U-BOYです。

話題の新製品FINKTEAM の新製品スピーカーKIMを試聴させて頂きました。

デザインは一見すると非常にシンプルで、今では珍しくなった古典的なブックシェルフタイプに見えますが、内部構増は、最新研究の塊のような構造をしています。

新開発のオリジナル・ダンピング材で接着された多層構造のMDFパネルがフロントバッフルを形成し、精密なCNC加工が施されます。サイドとリアパネルにも同様の手法が用いられていますが、さらにサンドイッチ構造が加わっており、パネル共振の不用意な広がりを避けるために、ブレーシングが一次元内で行われます。

振動に関するスペシャリストであるシュトランクが設計した独自のアブソーバーが定在波を除去。この独自のヘルムホルツ共鳴器は定在波と逆位相になっており、この画期的な構造により一般的なスピーカーのように大量の吸収材を用いる事なく定在波を打ち消します。つまり、よりHiFiなサウンドを実現しながら、低域は速く、グルーヴ感をも併せ持った音質を実現しています。

ユニットにもこだわりがあり、ツィーターには、オスカー・ハイル氏が確立した原理に基づいて動作するエアーモーション・トランスフォーマー(AMT)を採用しました。FINK teamとムンドルフ社で共同開発したKIM専用のオリジナルAMTは、厚さ25μm(0.025mm)のプリーツ加工されたカプトン振動板に、50μm(0.05mm)のアルミニウム・ストリップを組み合わせたものです。カプトンは優れた内部ダンピングを持っており、驚異的な低歪みを実現します。高精度な製造のために、独自のエッチングプロセスを開発し長期間によるテストを積み重ねて振動板の構成を最適化する事に成功しました。こハイスピードかつ低歪みで高解像度というAMTのメリットを持ちながら、とげとげしさのない素直なサウンドを獲得する事が可能となりました。

ウーファーには、あらたに開発した8インチのオリジナルドライバーを採用し、超大型マグネットの採用とクロスオーバーに空芯コイルを使用する事で32Hzまで低歪かつクリーンで正確な低域を実現しました。新開発のラバー・ハーフロール・サラウンドは、特殊な素材で非常に柔らかいにも関わらず動作時に引き起こされるカラーレーションを排除するためにコーン紙を素早く終端させます。

アンプとの接続部にも一工夫あり、設置される部屋や接続されるアンプに合わせる事ができる2つのコントロール端子を装備しています。HFコントロールは高域のレベルを3段階で微妙に変化させる事が可能です。また、組み合わせるアンプに合わせて変更可能なダンピングコントロールも装備しており、真空管アンプ、アンティークアンプのようなダンピングファクターの低いソリッドステートアンプ、そしてダンピングファクターの高いソリッドステートアンプに適した3ポジションが用意されています。

実際、試聴してみると現代ハイエンドを象徴する、いわゆる””トレンドの音””ではないもの音楽を音楽として楽しくとらえる要素は十二分に持ち合わせており、かと言って、出てくる音の表現が”空間が狭い”や”独特のクセがつよい”わけではなく、非常に扱いやすくなおかつ、非常に爽やかで、抜ける感じもあり、さまざまな音楽をジャンルに関係なく鮮やかに楽しく聞かせてくれます。今のハイエンドスピーカーに不満があるわけでは、ないのですが、どこか似たような個性を感じてしまっていた昨今、まさに私たちにとって”待っていた音”を表現してくれる稀有なスピーカーであると感じました。

当店では、近く本機の展示を予定しております。ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせ下さい。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007283/

U-BOYです。

展示導入しました805D4を、当店に入荷した中古の805D3と比較試聴してみました。

少し離れて、デザインを眺めてみると、同じ805なのに「こんなにも違うのか!!」というぐらい違った印象に感じられます。実際のエンクロージャの大きさは、それほど違いがないはずなのに、D3の方が丸みを帯びて見え、D4の方がスリムに見えてまるで全く違うスピーカーのようです。

近づいてみてみると、実際の大きさにそれほど変わりないのですが、アルミ綾構+革による部分の変更とツィーターエンクロージャーの長さが大きく変わっており、その印象に大きな違いを感じさせているのかな?とも思いました。

後部のターミナルも大きく変更されており上位クラスでしか採用していなかったスピーカープラグや背面パネルも美しく仕上げられており、D3より価格は上りましたが、非常に高級感があり満足感をもたらす仕上げになっているように感じられました。

実際の音の違いは?というと805D4、まだ完全ではないものの聴き比べてみると、すでにこの時点で、高域の滑らかな出かたと空間の広がり方が自然であることに気づかされます。今までD3だけで聞いていたならば、特に不満がでなかった空間の広がり方や、スピード感もD4で聞いてしまうとほんの少し滞りがあったことに気づかされました。低域においても比較するとD4の方が、伸びやかで自然に滑らかに広がる印象があります。決してD3が劣ったスピーカーではないのですが、確かに価格差の違いが音に正確に表れていB&W社の技術力の高さに驚かされました。今後エージングが完了すれば、どんなすごい音を聞かせてくれのか、いまからとても楽しみです。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007361/new_sp/page1/recommend/

当店では現在802D4、805D4を常設展示しておりますので、ご試聴予約をお待ちしております。

U-BOYです。

まだエージングが完全に終わったわけではありませんが、各社から出ているエージング、バーンインソフトを複数枚ROONにプログラム・エディットし、店舗クローズ後に一晩中リピート再生したうえでB&W 802D4を試聴してみました。

一聴してすぐ前シリーズと変わったと感じた点は低域再生です。後述しますがネットワークが刷新されたことやマトリクス構造の剛性強化、ミッドレンジ・ユニットが不要な空気圧やサウンドへの色付けを発生させないというバイオミメティック・サスペンションなど総合的な改良が効いているようですが、低域の表現が大きく変わったというのがまず第一印象で、さらによく聴くとミッドの応答性とSNの高さも感じられます。( *バイオミメティック・サスペンション は801~804に搭載)

従来のファブリックサスペンション。
新型 バイオミメティック・サスペンション 。

B&Wの資料動画ではこの バイオミメティクス・サスペンション がもたらす恩恵が確認できます。

低域のエネルギーが伝わるときの気配感というか空気感のようなものを感じさせ、802D4では8インチ径のウーファーがタンデムで鳴っているとは思えないほどローに伸びが感じられます。この低域の伸びとが中高域の聴感上において良い方向に作用しているようで、前モデルでは楽曲によってはやや細身な表現に感じられるときもありましたが、それがなくなって聴き応えがありスケール感も得やすい音作りになったと思います。

また公開されている資料からはムンドルフの高性能・高品質パーツも確認できますので、こうした厳選されたパーツも音に影響していると思われます。

マトリックス構造のキャビネットもアルミ綾構で従来のモデルよりもさらに強固な構造になったとのことで、これが低域の伸びに貢献しているようです。


足回りにも変更があり、拘束層ダンピングシートで共振抑制されたアルミ・プリンスの後方2箇所にスタビライザーを入れる仕様となっており、スピーカーの位置出し後にこのスタビライザーを接地面に下ろして着地させて安定化させるようなイメージです。写真の赤丸部分がスタビライザーを通す箇所となります。台座の表から差し込め、専用工具もあるので差し込んで締めやすいです。(写真は先端樹脂ですがスパイクタイプも付属します。)

弊社担当のD&Mの営業の方で、D&M社内でもセッティングの達人と称されるO氏によると、説明書にはこのスタビライザーは転倒予防といった記述がなされていますが、音質面でもかなり有効にはたらくポイントとなりますので、スタビライザーはしっかりと設置面にあてて鳴らしてくださいと力説されておりました。


当店では現在802D4、805D4を常設展示しておりますので、ご試聴予約をお待ちしております。

U-BOYです。

AIR TIGHT製品 が価格改定です。

エアータイト商品、新価格一覧 (※価格表記は税込みとなります。)
ーメインアンプー
ATM-300R 300Bシングルエンド ¥1,155,000

ATM-300R EH 300Bシングルエンド EH-300B付 ¥1,188,000

ATM-300R TA 300Bシングルエンド TA-300B付 ¥1,336,500

ATM-2211J 211シングルエンド・モノ ¥2,640,000

ATM-2001 6550 トリプルプッシュプル ・モノ ¥9,130,000

受注生産品

ATM-2001s 6550 トリプルプッシュプル ・ステレオ ¥5,060,000

受注生産品

ATM-3211 211プッシュプル・モノ ¥ 5,830,000

受注生産品

ーコントロールアンプー
ATC-3 ライン・プリアンプ 5系統入力  ¥ 440,000

ATC-3 HQ ライン・プリアンプ 5系統入力 / HQボリューム付き ¥ 539,000

ATC-5 フォノイコライザー内蔵プリアンプ (HQボリューム標準装備) ¥880,000

ーフォノステージー
ATE-3011 EQカーブ選択式 / MM3系統入力 ¥ 1,760,000

受注生産品

ーMC昇圧トランスー
ATH-3s 入力・出力GND リフトスイッチ付き/標準ロー(1~7Ω) ¥ 198,000*ハイ(7~40Ω)仕様有り。

ATH-2 Reference 入力3系統、入力インピーダンス切替(バイパス/2Ω/40Ω) ¥ 363,000

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000006960/new_amp/page1/recommend/

U-Boyです。

お客様のリクエストがあり、KLAUDiOのアームをデモしています。

プレーヤーは、ドクトル・ファイキャルトの最上位モデル、Firebirdです。

カートリッジはLyraのKleosです。

ファイキャルトのプレーヤーは3グレードあります。上位2モデルはダブルアームに対応します。

上位2モデルの違いは、モータープーリーの数、上下をサウンドするアルミの厚み、プラッターに内蔵するイナーシャの有無です。

基本的に制振性が高い素材を採用し、静かに粛々と回転するプレーヤーという印象です。アームベースがスライド式になっており、多くのトーンアームに対して装着がしやすいというメリットがあります。

KLAUDiOのアームは、前後に稼働するピボッドと、2本のアームを組み合わせたユニークな構造で、トラッキングエラーの無い動きを実現しています。

このプレーヤーのユニークな点は、ユニバーサルアームになっており、SPUを含めた様々なシェルに対応すること、また、付属のレーザー・タンジェント・ツールにより正確な針先の位置出しが容易な点です。

実際の調整の様子です。カートリッジをヘッドシェルに付ける際のオーバーハングの概念も必要ありません。まっすぐ付いていれば、アームの取り付け位置を前後するだけで調整できます。

針圧や高さの調整も一般のトーンアーム同等でとても簡単です。

一般的な支点が動くリニアトラッキングアームと比較すると、音の厚みを伴った解像度の高い音という印象です。さらっと書いていますが、かなりレベルの高い音だと思います。

調整が合理的でとても簡単な点、ユニバーサルタイプで複数のカートリッジを使い分けたい方には、とても魅力的だと思います。

www.u-audio.com/shopdetail/000000007392/

U-BOYです。

CHORD の新製品プリアンプULTIMA PRE 2をパワーアンプULTIMA 5と共に試聴させて頂きました。

全体の印象として前機種CPA5000と比べるとボリューノブとバランスノブが、フラットでなくなったのとフロントパネルの前に化粧板が一枚加わることで、かなり印象が変わったのと 操作性も非常によくました。 ボリューム事態もアナログからエンコーダータイプになったことにより音質の印象は変えずに、ぐっとギャングエラーが減った印象があります。

背面も多岐にわたる接続が可能なのと、今時珍しいテープアウト等がついているのは、非常に面白い個性であるのがうかがえます。

実際の音はどうかというと、今回はパワーアンプUltima 5との接続で試聴させていただきましたが、非常に穏やかで、その中に確かな音楽性があり、はやりの現代ハイエンドとは違った独特の存在感を醸し出してくれます。特別にS/Nが高いわけではないのですが、必要十分であり、空間表現も非常に自然できれいに出ます。その中でも特にボーカルを聞かれる方は、一聴の価値ありでこの実在感というかフィーリングは 良くも悪くもCHORD にしか出せないものがあり、ぜひ一度聞いていただきたいです。

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせ下さい。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007377/

U-BOYです。

タイムロードからCSOULNOTE製品の価格改定アナウンスがありました。

現行価格(税込9/30 代理店受注分迄→ 新価格(税込、10/1 以降))

・S-3 Ver2 (シルバー、ブラック)

現在価格¥1,408,000→新価格¥1,518,000

・P-3 (シルバー、ブラック)

現在価格¥1,650,000→¥新価格¥1,760,000

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000006960/new_amp/page1/recommend/

U-BOYです。

 B&W 800シリーズ待望の新シリーズD4の予約受付中です。

2021/9/28現在展示機は802D4、805D4のそれぞれグロスブラックです。

今回の新800 Series Diamondは、キャビネットが大幅にアップグレードされました。中でも新開発のアルミニウム製トッププレートはキャビネットの剛性を大きく向上させ、よりリアルなサウンドを実現しました。

またトッププレートには、ロールス・ロイス、ベントレー、アストン・マーチン、フェラーリ、マセラティ、ジャガーなど名だたる高級自動車のインテリアやシートなどに使われているコノリー社製の上質なレザー素材を贅沢に使っており、質感も大幅に向上しているそうです。

D4ソリッドボディ・トゥイーター・オントップ・ハウジングの最新バージョンを採用により従来よりも長さを増したチューブローディング・システムは、より開放的なサウンドを実現しています。

この無垢のアルミニウム材から切削加工によって作られた極めて剛性の高いハウジングを、新開発の2点デカップリングシステムによってタービンヘッドから分離させることにより、不要な共振と他のドライブユニットからの干渉をかつてないレベルで抑えることに成功しました。

D4シリーズで採用される新色ウォールナットは、今までのイメージにないカラーでしたので、 アルミニウム製トッププレートとコノリー社製のレザーと合わせたときに実物は、どんな存在感を示してくれるのか今から非常に気になるところです。

音に関してもエンクロージャーの変更が、どこまで影響するのか?新開発のコンティニュアム・コーン™ & FST™ ミッドレンジがどのような音を作り出すのか、非常に注目していています。

ご興味を持たれたかたは、ぜひ当店にお問い合わせください。                        初回ロットは入荷数がかなり少ないため、ご予約はお急ぎください。                       

www.u-audio.com/shopdetail/000000007357/
//www.u-audio.com/shopdetail/000000007358/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007359/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007360/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007361/

U-BOYです。

タイムロードからCHORD製品の価格改定アナウンスがありました。

現行価格(税込9/30 代理店受注分迄→ 新価格(税込、10/1 以降))

・DAVE(DAC)

現在価格¥1,650,000→新価格¥1,980,000

・ETUDE(パワーアンプ

現在価格¥822,800→新価格¥880,000

・SYMPHONICS(フォノステージ)

現在価格¥550,000→新価格¥715,000

・CHORAL ENSEMBLE STAND (ラック)

価格変更なし¥308,000

・ULTIMA3 (モノラルパワー)

現在価格¥4,180,000→新価格¥5,280,000

・ULTIMA5(ステレオパワー)

現在価格¥1,870,000→新価格¥2,200,000

・ULTIMA6(ステレオパワー)

現在価格¥1,210,000→新価格¥1,430,000

・ULTIMA PRE2(プリアンプ)

現在価格変更なし¥2,530,000

・HUGO M SCALER(アップスケーラー)

現在価格¥726,000→新価格¥880,000

・HUGO TT2(DAC)

現在価格¥704,000→新価格¥935,000

■QUTEST RANGE(オープン価格につき市場想定価格を表記)

・DA コンバーター「Qutest」203,500円前後→253,000円前後
・フォノイコライザー「Huei」214,500円前後→253,000円前後

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000005641

u-boyです。

最近問い合わせも増えている、DS Audioの最高峰であるGrand Masterを期間限定でデモ致します。

プレーヤーはリトアニアのReed Muse3C(フリクションドライブ)に、トーンアームも同社の5Tを装着。アクティブオーディオボード響も設置という贅沢な布陣です。
第3世代となる最新のモデルは、従来のモデルよりも出力が大幅に上がったことで、アナログ再生としては驚異的なSNを実現しています。

MMやMCカートリッジのようなマグネット、コイルが無いことは磁気歪みが起こらないことに加えて、本体の質量を小さくできるメリットがあります。

今回のモデルでは内部パーツ小型軽量化が推し進められさらなる軽量化を実現しています。ボディ素材は超々ジュラルミンを採用しながら本体質量は7.7gです。

そして、イコライザー部と電源部が独立筐体のGrand Masterイコライザーです。この圧倒的な物量に恥じないスケールが大きい雄大な音がします。

一般的なMM/MCカートリッジよりも低域の再現性に優れる光カートリッジですが、従来の帯域の広さに加えて、音の厚み、懐の深い雄大なサウンドです。

プレーヤーのReed Muse3Cとトーンアーム5Tも揺るぎない安定したサウンドに大きく貢献しているのは間違いありません。

この組み合わせで聴く機会はなかなか無いと思います。

アナログの1つの到達点もいえるこのサウンド是非体験ください。

www.u-audio.com/shopdetail/000000007342/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007351/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007168/