U-Boyです。

CH PrecisionのD/Aコンバーター、C1が入荷しました。
C1は様々なオプションボードが存在し、同社の中でももっとも拡張性の高い製品です。

今回入荷分には、USBボードがついています。
また、標準で高精度なボリュームも搭載していますので、パワーアンプに直結することも可能です。

設定によりDACモード(固定ボリューム)にすることも可能です。
キメが細かく広い空間再現は、現代のハイエンドDACを代表する1台です。
ファームウェアのアップデートもダウンロードしたファイルをUSBに入れるころで、ユーザー側で対応可能です。

同社のディスクプレーヤー、D1とは専用リンクケーブルを使うことでSACDのデジタル伝送も可能です。

0000000053682
www.u-audio.com/shopdetail/000000005368/

U-BOYです。

久しぶりにYGのCarmel2をお借りしています。
~2/10(金)までデモ予定です。

恵比寿時代に何度かデモしていますが、神保町に移ってからは初のデモです。
デモ機のエージングが進んだのか、視聴室の環境の違いからか、以前よりも朗々と鳴っています。

ユニット間の繋がり、解像度やレスポンスの速さ、SN等は、現代スピーカーの中でも屈指のメーカーです。
部屋の環境を受け難く、どんな設置環境でも一定以上のクオリティーで鳴るのは、YGのメリットの1つです。

常設しているMagico Q1、B&W 802D3との比較も可能です。

carmel2
www.u-audio.com/shopdetail/000000004635/

U-Boyです。

メーカーデモ機処分のご案内です。
米国Berkeley Audio Design社のAlpha DAC Referenceです。

下位モデルのAlpha DACは当店でも何度か取り扱ったことがございますが、上位モデルのAlpha DAC ReferenceもPCMオンリーという思想は同様です。
USB入力もありませんので、PCオーディオの方は別途D/Dコンバーターをご用意ください。

評価の高いPacific Microsonics(パシフィック・マイクロソニックス)の業務用HDCD DA/AD コンバーター「Model Two」。同社出身の3人のエンジニアによって設立されたのが、このBerkeley Audio Designです。

もちろんHDCDデコーディングが可能です。Pacific MicrosonicsのPMD-100とPMD-200をシュミレートしたフィルターを含む4つのデジタルフィルターを選択可能。

フィルターの選択により積極的に音を変えることができます。
濃い口で独自の音色で聴かせる部分もあるDACだと思います。

昨今のデジタル機器が薄っぺらくてつまらなく感じる方、CD音源を最良の状態で聴きたい方にお勧めです。

0000000053662
www.u-audio.com/shopdetail/000000005366/

ご視聴可能です。

Ayreから待望の新製品が登場です。

QX-5 Twentyは最新のESS9038Proを搭載。
USB入力の他、イーサネット入力、2系統のAES/EBU、3系統のS/PDIF(同軸)、さらに3系統のトスリンクの計10系統。

イーサネット入力は従来のUPnPと、Roonに対応したRoon Ready機能を搭載。

昨今のデジタルソースを網羅しています。

ayre_qx-5

店頭ではまだRoonの再生環境を用意しておりませんので、USB-DACとUPnPにて検証してみました。

紹介が遅れていますが、NASはDELAの新型(N1A/2)を使用しています。こちらも後ほど紹介します!

当店の環境では、UPnPの方がゲインが高く太い音ですが、比較すると音がほぐれずに、細部の表現力はUSBに劣る印象でした。

UPnPのクライアントソフトはmconnectを使ってみました。最近はこのソフトを推奨するハードメーカーが増えた気がします。
mconnect

USB接続は、DELAからの直結モードではなく、別のPCを介して行いました。

USBのほうがSNが高く細部の表現力が高い傾向です。

QX-5 Twentyの定価は128万(税別)です。

直近のQB9 DSDはクッキリ系で強い音でしたが、このQX-5 Twentyはもっと落ち着いたしなやかな方向に変わりました。

空間は広く、特に奥行き方向に展開するイメージを受けました。強弱の弱音を丁寧に拾い上げるような音です。独自のデジタルフィルタリング処理が上手く効いている印象です。

メーカーサイト: QX-5 Twenty

以前にフラグシップモデルのUltra DACを紹介しました。
http://kaitori.u-audio.com/blog/ultra-dac/

現在は弟機の818v3をデモ中です。

こちらも新製品です。
818v3は型番が示す通り、従来のトップモデルである800シリーズの最新型DACです。

こちらは、プリアンプ機能を搭載し、パワーアンプに直結することが可能です。
もちろん、同社のスピーカーとは専用リンクケーブルで接続できます。

USB入力はPCMは192K、DSD64に対応。
イーサネットはRoon ReadyおよびSooloosに対応。
MQAにも対応しています。

818v3

メリディアンらしい、静かで落ち着いた音です。
D/A変換時のプリエコーを取り除く、アポダイジングフィルターをはじめ、独自のDSP処理によりいわゆるデジタル臭さを排除しています。

濃厚とは言いませんが、現行機器の中では濃いめの音です。

最近話題のTidalによるMQAも視聴させて頂きました。
※店頭ではTidalのデモは行っていません。

音源にクオリティーのムラは感じますが、良い音源を聴くと非常に自然な音場空間が生成されます。ストリーミングでこれだけのクオリティーを聴かされると、色々と考えさせられますね。

U-Boyです。

スペクトラルのプリ、パワーアンプが入荷しました。

スペクトラルはショップ制で販売されていますので、なかなか聴く機会が少ないメーカーだと思います。(現時点で当店も新品の扱いはございません。)

空間表現に秀でたアンプで、位相管理がしっかりとしたスピーカーとセットで鳴らすとホログラフィックな世界が楽しめます。いわゆるスピーカーが消える世界観が好きな方にはお勧めです。

また、性能に対して費用対効果が高いアンプだと思います。
中古だとさらにお得です!

DMC-15
0000000053552
www.u-audio.com/shopdetail/000000005355/

DMA-150 SERIES2
0000000053542
www.u-audio.com/shopdetail/000000005354/

0000000053472

DELA / HA-N1AH20

DELAのHA-N1AH20が入荷しました。
HDD搭載機の初代モデルです。

USB DACと直接繋ぐことも可能です。

ネットワークプレーヤーを使っている方には、使い勝手、音質ともにNASに依存する部分が大きいため、一般的なNASから交換すると大きな違いを実感頂けると思います。

0000000053472
www.u-audio.com/shopdetail/000000005347/

0000000053382

JOSEPH AUDIO / PEARL2

米ジョセフオーディオ社の最上位モデル、パール2が入荷しました。

同社のブックシェルフスピーカーは、主力商品として当店でも常設展示で鳴らしていました。現在は、輸入が途絶えております。

ジョセフオーディオの代名詞である、代名詞である、“インフィナイトスロープ・ネットワーク”をもちろん搭載。120dB/Octの急峻なスロープを描き、メタルコーンの高域の暴れを解決し、量感、質感の伴う良質な低域再現が特徴です。

0000000053382
www.u-audio.com/shopdetail/000000005338/

0000000053362

PHASEMATION / EA-300

新年あけましておめでとうございます。
U-boyです。

年末から更新が滞っていますが、新製品、中古品それぞれネタがありますので、時間を見て更新していきます!

フェーズメーションのフォノイコライザー、EA-300が入荷しました。

同社の他のモデルも過去に扱っていますが、国内メーカーらしい真面目な音作りです。

0000000053362
www.u-audio.com/shopdetail/000000005336/