U-BOYのオーディオブログ

U-AUDIOの公式ゆるキャラU-BOY(ユーボーイ)のブログです。
主に買取したオーディオを紹介しています。 僕はタイヤではなくレコードです。

U-Boyです。

お客様のリクエストがあり、KLAUDiOのアームをデモしています。

プレーヤーは、ドクトル・ファイキャルトの最上位モデル、Firebirdです。

カートリッジはLyraのKleosです。

ファイキャルトのプレーヤーは3グレードあります。上位2モデルはダブルアームに対応します。

上位2モデルの違いは、モータープーリーの数、上下をサウンドするアルミの厚み、プラッターに内蔵するイナーシャの有無です。

基本的に制振性が高い素材を採用し、静かに粛々と回転するプレーヤーという印象です。アームベースがスライド式になっており、多くのトーンアームに対して装着がしやすいというメリットがあります。

KLAUDiOのアームは、前後に稼働するピボッドと、2本のアームを組み合わせたユニークな構造で、トラッキングエラーの無い動きを実現しています。

このプレーヤーのユニークな点は、ユニバーサルアームになっており、SPUを含めた様々なシェルに対応すること、また、付属のレーザー・タンジェント・ツールにより正確な針先の位置出しが容易な点です。

実際の調整の様子です。カートリッジをヘッドシェルに付ける際のオーバーハングの概念も必要ありません。まっすぐ付いていれば、アームの取り付け位置を前後するだけで調整できます。

針圧や高さの調整も一般のトーンアーム同等でとても簡単です。

一般的な支点が動くリニアトラッキングアームと比較すると、音の厚みを伴った解像度の高い音という印象です。さらっと書いていますが、かなりレベルの高い音だと思います。

調整が合理的でとても簡単な点、ユニバーサルタイプで複数のカートリッジを使い分けたい方には、とても魅力的だと思います。

www.u-audio.com/shopdetail/000000007392/