U-Boyです。

この度、スイスFM Acousticsの特約店になりましたのでお知らせいたします。
現在、代理店から255MK2Rおよび711MK3をお借りしています。

合わせて、純正のPITケーブルも各種お借りしています。

展示機の入荷はもう少し先になりますが、入荷次第、改めて告知します。

現在、FM Acoustics製品は特約販売店限定となっています。
特約店はプリパワーを最低1組は常設する必要があります。

FMアコースティックスというと、「凄い音がするらしいけど、どこにもないので聴けない。」とよくいわれます。
ある種、幻の珍種のような扱いをされている面もありますが、生命力のあるサウンド、音量を上げてもうるさくならい独特の世界観が魅力かと思います。

また、FMの製品は同じ型番で10年も変わらず、値上がりだけしているかのようなイメージもあるかもしれませんが、例えば711を例に取ると、初代の711、2代目MK2、現行のMK3でも当然進化しております。

元々レンジを欲張るタイプではありませんが、ある程度のワイドレンジ化に加えて、音の鮮度が大きく違います。

「FMにしか無い音」がどんなものか、興味のある方はぜひお越しください。

USBケーブル頂上対決

u-boyです。

最近、新規取り扱い製品の持ち込み試聴や、短期スポットでの商品検証などもあり、ブログの公開が遅れております。

時系列が前後することもありますが、有益な情報はなるべく公開できればと思います。

大げさなタイトルを付けてしまいましたが、当店で隠れたヒット製品があります。

スイス、オルフェウス社のUSBケーブルです。


u-audio.com/shopdetail/000000004661/

このケーブルはUSBとしては高価です。1m定価15万円(税別)

日本での取り扱いは未定となっていますが、Absolute Mediaserverというlinuxベースのプレーヤーが発売される際に、オルフェウスのチームが来日しました。

同社の製品を色々と聴かせて頂きました。他のデジタルケーブルなどはあまり印象に残りませんでしたが、USBケーブルだけは他の高額ケーブルと比べてもインパクトのある出音ですぐに気に入りました。

Khloe USBケーブルは、口コミで徐々に浸透し、当店だけでも20本以上販売実績があります。


今回、強力なライバルケーブルが登場しましたので、比較させていただきました。

米ノードスト社のUSBケーブルです。

ノードストは、ハイエンドケーブルの代名詞ともいわれるほど認知度の高いケーブルです。
隙が無い各ジャンルのラインナップがあり、どれもが専用ケーブルとして特化されている点も心強いです。

今回比較したのは以下の3機種です。
ORPHEUS – Khloe USB2.0 1m定価150,000円
Nodost – TYR 2 USB2.0 1m定価144,000円
Nodost – VALHALLA 2 USB2.0 1m定価400,000円

簡単な音質レビューです。いずれも高いレベルでの比較です。

オルフェウス – 音色はやや暗めでクールな表現。ノイズレベルが極めて低い。音場かなり広め。

TYR 2 – 音色明るめ。空間はオルフェウスとほぼ互角。ノイズレベルはやや劣る。

VALHALLA 2 – 音色明るめ。空間は極めて広く、最高レベル。オルフェウスよりも1周り広い。
ノイズレベルはかなり低い。オルフェウスとほぼ同じか若干劣る。


u-audio.com/shopdetail/000000005858/

u-boyです。

DSDの本家ともいえるPlayback Designsの最新モデル、MPD8を常設展示しました。

同社のフラグシップとしてドリームシリーズが発表された段階で、お得意様よりご注文も頂いておりましたので、去年末あたりから仕様や発売時期など、代理店と何度も確認を行っておりました。

初めて実機で店頭検証したのが、3月某日(!)です。

それから正式な販売開始まで時間がかかりましたが、無事に店頭展示機も導入しました。

エージングに時間がかかる機器のため(だいたい500時間推奨です)、音質評価は少し先です。

メーカーデモ機でも入荷当初と、暫くたってからの音の違いを知っていますので、本格的なご試聴はもう少しお待ちいただければと思います。

DSD DACらしい自然な空間表現は、このモデルでももちろん健在です。
過去のMPS5と比べても1ランク、2ランク上のサウンドです。

オーディオ的な、解像度とか音の鮮度を求める方向とはベクトルが異なる世界です。
響きの自然さが特徴でしょうか。
演奏家が自分の録音を聴いて、「そうそうこの音だよね。」というタイプの音です。

販売店からの要望も欲しいということで、創業者である、アンドレアスコッチ氏来日時に当店にもお越し頂きました。

某日のショットです。

製品の内容については、資料も公開されていると思いますので、そちらをご覧ください。ここでは省略します。
ナスペック: Playback Designs MPT-8 / MPD-8 発売のお知らせ

来日の際に、設計者のアンドレアスコッチに確認したことや、発売前にこちらで検証して分かったことなどを(できる範囲で)公開します。

まず、店頭ではD/AコンバーターのMPD8を展示しています。主にUSB-DACとして使用しますので、そちらに焦点を当てて解説します。

1. JPLAYの仕様について

詳細は省きますが、JPLAYによるDSD再生はできません。
JPLAYでの再生を前提に考えている方はご注意ください。

そもそもJPLAY自体がDSD再生には向いていない仕様だと思いますので、DSD DACを使うのであれば、違う再生環境が良いとは思います。

ちなみに当店では、JPLAY自体を推奨はしていません。

2. DELAとのマーカーレス再生について

MPD8はASIOのみDSD256対応です。
DoPはDSD128までです。

DSDの本家であり、DoPの創始者として、DSD256対応できないか要望も出しました。
「原理的にDSD256を通す場合は、PCM768KHz対応する必要があるが、MPD8はPCM384kHz止まりなので、DoPでDSD256はできない」と至極真っ当な回答でした。

であれば、DELAのマーカーレス再生には対応してほしいと要望しました。
これは、DELAとの歩み寄りになると思いますが、善処する回答は頂きました。

他社ではMSB製品は、DoPだとDSD128ですが、マーカーレスならDSD256に対応しています。

3. LinuxのネイティブDSDについて

ちょっとマニアックになっていきますが、DoPダメなのは分かったけど、LinuxのネイティブDSDには対応できないか聞いてみました。

代理店を通じて通訳してもらっていることもあり、うまくニュアンスが伝わっていないかもしれません。

コッチ自身はDoPの創始者ではありますが、当時の状況として仕方なく考えた手法であり、Asioなどのネイティブ再生のほうが理想的であるという回答でした。

DSD再生を主に考えた場合、実際そうなのですが、本人の口から素直な回答がもらえたのが意外でした。

ネイティブDSD自体は簡単に対応できるよ。
と回答でしたが、意味合いが通じていない気もします。

4. SACDトランスポート、MPT8との接続について

面白い機能だと思ったのが、MPT8にもUSB入力が付いている点です。

MPT8から光変換をして専用ケーブルでつなぐ場合、PCからのノイズをアイソレートできるメリットに加えて、DAC側のUSB回路の電源を落として高音質化を図るそうです。

実際に、USB DACとして再生する場合も、MPT8を通した方が見通しが良い音でした。

5. RoonCoreについて

SACDトランスポートにRoonCore基板をインストールするアップデートプランもあるそうです。トランスポートに入れることができる基板は、他にもSyrah Serverのオプションもあります。

両方同時に入れることはできないようです。

興味深かったのは、PCであるRoonCore基板もアナログ電源で駆動する点です。

当店で展示しているNADACのRoonCoreや、Linuxベースのweiss MAN301の場合は、PC系はスイッチング駆動、オーディオ系はアナログ電源という使い分けをしていますので、メーカーの思想の違いを感じますね。

6. MQAについて
MQAに対しては否定的なスタンスであるようです。

アンドレアス・コッチ氏は、物腰の柔らかい紳士である反面、技術者として筋の通った考えを持っている方だと感じました。

このような機会を設けていただいた代理店の方には感謝しています。


u-audio.com/shopdetail/000000005855/

u-boyです。

展示品のCHプレシジョンD1をアップデートしました。

今回のアップデートは、D1およびC1の入出力ボードを刷新するものです。


白い四角で囲った場所が、新しくなったボードです。

それに伴い、専用のCHリンクも新しくなります。

同社はこれまで定期的なソフトウェアのアップデートにより、機能、音質および動作の安定化を図ってきました。

しかし、従来のボードでは容量的にファーム書き換えに限界があり、新規のHDボードに採用される新しいFPGAでしか今後のアップデートは受けられなくなるものが出てくるそうです。

具体的にはMQAデコードの対応や、新しいデジタルフィルターなどへの対応です。

既にC1では新しいデジタルフィルターが取り入れられています。

新開発のスプライン補間デジタルフィルター機能は、従来のフィルターと比べると、きわめてアナログ波形に近い滑らかな音質になります。

スプライン補間自体は、従来からある技術の1つだと思いますが、CH流でどの位、音質的向上があるのか非常に楽しみです。

MQAの対応は今後のバージョンアップ待ちです。

さて、D1単体だと、スプライン補間やMQAに現状対応していませんので、実際のところ、現時点では微妙なアップデートだと思います。


今回、新規ボードへの換装に伴い、ファームウェアも最新の5.0へとアップデートしております。

D1のみお使いのお客様は、次回以降のファームウェア更新の内容を見てからアップデートの検討をされても良いと思います。

C1をお使いの方は是非、アップデートをお勧めいたします。

D1&C1をお使いの方は、専用ケーブルも含めてアップデートを推奨します。

MQAへの対応など、新しいアップデートが行われた際は、改めてお知らせいたします。

最後に、メーカー公式のアップデート内容もご覧ください。PDFです。
https://www.zephyrn.com//data/pdf/201806_CH_HD.pdf

u boyです。

Vivid AudioのG3が入荷しました。
現在はS2シリーズに替わっていますので1世代前のモデルです。

程度は良好です。

ウーファー以外は上位のG1およびG2と同一のものを採用。
一般家庭のリスニングルームではこのサイズがちょうど良いと思います。

同一素材を使ったユニットによる音色の統一感、繋がりの良さ、サイズ以上にスケールの大きい雄大なサウンドです。


u-audio.com/shopdetail/000000005839/

u-boyです。

お問い合わせの多い、Magico A3についての情報です。

当店の展示機は昨日入荷しておりますが、まだお披露目できる状態ではありません。
M3の時もそうですが、鳴らし込みにはそれなりに時間がかかりそうです。

自信をもって聴かせられる状態になりましたらwebへ改めて掲載いたします。

期待してお待ちくださいませ。

Soulnote D-2 x Mutec Ref10

U-boyです。

先日Soulnote D-2を購入されたお客様より10Mクロックの追加注文を頂きました。
Mutec REF10です。


お客様から「取りに行くまで使って構わないよ」と有難いお言葉を頂戴しましたので、店頭のD-2でも使用してみました。


一般的な10Mクロックは50Ω出力が多いですが、この製品は50Ωと75Ωの出力端子をそれぞれ設けています。

また、通常、クロックの空き端子は終端させるべきですが、MutecのREF10は使用しない出力はフロントメニューで簡単にOFFにすることができます。

クロックは寝起きが悪いので、まだまだ本領発揮ではないと思います。
このブログを書いている時点で24時間程度の通電です。

また、クロックケーブルは75Ωのものを使用しています。
Soulnote D-2は50Ω受けですので、その意味でもベストな状態ではありません。


D-2の電源を一度切り、本体背面の端子をinternalからexternalに切り替えるだけです。

昨日よりは明らかに良くなっていますが、まだまだD-2内蔵クロックに対して大きなアドバンテージが出ているとは言えません。可能性は感じる音ですが…。

REF10は比較的手ごろな価格で購入できる10Mだと思います。
ベーシックな部分も良くできています。

50Ω/75Ω出しどちらにも対応していますので、受け側の機器を選ばない点も含めて、最初の10Mとしてお勧めいたします。

U-boyです。

少し時間が経ってしまいましたが、米国Grado社のカートリッジの取り扱いを開始しました。

同社の歴史は非常に古く、MCカートリッジの基本特許(同一のアーマチュアに左右のコイルを巻く)を持っています。

現在は、MCカートリッジを辞めてFB方式に切り替わっています。
受けるイコライザーも含めて、大きな括りでいえばMM型に分類されるのかもしれませんが、コイルも磁石も固定していますので、第3の分類と言えると思います。

この方式は、カンチレバーにコイルもマグネットもついていません。360度どの方向にも同じ条件で溝をトレースが可能です。

代理店の方のご厚意で下は数万円から、トップモデルの135万のモデルまで一通り聴かせて頂く機会がありました。

一通り聴くと同社の特徴も良くわかってきます。

音楽的という表現があっていると思います。
高解像度で厳しい表現をするタイプではなく、ある程度大らかに鳴って、アナログの楽しいところを上手に引き出してくれます。

もちろん、下位モデルと、上級モデルは情報量は違いますが、共通のテイストは感じます。

今回、Fidelixのアンダーハングアームで試聴しましたが、一般のカートリッジと比べるとトラッキングエラーに伴うサーフェースノイズがかなり少ないです。
FB型の特徴でもあるトレース能力の高さに起因するものと考えられます。

一式聴かせていただいた後に、値段のバランスなどを考えて現実的に面白いと思った機種で絞って2回目の試聴をさせていただきました。

現在店頭には4つの機種がございます。
Reference Sonata 2, Reference Master 2, Statement Sonata 2, Statement Master 2

写真はReference Sonata 2を装着したところです。

同タイプの出力レベルの違いも含めて、それぞれの魅力がありますね。
もう少し吟味して何か常設したいと思っています。

U-boyです。

店頭で常設していたFinite Elementeの輸入が途絶えてしまいましたので、新しいラックの導入をしました。
英国ATACAMA(アタカマ)です。

棚板は音響特性においても優れた竹材を使用しています。裏面には共振を避ける目的で幾何学的なデザインの溝が彫られています。

シンプルな重ね置きするタイプの製品です。
棚板サイズが60x40mmおよび60x50mmの2種類。

棚板カラーはナチュラルフィニッシュまたは、ダークフィニッシュ。

支柱サイズは160mm / 210mm / 260mm / 280mmm / BASEの5種類。

支柱カラーはブラック、シルバーです。

棚板と支柱4本のセット販売で、支柱の長さに関わらず価格は同一です。

棚板60×40サイズの場合、定価5万円、60×50サイズの場合は7万円です。
支柱込みの価格ですので、例えば店頭で使用している60×50の3段であれば7万円x3段で21万定価となります。

シンプルなデザインですので、どんな部屋にも合わせやすいと思います。

店頭で実物をご覧いただけます。


u-audio.com/shopdetail/000000005853/