Fono Acustica Virtuoso USBを 試聴しました。

U-BOYです。

Fono Acusticaの最高グレードUSBケーブルVirtuoso USBをお借りすることができましたので、試聴させて頂きました。

以前よりArmonicoシリーズやAllegroシリーズのラインケーブルやスピーカーケーブルに関しましてはお借りして、試聴させて頂いたのですが、Virtuosoシリーズに関しましては、初めての体験でありなおかつUSBケーブルというのは、初めての経験でしたので同社がどんな音にしてくるのか以前から興味がありました。

まずは見た目ですが、コネクター部が同社の特徴的な金メッキ真鍮彫刻コネクタボディになっており非常にゴージャスで美しい仕上げになっていますが、写真で受ける印象ほど、派手ではなく上品な中にワンポイントのアクセントといった印象です。見た目がゴージャスさより驚きな点は、なんと内部線材とコネクターの接点は半田ではなく”溶接”で行っているこそうで、線材やコネクターのサイズを考慮するとその大きさの箇所を溶接するというのは技術的にも相当難しいのではないかと思いますが、この”溶接”することが後述します音の特徴や傾向にかなり寄与しているようです。

線材の被覆部は、テフロン+空気絶縁になっておりこのクラスのケーブルとしては、比較的柔らかく取り回しも良い印象です。コネクター部もゴージャスな仕上げですが、特に重いとか、接続しずらいといった印象もなく非常に使いやすい印象です。

では、実際の音はどうかというと、他のシリーズで感じた線材に起因するわざとらしさや、オーディオ的な、”いかにもOO”という表現がまったくなく、他シリーズと比べても圧倒的に自然で高度に整った印象です。聞き込めば情報量もS/N感もあるのですが、それを全面には出さず、まさに”音楽が主役”というのを地で行くケーブルだなと感じました。定位間も割とはっきりするのですが、自然とそこにあり、あることを感じさせない独特な表現力を持ち合わせています。音の傾向として”コク”のようなものも持ち合わせており、どんな曲を聞いても飽きさせない魅力があります。非常に高価なケーブルですが、ハイグレードUSBの決定版といっても過言でない製品ですので、ぜひご体験頂きたい逸品です。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007869/013/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。