JODELICA TUNING STAND

U-Boyです。

JODELICA TUNING STANDを買取しました。

積極的に鳴らすタイプのスピーカースタンドです。

当店でも新品を常設しております。

現在は、ATC / New SCM7や、VIENNA ACOUSTICS / HAYDN GRAND SE等を載せて鳴らしています。耐荷重10kgですので、B&W 805など、重量のあるスピーカーには向きません。

低域の量感は控えめですが、空間が広く、音が良くほぐれます。いわゆるスピーカーが消える鳴り方を得意とします。

0000000054632
www.u-audio.com/shopdetail/000000005463/

THIEL / CS2.3AW

U-Boyです。

米THIELのCS2.3が入荷しました。

かつては3次元的な空間表現型のスピーカーとして、AVALON、WILSON AUDIOと並び米国を代表するハイエンドブランドでした。

日本でもCS2.3は相当数売れています。

サイズも手ごろですし、セッティングに敏感に反応するスピーカーですので、オーディオの醍醐味が味わえる、やりがいのあるモデルだと思います。

現在は、普及価格帯のモデルにシフトしてしまい、日本国内での販売はされていません。
旧代理店アクシスでも正式なサポートは終了しています。

不具合のあった場合の修理は一般のスピーカー修理業者に依頼する形になります。こちらでもご案内可能です。

0000000054572
www.u-audio.com/shopdetail/000000005457/

AMPHION / PHONO3

U-Boyです。

アンフィオンのフォノイコライザーが入荷しました。

PHONO3は当店でもリファレンスとして使用していたイコライザーです。伸びやかでアナログの楽しさを上手く伝える、センスの良いフォノイコライザーです。

LYRAはもちろん、現代的な解像度の高いカートリッジと相性抜群です。

0000000054642
www.u-audio.com/shopdetail/000000005464/

U-boyです。

先日のイベントでも大変好評だった、DS Audioの第二世代光カートリッジ、DS002を常設しました。
当店ではDS001も展示しておりましたが、DS002になり音質及び使いやすさがより向上しています。

ds002_fidelix

光カートリッジの持ち味である鮮度の高さ、明瞭な低域の再現性を生かすために、トーンアームは、Fidelixの0 SideForceを選びました。

このアームは、トラッキングエラーよりもインサイドフォースの方が音質に悪影響を及ぼすという観点から製作されたユニークな製品です。実際に低域の明瞭度は高いですし、内周部での歪み感も非常に少ない製品です。

プレーヤーは実際にいくつか繋いで実験したところ、ドイツのAcoustic Solidに落ち着きました。
ガチガチのターンテーブルよりも適度にうたうアクリル製が相性が良いと感じました。

ds002_fidelix2

まるで純正の組み合わせのように違和感無いおさまりです。

昨今、アナログ製品は超高級品と、入門機の2極化が顕著です。
その点でもこのDS002とFidelix、Acoustic Solidの組み合わせは、音質、見た目、価格のバランスが良く、自信を持ってお勧めします。

Fidelixはユニバーサルタイプですので、一般的なMCカートリッジとの比較もできるようにしています。

Solid111 with 0 SideForce / Acoustic Solid
0000000054182
www.u-audio.com/shopdetail/000000005418/

DS002 光カートリッジ専用イコライザーセット
0000000054312
www.u-audio.com/shopdetail/000000005431/

是非、店頭でご試聴ください!

u-boyです。

4/24~26および、4/30~5/1にかけて、弊社webサイトおよびメールサーバーの不具合がございました。

該当期間中にメールでお問い合わせされて、こちらからの返信が無い場合は、お手数ですが再度ご連絡いただけますでしょうか。

現在はu-audio.comおよび、kaitori.u-audio.comどちらも復旧しております。

U-Boyです。

米Constellation Audioのプリ&パワーをデモ中です。
constellation

今回は同社では末弟にあたる、PREAMP 1.0 & STEREO 1.0のセットです。

早速店頭で、MAGICO M3およびQ1で鳴らしていますが、空間も広く、適度な力感と品の良さを感じるアンプです。
当初はM3には力不足かと思いましたが、十分駆動できました。

Ayre、Viola、Spectralなど他の米国製品と共通するテイストもありますし、突き抜けた個性があるわけでは無いですが、バランスが良く聴かせどころが上手なアンプという印象です。

接続は同社推奨のコンステレーション・ダイレクト接続にしています。

通常のバランス接続に対して品が良く丁寧な音作りになります。システムによっては通常のバランス接続のほうが好ましい場合もあると思います。

プリアンプ PREAMP 1.0 定価¥1,600,000-
preamp1-0

パワーアンプ STEREO 1.0 定価¥1,760,000-
stereo1-0

ORPHEUS / FOUR

U-Boyです。

スイス、Orpheus(オルフェウス)社のプリメインアンプが入荷しました。

初期のゴールドムンド同様、1Uサイズの同製品は、初期ゴールドムンドの設計に携わったメンバーが設計しています。

音質もゴールドムンドに通じるクリアーな音です。品の良さがあるゴールドムンドに対して、もう少しストレートで力強いイメージでしょうか。

元々リモコンは別売りで、当個体には付属されていません。新品で販売も可能ですので別途ご相談下さい。

0000000053952
www.u-audio.com/shopdetail/000000005395/

U-Boyです。
イベントのご案内です。

2回目のイベントはPSオーディオの試聴会です。

新製品のユニバーサルトランスポート、PerfectWave Transportの発売を記念し、PSオーディオフルラインナップのデモを行います。

日時: 3/25(土)
1部 13時開場 13時30分開演
2部 15時開場 15時30分開演
講師: 小原 由夫 氏 氏
場所: U-AUDIO店舗(神田神保町)

ps_event

要予約制です。
お申込み締め切り3月17日まで

応募者多数の場合は抽選となります。
3月18日以降に当落通知のメールをお送りいたします。

イベントの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.u-audio.com/html/page101.html

OPPO BDP-105D JAPAN LIMITED

U-Boyです。

OPPOのユニバーサルプレーヤーが入荷しました。ブルーレイ、DVD、SACD、DVD-A、CDと幅広く対応します。

ネットワークプレーヤー、USB-DACとしての機能も充実していますので、これ1台あると色々と便利ですね。
ハイエンドユーザーの方でも、サブとしてお持ちの方も多いようです。

日本限定の特別仕様は、筐体やドライブに強化パーツを追加して振動対策を徹底したこと、旭化成せんい製のノイズ抑制素材「PULSHUT」を採用した電磁波対策、USB-DACでのDSD11.2MHz対応などがあげられます。

0000000053902
www.u-audio.com/shopdetail/000000005390/