケーブルは一般のイーサネットケーブルと比べて長距離の引き回しに強い特徴があります。

ただ、数mの短い距離の接続においては、SFPを使うメリットがあまり感じないというよりもデメリットも目立つ印象があり、当店ではSFP接続を積極的お勧めはしておりませんでした。

光メディアコンバーター自体から発するノイズ、メディアコンバーターの外部電源の選定など音が変化する要素が多すぎる問題もあります。

Fiber Box 2 JPSMは1つの機器でこれらのデメリットも解決していることと、音質も一聴してトゲトゲしさのない滑らかな質感、空間の広さを感じることができます。

メーカーは、オーディオグレードスイッチとルーターの間への接続を勧めていますが、ネットワークプレーヤーが1台の場合は、メインのプレーヤーとスイッチの間に入れる方が効果が大きいように感じます。

Silent Switch OCXO JPSMとFiber Box 2 JPSMの2台を組み合わせることで最良のネットワーク環境が構築できます。

既にある程度のオーディオ用スイッチを使用している場合は、先にFiber Box 2 JPSMの追加を、これからネットワーク再生に着手したいという方にはSilent Switch OCXO JPSMの導入をお勧めしております。

Silent Switch OCXO JPSM

www.u-audio.com/shopdetail/000000007179/

Fiber Box 2 JPSM

www.u-audio.com/shopdetail/000000007180/

MARTENがコロナ禍の影響で7月1日より値上げされることになりましたが、現在の定価でお求めいただけるのもあと数日となりました。
当店では期間限定でPARKER DUO Diamond Edition、PARKER QUINTET、Mingus Quintet の3機種を展示中です。
ご興味がある方は値上げ前のこの機会に、是非ご検討頂ければと思います。

販売価格はお見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

U-BOYです。

Abendrot Audio STUTE & HENGST を試聴させていただきました。

STUTE は、最上級のデジタル・オーディオ・リプロダクションに必要となる「時間軸の再現」を成し遂げるため、世界有数の専門家による綿密な理論と最高峰の技術を駆使して設計されたマスタークロック製品です。アベンドート独自の「True Audio Master Clock 技術」による究極的なクロック信号は、D/A変換に限りなく現実に近いリアリティをもたらします。

出力は2系統あり、必要十分であると思います。外観の仕上げは、高級感があり非常にシンプルながら美しい仕上げです。GOLDMUNDをほうふつとさせるこのデザインは、個人的には非常に好みの逸品です。

さて実際の音はというと非常に空間が広くナチュラルでありながら聞かせ方を心得ていると感じました。普通ルビジウムというと特有の音がしてしまいがちですが、その”ルビジウム臭さ”が全くなく自然で、繋がりの良さを感じます。こういった本物のクロックに出会える機会は貴重ですので、とても安いとは言えない機械ですが、マスタークロックジェネレーターをお考えの方には、ぜひおすすめの逸品です。

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

U-BOYです。

当店でも主力のスピーカーとしてお勧めしているMARTEN で、価格改定のアナウンスがありました。

現行価格(税込6/30 代理店受注分迄→ 新価格(税込、7/1 以降))

Coltrane 3 税込14,300,000円→税込17,600,000

Coltrane 3 Statement Edition税込19,580,000円 

Coltrane Tenor 2 税込10,780,000円→税込13,750,000

Coltrane Tenor 2 Statement Edition 税込15,250,000

Mingus Orchestra 税込28,600,000円→税込31,900,000

Mingus Orchestra Statement Edition税込34,430,000

Mingus Quintet (Piano Black, Matte Walnut) 税込7,150,000円→税込7,480,000

    ( Piano Walnut)  税込7,480,000円→税込7,843,000

Mingus Quintet Statement Edition

    (Piano Black, Matte Walnut) 税込9,030,000

    ( Piano Walnut)  税込9,393,000

Parker Quintet (Piano Black, Matte Walnut) 税込3,630,000円→税込4,290,000

    (Piano Walnut)  税込3,828,000円→税込4,510,000

Parker Quintet Diamond Edition

    (Piano Black, Matte Walnut)税込5,390,000円→税込6,380,000

    ( Piano Walnut)税込5,588,000円→税込6,600,000

Parker Trio (Piano Black, Matte Walnut)税込2,420,000円→税込2,915,000

    ( Piano Walnut)  税込2,574,000円→税込3,091,000

Parker Trio Diamond Edition

    (Piano Black, Matte Walnut)税込4,070,000円→税込4,840,000

    ( Piano Walnut)税込4,224,000円→税込5,016,000

Parker Duo (Piano Black, Matte Walnut)税込1,320,000円→税込1,595,000

    ( Piano Walnut)  税込1,408,000円→税込1,694,000

Parker Duo Diamond Edition

    (Piano Black, Matte Walnut)税込2,640,000円→税込3,135,000

    ( Piano Walnut)税込2,728,000円→税込3,234,000

専用スタンド税込385,000円→税込429,000

 

 

 

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000006900/new_sp/page1/recommend/

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007106/new_sp/page1/recommend/

U-BOYです。

当店でも主力のデジタル機器としてお勧めしているdCS で、価格改定のアナウンスがありました。

現行価格(税込6/30 18:00代理店受注分迄→ 新価格(税込、7/1 以降)

BARTOK DAC 税込2,222,000円→税込2,343,000

BARTOK DAC+ 税込2,651,000円→税込2,915,000円 

ROSSINI PLAYER 税込4,307,000円→税込4,070,000

ROSSINI TRANSPORT 税込2,981,000円→税込3,256,000

ROSSINI DAC 税込3,498,000円→税込3,630,000

ROSSINI CLOCK税込1,210,000円→税込1,430,000

VIVALDI TRANSPORT 税込5,929,000円→税込5,962,000

VIVALDI DAC 税込4,807,000円→税込4,928,000

VIVALDI CLOCK 税込2,387,000円→税込2,519,000

VIVALDI UPSAMPLER 税込3,146,000円→税込3,487,000

 

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007049/new_digital/page1/recommend/

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000006403/new_digital/page1/recommend/

U-BOYです。

話題のSHUNYATA RESARCH SIGMA USBを試聴させていだきました。

SHUNYATA RESARCH の新製品 SIGMA USBをお借りする機会があり早速試聴させて頂きました。SHUNYATA RESARCH社は米国軍軍事産業に従事しデータ取集システの研究と設計に携わってきたCaelin Gabrielによって1997年に設立されました。独自の特許技術と製造手法によりランダムノイズやコモンモードノイズを完全に対策し解像度が高くオーディオシステムの潜在能力を呼び覚ませるようなケーブル設計を心掛けているようです。

ケーブル自体は、非常にしなやかで取り回しもしやすく、扱いやすいケーブルです。フィルターも独特なものが使用されていますが、そこまで重量もないのに、それであのような音を実現させてくれるのは非常に不思議な印象です。

 

実際に試聴をしてみますと土台がしっかりとしている中に、ダイナミックレンジが、非常に大きく弱音時から強音が入ってくるところまで非常に細かく再現してくれます。非常に元気でエネルギッシュな表現を持たせていながらも弱音部では、背景のS/Nがとても静かで立ち上がりも早いので、特に弱音部と強音部での表現に矛盾をきたしません。定位感しっかりしているので、全体的な音のバランスはよく、濃厚で芳醇な中にスピード感もありバランス感覚の優れたケーブルの印象です。値段は決して安くはありませんが、ロックやSOUL系がお好きな方には特に一本は導入していただきたい素晴らしいケーブルです。

 

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007237/013/X/page1/recommend/

U-BOYです。

話題のJORMA USB REFERENCEを試聴させていだきました。

 

 

JORMA DESHIGNの新製品JORMA USB REFERENCEをお借りする機会があり早速試聴させて頂きました。 本ケーブルは、入念に銀メッキが施された高精度8N銅の多芯線ケーブルや効果的に不要な振動を抑制するPOM/ポリオキシメチレン(エンプラの一種で耐摩耗性に優れる)スタビライザーの装着とピンには、ロジウムメッキのピンを装備することによって音作りJORMA DESHIGN独特の音作りを実現しています。

ケーブル自体は、非常にしなやかで取り回しも、しやすくこのグレードのケーブルにしては、非常に扱いやすい印象です。本製品は、すべてスウェーデンでのハンドメイド仕上げになっており、丈夫で耐衝撃性にも優れれているようです。

 

実際に試聴をしてみますと非常に自然で余計な音を出さない印象です。暗いイメージの曲には特にむやみに明るくならず、音楽の世界観を一番に考えているところは他のケーブルにはない特徴です。空間表現は、等身大でオーディオ的な魅力を目指すというよりは、実際のリアリティー重視といったところがあり”これぞ”JORMA DESHIGNサウンドといったUSBケーブルに仕上げられています。個人的にUSBケーブルでJORMA DESHIGNサウンドを実現するのは難しいのでは?と思っていましたが、その音を実際に聞くと、リファレンス的でもありながら穏やかで自然なS/NのJORMA DESHIGNサウンドそのものを表現できており、JORMA DESHIGN社の技術力には改めて驚かされました。決して安いケーブルではありませんが、この静かさとリアリティーは、本当に素晴らしくリファレンスのUSBケーブルとして、一本は持っておきたいと思わせる基準になる一本と言っても過言ではありません。


ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007165/013/X/page1/recommend/

U-BOYです。

Ktema / Franco Serblinを正式展示導入致しました。

独自のエンクロージャ構造とユニット配置により音質的にも唯一無二の製品ですが、

デザイン的にも非常に美しいたたずまいを持ちモノとしての価値も非常に素晴らしい印象です。

Accordo の時にも感じましたが、流石は、Franco Serblinと言わせる”モノ”としての美しく独自性のあるデザインと、

彼しか出せないその音作り、技術的な部分のオリジナリティーも高く、本スピーカーが人気なのがうなづけます。

本品は、まだエージング中ですので、音の正式な評価は、避けさせていただきますが、

現在のところですでに、得意な弦楽器や女性ボーカールはなまめかしくなりますし。

音数の多いものは、非常に見通し良くコンパクトになるところからエージングが完了すれば、

どのようになるのか?今からとても楽しみです。

 

 

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007205/new_sp/page1/recommend/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。