FM ACOUSTICS FM610

U-Boyです。

FMアコースティックスのパワーアンプ、FM610が入荷しました。
FM611Xの前身にあたる製品で、90年前後にリリースされた個体です。

おそらく日本にはそれほど多くの個体は無いと思います。
当店でも初入荷です。

当然30年前の製品になりますから、SNやレンジの面では現代のハイエンド機器と比べるわけにはいきませんが、既にFMらしい聴きごたえ、音の厚みは持ち備えています。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006292/

LINN KLIMAX DS/3

U-Boyです。

LINNのKLIMAX DSの最終作品、DS3が入荷しました。
同社ではすでにDSMシリーズへ移行していますので、純粋なネットワークプレーヤーの機能に特化した本モデルをお探しの方も多いと思います。

当個体は、KLIAMX/kの時代に限定で30台発売されたブラックモデルを最終品にバージョンアップしています。

DSD再生はもちろん、Roonにも対応しています。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006285/

U-Boyです。

米コンストレーションオーディオのモノラルパワーアンプ、MONO1.0処分品のご案内です。

適度な力感と品の良さを併せ持ち、聴かせ方のうまいアンプだと思います。

低域は引き締めるよりは、ややゆったり目で量感を出すタイプです。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006211/

McIntosh MC1000

U-BOYです。

マッキントッシュのモノラルパワーアンプ、MC1000が入荷しました。

代理店でメンテナンス済みです。
マッキントッシュ社独自のアウトプットトランスを用いたダブルバランスPP回路搭載。出力1000Wを誇るモノラルパワーアンプ。

現行モデルの方が鮮度感があります。くらべるとややゆったりとした表現になりますが、さすがに十分な駆動力があります。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006190/

Mark Levinson No.32L

U-BOYです。

マークレビンソンのプリアンプ、No.32Lが入荷しました。

一世代を築いた、レビンソンのフラグシップモデルです。
ピラミッド型のエネルギーバランスで、中低域の駆動力が抜群です。

レビンソンの場合は、その時代で音の傾向が若干異なります。
それぞれの時代に一定のファンがいらっしゃいますが、32Lはその中でも根強い人気があるモデルです。

現行モデルにない濃さ、力強さがございます。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006195/

Burmester 100

U-BOYです。

ブルメスターのフォノイコライザー、100が入荷しました。

完全バランス設計のイコライザーです。

CR+NF型。音楽に躍動感があり全帯域で歪み率が一定しやすいCR型と、SN比に優れたNF型の長所を併せ持つこの方式の採用により、MC時に89dB以上と言う高いS/N比を確保しています。

昨今のハイエンド製品の中では、解像度を前面に出すタイプではなく、音楽的なニュアンスを大事にしている丁寧な音作りだと思います。

イコライザーカーブは固定ですが、インピーダンスやゲイン調整、サブソニックフィルターなどがフロントパネルのボタン1つで変更でき、使い勝手も優れています。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006181/

U-BOYです。

米国コンストレーションオーディオのプリアンプ、VIRGOIIIです。

初代モデルVIRGOIを代理店に依頼してアップグレードして頂いた個体です。
バージョンアップといっても、ほぼフルモデルチェンジに近い内容です。

コンストレーションは、現代ハイエンドのトレンドといいますか、今のオーディオに求められているエッセンスをうまく取り入れた音作りの上手いメーカーだと思います。

特に新しいモデルほど、洗練されたというか、音作りがまとまってきた印象があります。

力強さと繊細さ、スケールが大きく開放感のある音です。

ちょうどスピーカーでいうと最新のWilson Audioにも通じるイメージがあり、両社の組み合わせは非常に良い音で鳴ります。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006177/

Playback Designs MPS-5

U-BOYです。

Playback DesignsのSACDプレーヤー、MPS-5が入荷しました。
同社の名前を一躍有名にした記念すべきSACDです。

既存のDAC ICを使用せず、オリジナルのFPGA(Field Programable Gate Array)という、Andreas Kochが考案したプログラムを使用してD/A変換を行っている、ディスクリート構成のデジタル回路を採用。

全ての信号はDSDに変換されます。

必要十分な情報量は確保しつつ、滑らかであたりの優しいアナログライクな音です。


u-audio.com/shopdetail/000000006098/

Magico S1 M-CAST

U-BOYです。

MAGICOのS-1が久しぶりに入荷しました。

S-1はMK2に変わっていますが、初代のストレートな音を好む方もいらっしゃると思います。

密閉2Wayの良さはこのモデルでも健在です。

現在、人気爆発中のA3と比べると、エネルギーや躍動感のA3に対して、S1はもう少し丁寧で上品なイメージです。


u-audio.com/shopdetail/000000006097