U-BOYです。

DREAMPLAY ONE+専用スタンドとDREAMPLAY DACを期間限定デモ中です。

METRONOME TECHNOLOGIEのイメージ特徴というとやはり回転系が強いイメージがありますが、旭化成のDACを採用しどのような変化になるか、試聴させていただきました。

両モデルとも唯一無二な世界観を持ち合わせており、最近の流行りの傾向とは、大きく違います。

どこまでも抜ける・・・とか、非常にS/N高い・・・といった方向性ではなく、音楽を聞かせるうえで、何が重要かに重点を置いている印象です。

昨今のデジタルプレーヤーでは、表現しづらい力強さとか、音の艶等は、舌を巻く出来栄えです。

特にDREAMPLAY DACは、非常にこだわりを感じます。
DSDまで対応した最新DACチップと、PCM専用のDACチップを用意して任意で切り替えができるほか、アナログステージも真空管とソリッドステートを搭載するという、考えられない物量投入具合です。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006240/

DREAMPLAY ONE側も特別にモデファイされたPhilips CDM12 PROドライブメカニズムを採用した伝統的な設計思想を保ちながらも、それだけではなく、新しいDACを採用するなど新しい技術や音にチャレンジしており非常に好感が持てます。

本体操作は、すべてタッチパネルですが、反応がとてもよく、誤作動は、ほとんどありませんでした。アナログの出力電圧レベルを変更できるのは、非常に興味深く現代機だけでなくヴィンテージ機器への接続も考えられているのと、実際に現代機で聴く際も細かい表情の変化が感じられ、一枚のCDで何度も表情を変えられるのは、うれしい限りです。各種デジタルフィルター設定も簡単に、なおかつリアルタイムに変更できるので、CDを聴きながらお好みのサウンドにチューニングができるのは、遊び心をくすぐられます。ロールオフがシャープだと、現代的な録音に会い、ロールオフがスローだと古いアナログ録音にマッチする傾向がみられました。オーケストラのホールトーンには、特にディレイの設定が効果を発揮し非常に美しい響きが感じられました。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000006238/new_digital/page1/recommend/

是非この機会に愛聴盤をお持ちになりご来店いただき、ご体験くださいませ。

U-BOYです。

Vienna Acoustics限定モデルスピーカーHaydn JUBILEE展示導入致しました。

日本限定数200ペアの本製品は、価格が先に目につきやすいモデルですが、音は非常に端正で伝統的なVienna Acousticサウンドを継承した正統後継モデルといっても過言では、ありません。


こだわりのシルクドーム・ツィーターは、SEAS社との共同開発を行ったJUBILEE 専用のカスタムメイドモデルを使用しております。ウーファーに関しましても3種類の高剛性・超軽量ポリプロピレンを合成した高機能樹脂「X3P」を使用し極めて高い制動性を実現しています。

ネットワークに関しましても、コンデンサーや誤差1%以下の金属皮膜抵抗などから構成され、Peter Ganstererによる妥協無き試聴テストの繰り返しによって定数が決定されました。

試聴した印象は、非常にストレートで上から下までのつながりが非常に自然で、空間表現もとてもナチュラルです。

全体的にすっきりとした印象です。
特にニアフィールドで聴くヴァイオリンやギターの弦は絶品です。かといってオーケストラでの表現に不満があるかといわれたら決してそんなことはなく、空間表現も非常にダイナミックさも素晴らしく必要にして十分なスピーカーだなといった印象です。

惜しむらくは限定200ペアですので、お考えの方は、ぜひお急ぎください。
是非、当店にご来店いただき、実物をご確認ください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006220/

U-BOYです。

新生ロクサンのターンテーブル、Xerxes 20を短期デモ中です。

今回はスタッフの製品評価が目的でお借りしております。短いデモ期間になりますので、ご試聴希望の方は日程を確認ください。

当店は中古の買取、販売もございますので、かつてロクサンの製品は何度か扱っています。

ロクサンの特徴というと、第一にターンテーブルの工作精度の高さが挙げられます。
ゴムベルトを掛けない状態でターンテーブルを回すと、長時間回り続けるのは有名ですね。

最初にターンテーブルを装着するときは、軸が所定の位置に降りるまでかなり時間が掛かります。

今回のXerxes 20もその点は全く変わらず、回転精度の高さもそのままです。
この回転精度は音の安定感にも反映されていて、重心の低いしっかりとした低域が出ます。合わせてフローティング構造特有の解放感も持っています。


トーンアームの新作、ワンポイントタイプのSARAは、従来のロクサンのアームとは異なり、装着したまま高さ調整ができるようになりました。

アームの支点を上部に設置し、レコード盤面に近い高さに支点を置く考えは、ワンポイントアームとしては理想的で、トレース能力も従来のTabrizと比べると大きく向上しています。

今までのアームは、カートリッジ変更時の高さ調整の際は、アームをベースから外して調整する必要がありましたが、今回のモデルは装着したまま調整できますので、非常に便利になりました。

また、オーソドックスな外観とは異なり、各部の振動の逃がし方など、随所でメーカーのノウハウ、こだわりを感じる製品です。

以前のロクサンは陰影感を良く出すというイメージに対して、新生ロクサンはやや明るい音色で、適度なメリハリも感じる音です。

調整の奥深さも含めてアナログの醍醐味を味わえる製品です。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006221/

U-BOYです。

MSBの最新モデル、Discrete DACを期間限定でデモしております。

150-200万の価格帯は、当店で常設しているMerging – NADACやCHORD – DAVEの他、Weiss – DAC502にdCS – Bartokなど注目商品が多い今一番熱いゾーンです。

今回デモするMSBもこの価格帯の製品です。

MSBの最大の特徴は多くのDACチップが採用するΔΣ(デルタ・シグマ)方式ではなく、独自のディスクリート・サインマグニチュード・ラダーDACを採用しています。

現在のトレンドである、高解像度ワイドレンジのすっきりしたサウンドと比べると、音の濃さやエネルギー感のある方向性です。

また、スペックとしては現実的なフォーマットは全て網羅。
DSD256およびMQAまで対応しています。

オプションボードでUSB入力、イーサネットボードもございますので、用途に合わせた拡張も可能です。

デモ機はUSBとイーサネットボードの両方が装着されていますので、店頭では幾つかの方法で実験してみました。

イーサネットボードの使用例

Discrete DACをネットワークプレーヤーとして使用

ネットワークプレーヤーの場合、操作性として大きく分けるとOpenHomeに対応したものとそうでないものがございます。

Discrete DACはOpneHomeのアプリであるLinn KazooとLuminのアプリで操作可能でしたが、ストリーミングサービスのTidalやQobuzの操作はできませんでした。厳密にはOpenHome対応モデルではありません。

対応モデルの場合は画像赤枠囲った部分にストリーミングサービスのアイコンが表示されます。

海外の多くのネットワークプレーヤーはOpneHomeに対して積極的ではないものが多く、アプリとしてはmconnectがスタンダードになっています。mconnectを使用すれば、ストリーミングサービスのご利用も可能です。

また、日本製のアプリ、FidataはOpneHome対応、非対応機どちらでも操作できますので便利です。
(こちらはストリーミングサービスには対応していません。)

Discrete DACをRoon Readyとして使用
Discrete DACはイーサネットケーブル経由でRoon Readyとして再生可能です。

Roon CoreはNADAC Player内蔵の物を使用しています。
DSD256およびMQAも問題無く再生できました。

圧倒的な差があるわけではありませんが、当店の環境ではこの再生方法が一番好ましく感じました。
鮮度感や空間の広がりもネットワークプレーヤーとして使うよりも向上しました。

USB入力の使用例
オーディオ用NAS、DELAからUSBで直結する方法と、ESOTERICのネットワークトランスポートN-03Tを使っても比較してみました。

USB入力はDoPだとDSD128までの対応となります。
マーカーレス再生できるDELA直結だとDSD256の再生を行うことができました。

N-03Tは現時点ではDoP出力のみのため、DSD128までの再生です。

ROONからUSBで繋いだ場合は、ROON側の設定でDSDをネイティブで出力が可能です。この場合はDSD256の再生が可能です。

このようにDiscrete DACは多様な再生方法に対応しています。

お客様のPCのスキル、使い方など用途に合わせた使い方も提案させて頂きます。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006212/

U-BOYです。

STROMTANKのバッテリー駆動クリーン電源S2500を期間限定展示中です。

S2500は2500Whの容量を持つリチウムイオンバッテリーです。

汚染された家庭内の電源網からシステムを完全に切り離すことで、家電から発生するノイズの影響を徹底排除します。

上位クラスS5000と同様のアクティブフィルタを備えており、電圧に対し同位相の正弦波を取り出します。

充電後は長時間の連続運転が可能となっており、バッテリー残量が低下しても自動的に充電モードに切り替わるため、音楽を中断することなくお楽しみいただけます。

再充電は6000回以上可能。長期間にわたりご愛用頂けるバッテリー駆動のクリーン電源です。

試聴した印象は、一聴して情報量があがり、”コク”のような部分がました感じです。

広がり感も増して、非常に驚かされました。

バッテリー特有のひ弱な感じが全くなく、クリーン電源にありがちな嫌な感じがなく、これだけ良いことづくめのクリーン電源も非常に珍しいなといった印象でした。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006214/

是非、当店で実物をご確認いただき、ご体験ください。

U-BOYです。

お客様からご注文いただいたアナログシステムを、納品前に仮組みしましたので紹介させていただきます。

純正システムといえるほど美しい組合わせです。

お客様の求めている音質、サイズ感(あまり巨大にならないように)、調整のしやすさなどを考慮し、何パターンか組み合わせを提案させて頂き、今回のシステムとなりました。


純正システムと間違えそうなほど、しっくりときました。

プレーヤー clearaudio / Ovation
トーンアーム Reed / 3P マットゴールド仕上げ
カートリッジ LYRA / KLEOS
イコライザー Boulder / 508
等々…。

clearaudio Ovationの高い制振性からくるクッキリとした力強い音に、Reedのトーンアーム、ボルダーのイコライザーで少し手綱を緩めて音楽的な表現を狙いました。


今回、アームベースはクリアオーディオ側に依頼しました。


カートリッジは国産の雄、LYRA KLEOSです。
Reedのアームは専用ジグもありますのでアームの取り付けからオーバーハングの調整までシステマチックに簡単かつ正確に行うことができます。


高さやアジマスの調整も簡単に行うことが可能です。
ヘッドシェル部分が水平ですので、クリアオーディオ社のミニ水準器を使用して調整しました。
Reed 3Pはレコードを掛けながらVTA、アンチスケーティング、アジマスの調整も可能です。


フォノケーブルはDIN ストレートタイプ。

米ノードストを選びました。ボルダーのイコライザーはXLR入力専用ですので、DINストレートからXLRの特注ケーブルです。

納品前の軽い音出しですが、イメージした通りの音が出ています。
これからエージングでもっと良くなると思います。

アナログはなかなか希望の組み合わせでピンポイントでご試聴いただくのが難しいですが、できる限りご希望に沿った提案をさせていただきます。

お気軽にご相談ください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006209/

U-Boyです。

米コンストレーションオーディオのモノラルパワーアンプ、MONO1.0処分品のご案内です。

適度な力感と品の良さを併せ持ち、聴かせ方のうまいアンプだと思います。

低域は引き締めるよりは、ややゆったり目で量感を出すタイプです。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006211/

U-BOYです。

ESOTERICのGrandiosoシリーズ初の一体型SACDプレーヤーGrandioso K1Xが近日入荷予定です。

香港ショーで発表されたばかりのGrandioso K1Xが近日入荷予定です。

上位クラスP1Xで採用された『VRDS-ATLAS』とD1Xで開発されたエッセンスを凝縮した『Master Sound Discrete DAC』等、非常に興味深い逸品です。ご期待ください。


https://www.u-audio.com/shopdetail/000000006208/

試聴やスペック、価格等につきましては、ぜひお問い合わせください。

U-BOYです。

Audio Quest のスピーカーケーブルWilliam Tell ZEROが販売開始されました。

店頭でデモする機会がございましたので紹介します。

William Tell ZEROはZEROインピーダンステクノロジー、
ZEROはフルレンジ(高域専用も可)ケーブル+BASSケーブルとの選択でバイワイヤーケーブルの組み合わせ、またはZEROはフルレンジケーブル単体で使用可能。

導体(13AWG) ZERO(フルレンジまたは高域専用):PSC⁺ 6本

非常にきれいなピラミッドバランスで背景のS/Nも高く、ダイナミックレンジが非常に広く感じられます。ピアノのソースでも空間に広がっていく一音一音の分離感や胴なりが非常に特徴的に表現されておりこのクラスでは、なかなか味わうことのできない表現が明確にされており関心させられます。

生では、味わえないオーディオ的な魅力を存分に表現してくれる秀逸な逸品です。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006201/

是非、当店にご相談ください。

U-BOYです。

NordostのUSBケーブル Valhalla2 USB 2.0を久しぶりにデモしております。

Valhalla2 USB 2.0は、他の機種と同様に、2軸ジオメトリ構造を導入しています。
このレイアウトにより、標準のツイストペア構造くらべて、2本の信号線を平行に配線できるため、信号経路が短くなり、転送速度をが大幅に向上させることに成功しました。

2軸設計のもう1つの利点は、ケーブルの電源(プラス)とアース(マイナス)のレックを信号と分離し、有害な干渉の影響を最小限に抑えることができることです。

Valhalla 2 USB 2.0は、各電源レッグを細かく編まれた銀色のシールドで覆い、両方の信号線を独自の編組された銀色のシールドで囲むことによって、信号線を絶縁するという予防策を講じています。

各シールドは金属メッキされたバックシェルに接続されているため、ケーブルからEMIやRFIの影響を完全に排除し、ノイズ量を大幅に減らすことに成功しました。

導体は、4本の19 AWGソリッドコア、銀メッキ銅導体を使用して構成されており電源と信号の両方の各導体は、Nordostの独自のDual Mono-Filament技術で吊り下げられており、柔軟性を維持しながら、誘電減衰と機械的減衰を高めています。

Nordostのユニークな吊り下げ構造は、内部のマイクロフォニックノイズや高周波インピーダンス共鳴を減らす方向にも有効に動作します。

試聴した印象は、非常に驚かされます。
一音一音のスピード速さ、正確さは、見事の一言です。
空間の広さ、情報量の多さは当然のこととして、にもかかわらず、余韻の美しさは、他の追随を許しません。

本ケーブルを聴くまでは、とても高いグレードで再生されていたと思っていたものに、本ケーブルで再生した瞬間にまだこんな情報が残っていたのか!、S/Nはこんなにも改善するのか!

と本当に驚かされます。

当店のベストセラーUSBケーブルとしては、オルフェウス社のKhloe USB2.0がございます。

本数ベースで当店で一番売れたケーブルです。30本くらいは販売していると思いますがが、何名かのお客様は、Valhalla2にアップグレードされています。

もちろん、価格レンジが異なりますので単純な比較はできませんが、USBオーディオを極めたい方には最良の選択肢の1つとなると思います。


www.u-audio.com/shopdetail/000000005858/

是非、ご来店いただき、実物をご確認ください。