dCS Bartok DAC

U-BOYです。

先日dCSの新製品、Bartok DACを短期デモしましたので紹介します。

同モデルはプラス30万円でヘッドフォンアンプを搭載したモデルもございます。

こちらも評判が高いそうですが、デモはヘッドフォンアンプ無しの仕様でで聴いています

PCからのUSB接続に加えて、イーサネット接続によるUpNPネットワークプレーヤーに加えてRoonReadyとしても機能します。

DSD128まで、MQAにはフルデコード対応しています。
もちろん、同社のSACDトランスポートからDSD信号をデコードすることも可能です。

AirPlayやSpotify Connectにも対応。


専用のdCS Mosaic Controlアプリ(無料)は、入力の切り替え、ゲインやフェイズの設定など、本体のメニュー画面からできることはアプリで操作可能です。

現在の状態一覧が確認できるは便利です。

また、UPnPコントローラーとしても機能しますので、ネットワークプレーヤーのリモコンとしても使用できます。

dCSはOpenHomeには対応していませんので、いわゆる定番のLinn KazooやLuminで操作することはできません。

ネットワークプレーヤーのリモコンとしての操作性はまだ改善が必要だと感じます。

Tidalなどのストリーミングが必要ない方はFidataのアプリが良いと思います。

Roon Readyにも対応しています。当店ではUPnPによるネットワーク再生よりもRoonをお勧めしています。

一概にどちらの音が良いか決めるのは難しいですが、操作性やストリーミングサービスとの連動性は素晴らしいです。

機能としてはDSD256には非対応ですが、ほぼ完全武装といえます。

とは言え、このクラスにユーザーが一番求めるのは音質部分だと思います。

150-250万クラスの製品は、Merging – NADAC、CHORD – DAVE、MSB – Discrete DAC、Meridian – Ultra DAC、Playbac Designs – MPD8、LINN – KLIMAX DSMなど魅力的な商品が多数ございます。

Bartok DACはそれらの製品と比較すると、(基本的クオリティーがある前提で)適度な中低域の厚みがあり、神経質にならずに安心して音楽に身を委ねられるタイプでしょうか。

ゲインの設定やアップコンバート(DXD or DSD)、フィルターカーブなどで好みの音作りをすることが可能です。

また、将来的にファームウェアのアップデートにより機能の追加、音質の向上が図れる点も同社の強みです。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006403/

CH Precision I1

U-BOYです。

CH Precisionのプリメインアンプ、I1の紹介です。

日本にはあまり導入されませんが、海外だとハイエンド・プリメインアンプというカテゴリーが存在します。

省スペースで高品位な再生をしたいという需要があるからでしょう。

このI1は同社のC1とA1をワンパッケージにしたコンセプトモデルですので、価格もある程度想像できると思います。

一体型としては最高級ともいえる480万(税別)です。

C1は”D/Aコントローラー”という名称が付けられているとおり、単純なDACにとどまらず、ハイブリッド・デジタル・アナログボリュームコントロールを搭載し、高品位なプリアンプとして機能します。

PCMは44.1系は352.8kHzに48系は384kHzにアップコンバート、DSDは高周波ノイズを取り除くためにPCM352.8kHzに変換して再生されます。
すべての信号をPCMに変換する考え方は他のモデルと同様です。


また、オプションボードで拡張できるのが同社の強みの1つですが、このI1には既に最新のHDボード、RoonReadyやMQAにも対応済みのEthernet Streaming HD Board、アナログ入力ボードをビルトインしています。


Roonでのコントール画面。96kHz信号がハードウェア側で384kHzにアップコンバートされているのが分かります。


同じくイーサネットボードによるUPnP再生。OpneHomeには非対応なので、Fidataのアプリで動かしています。

アンプ部は、ゲイン設定はできませんが、ネガティブ・フィードバック値を可変できるあたりは他のパワーアンプと同様です。

デジタル系が最新ボードに換装されている強みもあると思いますが、さすがにその辺のセパレートアンプを凌駕するクオリティーを持っています。

店頭では同社D1からHDリンク接続、イーサネットでRoonReadyいずれでもご試聴可能です。

メーカーデモ機につき、1点のみ特別価格でご提供します。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006393/

U-BOYです。

「オーディオアクセサリー銘機賞2020」の「グランプリ」に輝いた。

CHORD COMPANY社 Ground ARAY シリーズ各種 ご予約絶賛受付中です。

 

コードカンパニーは長年にわたり、高周波ノイズの研究を進めてきました。同社の研究によるよると、近年、高周波数ノイズの発生数が増えており、それが原因により音楽信号に大きな歪みを引き起こし、音楽情報を損傷する事例が多発していることが、明らかになってきました。高周波ノイズの発生源は、外来ノイズだけではなく、オーディオ機器の内部にも存在し、しかもそれが自身だけでなく他の機器にも電源やアースを介して互いに影響を与えてしまっていることがわかってきました。

それらのノイズを取り除くために、この度、同社の独自技術であるチューンドアレイを組み込んだ、Ground ARAY と呼ばれるノイズ吸収プラグを新たに開発いたしました。本製品は、アースライン上に発生している高周波ノイズを吸収し、熱に変換を行うことで、高周波数ノイズによる音楽情報の損傷を防ごうというものです。使用方法は簡単で、機器の空き端子に装着するのみです。

ラインナップは

 

その他、HDMI、USB-AとBNC仕様も含めた7種類となります。

当店は、環境がオフィスビルなため、高周波数ノイズの影響に悩まされていました。

サンプル版では、かなりの効果が見込めましたので、当店でも製品版が出るのを楽しみに待っております。

 

詳細をお知りになられたい方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000006390/010/P/page1/recommend/

 

先日、一足お先にお問い合わせページを作成いたしましたところ、すでに予想を上回るお問い合わせをいただきました。誠にありがとうございます。本商品、品薄が予想されますので、ご予約、お問い合わせは、お早目にお願い致します。

 

 

U-BOYです。

当店で展示導入致しました、MAGICO A1を様々なアンプで試聴をしたのですが、意外な組み合わせがベストマッチだったので、ご紹介いたします。

MAGICO A1は、外観のイメージからいかにもオーディオ的なビビットの音が出るイメージがありますが、よく聞くと決してそれだけではなく空間表現に優れた端正なスピーカーであることがわかります。

ただスピーカーの能力を引き出すのにアンプの能力が問われるので、当初はどんなアンプの組み合わせが良いのか悩んでいました。

実は組み合わせの候補の中で、Fundamentalは候補に上がっていませんでした。A1の感度やインピーダンスから出力が高い馬力重視のアンプが合うと思いこんでいたのです。

Fundamentalは決して力のないアンプではないのですが、”パワー感”とは違った部分に良さがあるアンプだと思っていました。

ところが試しにFundamentalのメインアンプMA10とパッシブアッテネーター ATT10をつなげてみると、音が出た瞬間に驚きました。

以前からFundamentalの組み合わせは派手ではなく、弱音部表現の丁寧さに目を見張るものがあったのですが、特にMAGICO A1との組み合わせではキメ細かい表現が顕著になり、他のスピーカーでは感じられない空間の広さ、そしてその広がり方の自然さに驚きました。

雑味が無くS/Nも良いのですが、“如何にも~”感はなく、とても丁寧で端正に音楽が表現されていること、低域も必要以上に強調されず、さりとて量感は必要十分でほしい分だけ表現してくれる。

細かい音やニュアンスもよく描きわけており、それでいてうるさくなりません。特に奥行き方向への展開の深さ、上下左右もこのサイズのスピーカーとは思えない広がりをみせ、組み合わせの妙といったものも感じさせ、まさにウェルバランスの見本のような再生表現でした。

 

試聴では、当店にあるスタンドを使用いたしましたが、専用スタンドも入荷しましたので近日写真をアップいたします。

是非当店にご来店いただき、実際に商品をご体験ください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006363/

U-BOYです。

イタリアのMUSIC TOOLS(ミュージック・ツールズ)のオーディオラック、ISOsquare Glassを展示導入しました。

MUSIC TOOLSのラックといえばガラス製のイメージが強いです。日本の要請で新商品を作ったようです。

また、従来は3本脚仕様でした。

3本脚の場合、後ろの脚が中央に位置するため、ケーブルと干渉してしまうケースが良くありましたが、4本脚としてリニューアルしています。

今まで通り、上に重ねて設置するタイプです。

設置スペースの兼ね合いもあり、パワーアンプの置台として1段だけ導入しました。

ガラスというと、強度面や、固有の鳴きを気にする方もいるかもしれませんが、徹底して制振する思想で、いやな響きはありません。

脚の長さで価格は変わりません。
1段あたり定価14万円(税別)です。

木製ラックとは異なる、適度にダンピングの利いた、引き締まった音です。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006327/

U-BOYです。

先日、DELAから第3世代のモデルが発表されました。

短期でNA1-S20とスイッチングハブのS100をお借りしています。

発表されたNASは大きく分けるとフルサイズのN1Aシリーズ、フラグシップモデルのN1Zシリーズがございます。

N1Aシリーズは下記3モデル(それぞれシルバー/ブラック有り)
N1A/3-H30 (3.5インチ3TB HDD x 1) 定価180,000円
N1A/3-H60 (3.5インチ3TB HDD x 2) 定価240,000円
N1A/3-S20 (2.5インチ2TB SSD x 1) 定価240,000円

N1Zシリーズは下記3モデル(それぞれシルバー/ブラック有り)
N1Z/3-H60 (2.5インチ 3TB HDD x 2) 定価520,000円
N1Z/3-S20 (2.5インチ 2TB SSD x 1) 定価750,000円
N1Z/3-S40 (2.5インチ 2TB SSD x 2) 定価850,000円

メーカーの方の話では、CPUやメモリ、いわゆるPCスペック的なものは変わっていないそうです。

ストレージはHDDモデルが3TB、SSDは2TBがベースになっているのが大きな違いです。

また、N1Aに待望のSSDモデルが登場しました。

こちらは戦略モデルになっているそうで、想定よりも反響が多く早くも品切れになっています。
当店もSSDモデルをオーダーしていますが、まだ店頭には入荷しておりません…。

従来のモデルのファームウェアは3.xx台でしたが、この第3世代は4.xx台からスタートします。
OSは一新されていて、今後4.xx台でしか使用できない機能も搭載されていくそうです。

旧モデルをご使用の方は有償でアップデートも可能ですが、今後の新規機能を確認してからでも良いと思います。

現在、短期でN1A/3-S20 (2.5インチ2TB SSD x 1 定価240,000円)を借りてデモしています。

このモデルは展示発注済みですので、後ほど常設いたします。

現時点では大きな違いは感じませんが、ディスプレイが大きく見やすくなりました。

少しマニアックなところでは、トンキーサーバー(メディアサーバー)を停止する機能が追加されています。

個人的にはかなり昔にリクエストした機能だったので嬉しいです。
従来はファイル共有機能(SMB)しかオフにできませんでした。

メディアサーバーはそれなりにPCに負荷がかかりますので、Roonのストレージに使っているなど、メディアサーバーが不要な方も割といらっしゃると思います。

また、以前のシリーズはフォルダの一番上の階層がShareとなっていましたが、Internalに変わっています。

Roonでマウントする時は注意が必要です。

既にオーディオ用NASとして至れり尽くせりの仕様だと思いますが、今後のさらなる新機能に期待したいです。

スイッチングハブS100は新規で基板から作っているそうです。

100Mbpsポートを4ポート、1000Mbps ポートを4ポート、SFP(光ファイバー等に対応した小型汎用)ポートを2ポート搭載。

各ポートの状態表示LEDは明滅の影響を排除するためワンタッチで消灯可能です。ほか、電源部にはN1/3同様の大容量コンデンサバンク基板を搭載しているほか、シャーシには2mm厚の鋼鈑を採用。

スイッチングハブもテレガードナー、SOtMをはじめ、各社色々なモデルが出てきました。

ストリーミングも含めたネットワークオーディオで考えた場合、スイッチングハブの性能は音質に大きく影響します。

当店で常用しているバッファローのBSL-WS-G2108M/A(QoSなど各種設定済み)と比較してみました。

分かりやすいように、スイッチングハブにはRoonCoreを搭載しているNADAC Playerだけを接続し、交互にTidalやQobuzのストリーミング音源で比較しています。

バッファローモデルと比べると、高さ方向などの空間の広さと、音の鮮度感の違いが良く分かります。

設置スペースの関係で写真のようにNASに載せているような状況ですので、まだまだ伸びしろはあると思います。

付属の電源は12V4A センタープラス2.1mmですので、これを良質なリニア電源に替えても面白そうです。

U-BOYです。

11月12日にDEVIALETチームが来店されました。

新生DEVIALET Expert Proシリーズの中でもトップエンドのExpert Pro1000を試聴させていただきました。MAGICOのM2やWilsonAUDIOのSASHA DAWがいとも簡単に鳴ってしまう姿に、非常に驚かされました。

実際の音は・・・
是非当店にお問い合わせください。

SAMのデータが足りないとのことで、当店に展示しているスピーカーの中で、主力スピーカーの測定を実際にその場でしていていただきました。

MAGICO – M3、M2、lumen white – Kyara、Sonus Faber  – ELECTA AMATORIII、BOENICKE audio-W5 Standard など多くのスピーカーを計測していただきました。

実際に計測しているところを見させて頂きましたが、周波数計測に関してマイクで測定するわけではなく、テスト信号を鳴らしながらレーザーでユニットの振幅を測り、それを独自のソフトで解析します。

無響室など必要なく、外部の騒音などの影響をど受けないで測定できるそうです。

当店が以前デモしていたモデルから、ハードウェアも進化しています。

イーサネット接続でRoonReadyおよび、UpNPに対応したネットワークプレーヤーとしても動作します。

また、スピーカーの低域再現を改善する上記SAMとは別に、任意のMC/MMカートリッジに最適化させるモードも追加されています。

USB、イーサネット、ワイヤレスを含む各種デジタル入力、フォノ入力も含めたアナログ入力を備えていますので、お気に入りのソースとスピーカーさえあればシステムが完結していまうのが最大のメリットだと思います。

後日展示しますので期待してください。

U-BOYです。

今季大注目のMagicoブックシェルフスピーカーA1 が、本日当店に到着しました。


税別定価¥900,000-

妥協なき設計で知られるマジコの世界戦略モデル第一弾であるA-3は、マジコの上級ラインナップの良さを上手に反映させコストダウンを図ったモデルとして話題でしたが、今度はダウンサイジングしマジコとしてはQ1以来となる久しぶりのブックシェルフモデルです。

A3同様、世界的オーダーが見込まれ納期に時間を要すこことが見込まれます。

実機は、本日から常設を開始し始めました。現在エージング中ですが、非常に素性が良い感じがしています。価格や詳細等ご不明な点は、是非当店サイトからお問い合わせください。

本国サイト: https://magico.net/Marketing/Press_Release_A1.php

 

なお当店ではMAGICO A3、M2、M3も常設しております。
こちらもご興味のある方はぜひお問い合わせ下さい。

 

U-BOYです。

SOULNOTEのSACDプレーヤーS-3が発表されました。

メカニズムは、D&M製SACDメカニズムを採用し、DACチップにはES9038PROを片チャンネル2個、合計4個採用、クロックには、45fsを誇る究極の低ジッターDDS LMX2594から出力されるマスタークロックでDACから SACDメカまで完全同期するとのこと、まさにデジタル部は一部の隙も無い、物量投入具合です。

アナログ回路には、新開発の無帰還回路「Type-R Circuit」を採用し、高周波用バイポーラトランジスタ4個と抵抗8本のみで構成される 完全バランス電圧増幅回路を採用とのこと、アナログ部のこだわりからも非常に期待が持てます。

まだ、実機を触っていませんので、今回はカタログスペックでのご案内ですが、非常に期待が持てる製品ではないかと個人的にも今から楽しみにしています。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006337/

当店で予約も受付中です。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせをお待ちしております。

U-BOYです。

オランダ、グリムオーディオのCC1MKIIをお借りしています。

代理店が変わり、商品も、MKIIとしてバージョンアップされています。

Grimm Audio は、オランダの有名な4人のオーディオ技術者、Bruno Putzeys, Guido Tent, Peter van Willenswaard そして Eelco Grimmによって設立されたオーディオ機器ブランドです。Mastering Lab等の各国有名スタジオで採用されていたりと信頼性、実績ともに十分なブランドです。

試聴させていただいた感想は、オーソドックスなクロックにも関わらず、機能も多岐にわたり、非常に興味深いクロックだなと感じました。

操作性も非常にわかりやすくこの価格で、なかなかこれだけの変化量を出せるクロックは、ないので貴重な存在です。

本機は、さまざまな機能があり、その考え方もとてもユニークです。例えば、クロック側をスレイブにしてのジッター・リダクションモードなど、ほかのモデルにはない機能もあり遊びがいもあります。クロック周波数事態も2倍、4倍への変更も可能で、その音の変化も非常に聴きごたえがあります。

実際の音ですが、全帯域通してきめが細かくなる印象です。2倍、4倍モードでは、特にきめの細かさが増すのと、空間の密度感が増した印象になります。クロックジェネレーター特有の”いかにも”な感じが無く、とても自然な印象です。必ずしも4倍が圧倒的に良いというわけではなく、お好みによって使い分けするのも面白いと感じました。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006318/

是非、ご来店いただき実際に製品をご体験くださいませ。

お問い合わせをお待ちしております。