Soulnote D-2展示開始

U-boyです。

Soulnote D-2の展示を開始しました。

資料を読んで、ES9038PROx4発にNOS DAC、面白そうではあるけど、D-1も十分良い音だし展示はどうしようかなあと悩んでいました。

発売前にメーカーの方が実機を持ち込んで頂き聴く機会がありました。その出音は想像以上で、その場で展示を即断しました。

正直なところ、60万円という定価から、「良いだろうけど値段なりでしょ。」とイメージされてしまうのが可愛そうなくらい良くできた製品です。

音だけなら200万と言われても驚かないと思います。

当店で常設しているフォノイコライザーE-2も素晴らしい製品で、フォノイコのリファレンスとして稼働しています。
D-2のインパクトはそれ以上のものです。

ESSのチップは通常、オーバーサンプリングの回路を必ず通りますので、NOS DAC??と思っていましたが、話によると厳密な意味ではオーバーサンプリングは行っていますが、補完をしないので挙動がNOS DACに限りなく近いらしいです。

通常のFIRフィルターとNOSモードはボタン1つで簡単に切り替えできます。

USB入力もD-1と同様、DoPでもDSD512およびPCM768Kに対応しています。
今回、クロックにも大きくメスが入れられています。超低ジッターDDSを採用したことも音質に大きく関与していると思いますが、USB入力時は、この高性能なクロックを使ってリクロックしているそうです。

今回、Jplayに最適化したモードも追加されています。
Jplayにはあまり興味ありませんが、DSD Native(非DoP)に対応してもらえるとさらに良かったのですが…。昨今、Linuxでの再生もハードルがかなり下がっていますので、WINDOWSやOSXと同様に考慮してもらえると嬉しいですね。

ここからオマケです。

D-2が2台あるのが分かりますでしょうか?

今回、初回ロットで展示機とは別に、お客様注文分をオーダーしましたが、お客様のご厚意で、「開けていいからツインモノラルDACを試して!」とリクエストが入りましたので2台セットしてみました。

ツインモノラル??となりますね。
単純に、片側のDACを停止することで電源部に余裕が生まれること、チャンネルセパレーションが向上するそうです。

2台のDACを特別なケーブルで同期するわけではなく、単純に2出力できるトランスポートが必要になります。2出力できる機器としては、エソテリックやdCS、Weiss、CHORDなどの製品があります。

あいにく店頭に同じ条件でデュアル出力できる機器がありません。

苦肉の策で、
1. CH PrecidionのD1を使いAES-EBUとS/PDIF(同軸RCA)
2.Weiss INT204を使いS/PDIF(同軸RCA)とS/PDIF(同軸BNC)
の2通りを試してみました。

シングルの時と比べると音の密度感、低域の支えは明らかに向上します。
ただし、AES-EBUとS/PDIFの組み合わせでは空間の再現性にやや違和感を伴うことがあります。デジタルケーブル1本でも音が変わりますので、ケーブルの構造が変わることで悪い影響があるかもしれません。

D/DコンバーターのINT204のほうが違和感は感じませんでした。

アンプの2台使い、BTLのような飛躍的なクオリティーアップにはなりませんが、違いは十分あると思います。

D-2 1台は常設しておりますので、ご試聴可能です。

u-audio.com/shopdetail/000000005820/

u-boyです。

アンテロープのUSB DAC、ZODIAC GOLDが入荷しました。強化電源のVOLTICUS付きです。
新品流通時は、当店でも常設展示をしておりました。

明るく鮮度のある音です。
DSDは未対応ですが、PCM384kに対応。

プリアンプ機能、ヘッドフォンアンプなど、多機能で色々な用途に対応できます。


u-audio.com/shopdetail/000000005806/

U-boyです。

前回告知した通り、Sonja2.2を期間限定でデモしました。

期間中には多くのお客様に聴いていただくことができました。
注目度の高さを改めて認識しました。

ご来店ありがとうございました。

率直な印象としては、まだまだエージング不足でこんなもんじゃないだろうな。という感想です。

基礎能力の高さ、凄みを感じる部分もありますが、まだ中域と低域の繋がりがぎこちない感じを受けます。もっと部屋全体に染み渡るような浸透力もあるはずです。

ただ、超低域の音階表現などは、既に他社の追随を許さない鳴り方をしています。

常設しているMAGICO M3やLumen White Kyaraの時もそうですが、新品からある程度鳴るようになるまではやはり時間はかかります。

エージング不足やセッティング不足は言い訳になりませんので、webに告知したのは導入後、1か月位後になってからです。

今回のSonja2.2が当店の展示品だったら?、まだ告知はしていないと思います。

その意味では、もう少し時間が経ってから改めてデモしたいスピーカーです。

U-boyです。

期間限定で、英国CAD(computer audio design)社製品をデモ中です。
今回お借りしているのは上位モデルのGC3です。定価82万円。

GC1が中に3個入っているイメージとです。

中身はブラックボックスで何が入っているのかわかりません。
高周波ノイズをオーディオ回路から取り除く製品です。

シャーシアースよりも、フロートされている内部の基盤に接続する方が効果が大きいようです。

複数使う場合は、シャーシアースが取れている機器と、フローティングされている機器で分けて使うことを推奨しています。

CDプレーヤー、CH Precision D1や、各D/Aコンバーター、NASのDELAなどと接続して有り無しを比較可能です。

メーカー資料(PDF)もご覧ください。

u-boyです。

ペナウディオのフラグシップモデル、SERENADE SIGNATUREが入荷しました。
同社のスピーカーは何度も買取しておりますが、このモデルは初入荷です。

適度な密度感、抜けの良さのあるスピーカーです。
ディナウディオあたりと比較される方が多いかもしれません。

モノとしての質感も高く、その出音と合わせて所有感を満たしてくれると思います。


u-audio.com/shopdetail/000000005803/

U Boyです。

CHプレシジョンからD1およびC1(C1 mono含む)のアップデートがアナウンスされました。

まずはメーカー資料をご覧ください。
CH Precision C1mono/C1/D1用アップグレードサービスのご案内(PDF)

現時点でのメインは、C1のデジタルフィルターが高性能になる恩恵が最も大きいと思います。また、同社は定期的なアップデートで最新のフォーマットに対応したり、音質のアップグレードを行ってきましたが、今後のアップデートにはこの最新ボードを搭載する必要が出てくるそうです。

製品型番や価格に変更はありませんが、今後新品で出荷する製品は最新ボードに切り替わります。

常設中のD1もアップデートさせますので、どのような変化があるか追ってレポートいたします。

ご不明な点はお問合せください。

U-boyです。

プロジェクト社とウィーンフィルのコラボモデル、VPO175の展示機が入荷しました。

ウィーン・フィルハーモニー・レコードプレーヤーは、他に類を見ない特徴として、楽器の素材を用いています。

175の木製シャーシと塗装は、バイオリンのそれに倣ったものです。
金色のメタルシャーシは、オーケストラの金管楽器をベースにしたもので、フィンガーリフトは、クラリネットのキーをイメージしています。

電源や回転速度を変更するノブも、フルートのキーを模したものです。

世界175台限定です。

当店は展示機の他、在庫も確保しておりますので、ご興味がある方は実機を見て、聴いていただければと思います。


u-audio.com/shopdetail/000000005771/

Magico A3登場!

U-boyです。

代理店のはからいで急遽MAGICO A3が登場しました。

まだデモ機が1セットしかないため、木曜日にはここから旅立ちます。
今回はスタッフの評価目的でお借りしております。

既に何人かのお客様からどんな音がしますか?と質問をいただいております。

まず、実物を持ち上げてみてその重さに驚きました。
S1より重いです。S1は納品や引取で階段上げ下げを1人でやったことがありますが、A3だとちょっと気合が要りますね。50kg/本です。

筐体の重量もその出音に関係しているかもしれませんが、S1よりも重心が下がって音の密度感、低域も気持ちよく出ます。

S1MK2のほうがキメの細かさや音の佇まいは上位モデルらしく品位を感じますが、A3の割り切ったサウンドが好きな方も多いと思います。

マジコのスピーカーが130万円で購入できるというインパクトは何よりも大きいです。

現代的な指標でのレベルの高さはもちろんですが、音楽の聴かせ方が上手なスピーカーです。聴いていて楽しいですね。

既に世界各国から注文が殺到しているようです。日本でも順次入荷すると思います。
当店もその場で展示分はオーダーしました。

実機が入り次第、改めてご紹介いたします。
期待してお待ちください!

GOLDMUND MIMESIS20 HISTORY

u-boyです。

ゴールドムンドのフラグシップD/Aコンバーターです。
当店では2回目の入荷です。

前作のMIMESIS 20MEは、ハイエンドDACとしては相当数の数が出回っていると思いますが、20 Historyの中古は非常に珍しいと思います。

CH PrecidonやdCSとは違った魅力も備えています。

温度感は低め、静かに淡々と鳴ります。ボリュームを上げていってもそのバランスが崩れずに音量だけが上がっていく不思議な感覚です。

情報量は非常に多く昨今のハイエンドDACと比べても全く見劣りしません。最高峰の1角です。

USB入力は48kHz止まりです。
PCオーディオをする方は、別の優秀なD/Dコンバーターを用意したほうが良いです。


u-audio.com/shopdetail/000000005787/