U-BOYのオーディオブログ

U-AUDIOの公式ゆるキャラU-BOY(ユーボーイ)のブログです。
主に買取したオーディオを紹介しています。 僕はタイヤではなくレコードです。

U-BOYです。

オランダ、グリムオーディオのCC1MKIIをお借りしています。

代理店が変わり、商品も、MKIIとしてバージョンアップされています。

Grimm Audio は、オランダの有名な4人のオーディオ技術者、Bruno Putzeys, Guido Tent, Peter van Willenswaard そして Eelco Grimmによって設立されたオーディオ機器ブランドです。Mastering Lab等の各国有名スタジオで採用されていたりと信頼性、実績ともに十分なブランドです。

試聴させていただいた感想は、オーソドックスなクロックにも関わらず、機能も多岐にわたり、非常に興味深いクロックだなと感じました。

操作性も非常にわかりやすくこの価格で、なかなかこれだけの変化量を出せるクロックは、ないので貴重な存在です。

本機は、さまざまな機能があり、その考え方もとてもユニークです。例えば、クロック側をスレイブにしてのジッター・リダクションモードなど、ほかのモデルにはない機能もあり遊びがいもあります。クロック周波数事態も2倍、4倍への変更も可能で、その音の変化も非常に聴きごたえがあります。

実際の音ですが、全帯域通してきめが細かくなる印象です。2倍、4倍モードでは、特にきめの細かさが増すのと、空間の密度感が増した印象になります。クロックジェネレーター特有の”いかにも”な感じが無く、とても自然な印象です。必ずしも4倍が圧倒的に良いというわけではなく、お好みによって使い分けするのも面白いと感じました。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006318/

是非、ご来店いただき実際に製品をご体験くださいませ。

お問い合わせをお待ちしております。