U-BOYのオーディオブログ

U-AUDIOの公式ゆるキャラU-BOY(ユーボーイ)のブログです。
新製品の試聴レポート、お買い得品、中古買取品などを紹介しています。

U-BOYです。

短期間でしたが、VERTERE(ヴァルテレ)の上位モデルSG-1 PKGをデモさせていただきましたので、簡単にレポートしたいと思います。

日本でのデビュー作、MG-1 PKGは当店でも何台か販売させていただきました。

MG-1 PKGは見た目同様、音も洗練されています。

ストレスのない伸びやかな音、音がぶれずに安心して聴ける安定感、無音から音が出る際の瞬発力など、いずれもとても高いレベルの再生音です。

また、調整もしやすくなっていますし、自分好みに追い込むアナログの楽しさも兼ね備えています。

そして、上位モデルSG-1 PKGの登場です。

見て直ぐにわかる違いは、アクリルが3層になって分厚くなっています。
実際にはトッププレートは、2層に分かれていて全体では4層構造です。

モーターはトップのアウタープレートにマウントされています。トップのインナープレートに取り付けられた軸受、およびアームボードとは3層隔てることで、振動の影響を極力抑えています。

基本的な思想は同じですが、MG-1と比較すると、軸受やモーター、トーンアーム、フォノケーブルなど全て上位グレードの仕様です。

トーンアームは、TPA-ULS(Tri-PivotArticulated,ultra-low stiction bearing/トライピボット・連結超低摩擦ベアリング)を搭載。

一見、ワンポイントアームのような動きに見えますが、3つのボールで支点を受けるトライポイントを採用。ワンポイントアームの弱点であった接点のスキージング(滑り)の排除を実現。

さらにチタン製ヘッドシェルや、新型カウンターウエイトと最上級Pulse HBケーブルによる内部配線も採用しています。

実は店頭でデモする前に、とある場所で同一環境によるMG-1 PKGとSG-1 PKGを比較させていただいたことがあります。

両社の共通している音のイメージとしては、抑圧感が無く伸びやか、音の立ち上がりが速い、透明度が高い、カートリッジ、イコライザーのキャラクターが良く分かるという点が挙げられます。

MG-1 PKGはより音場が広大であること、低域がさらに深く沈み込みます。
あくまでも重い太い低域ではなく、風のようにスーッと自然ですが、かなり下の帯域まで伸びるイメージです。

アナログプレーヤーは新旧含めて、かなり色々なモデルを触ってきたつもりですが、かなり高い完成度で久しぶりに感動しました。

物量投入で振動を抑えるタイプとは真逆の思想の完成型です。
どちらのプレーヤーにもそれぞれの良さがございますので、調整・設置も含めて、お気軽にご相談ください。

www.u-audio.com/shopdetail/000000007836/