U-BOYです。

話題の新製品FINKTEAM の新製品スピーカーKIMを試聴させて頂きました。

デザインは一見すると非常にシンプルで、今では珍しくなった古典的なブックシェルフタイプに見えますが、内部構増は、最新研究の塊のような構造をしています。

新開発のオリジナル・ダンピング材で接着された多層構造のMDFパネルがフロントバッフルを形成し、精密なCNC加工が施されます。サイドとリアパネルにも同様の手法が用いられていますが、さらにサンドイッチ構造が加わっており、パネル共振の不用意な広がりを避けるために、ブレーシングが一次元内で行われます。

振動に関するスペシャリストであるシュトランクが設計した独自のアブソーバーが定在波を除去。この独自のヘルムホルツ共鳴器は定在波と逆位相になっており、この画期的な構造により一般的なスピーカーのように大量の吸収材を用いる事なく定在波を打ち消します。つまり、よりHiFiなサウンドを実現しながら、低域は速く、グルーヴ感をも併せ持った音質を実現しています。

ユニットにもこだわりがあり、ツィーターには、オスカー・ハイル氏が確立した原理に基づいて動作するエアーモーション・トランスフォーマー(AMT)を採用しました。FINK teamとムンドルフ社で共同開発したKIM専用のオリジナルAMTは、厚さ25μm(0.025mm)のプリーツ加工されたカプトン振動板に、50μm(0.05mm)のアルミニウム・ストリップを組み合わせたものです。カプトンは優れた内部ダンピングを持っており、驚異的な低歪みを実現します。高精度な製造のために、独自のエッチングプロセスを開発し長期間によるテストを積み重ねて振動板の構成を最適化する事に成功しました。こハイスピードかつ低歪みで高解像度というAMTのメリットを持ちながら、とげとげしさのない素直なサウンドを獲得する事が可能となりました。

ウーファーには、あらたに開発した8インチのオリジナルドライバーを採用し、超大型マグネットの採用とクロスオーバーに空芯コイルを使用する事で32Hzまで低歪かつクリーンで正確な低域を実現しました。新開発のラバー・ハーフロール・サラウンドは、特殊な素材で非常に柔らかいにも関わらず動作時に引き起こされるカラーレーションを排除するためにコーン紙を素早く終端させます。

アンプとの接続部にも一工夫あり、設置される部屋や接続されるアンプに合わせる事ができる2つのコントロール端子を装備しています。HFコントロールは高域のレベルを3段階で微妙に変化させる事が可能です。また、組み合わせるアンプに合わせて変更可能なダンピングコントロールも装備しており、真空管アンプ、アンティークアンプのようなダンピングファクターの低いソリッドステートアンプ、そしてダンピングファクターの高いソリッドステートアンプに適した3ポジションが用意されています。

実際、試聴してみると現代ハイエンドを象徴する、いわゆる””トレンドの音””ではないもの音楽を音楽として楽しくとらえる要素は十二分に持ち合わせており、かと言って、出てくる音の表現が”空間が狭い”や”独特のクセがつよい”わけではなく、非常に扱いやすくなおかつ、非常に爽やかで、抜ける感じもあり、さまざまな音楽をジャンルに関係なく鮮やかに楽しく聞かせてくれます。今のハイエンドスピーカーに不満があるわけでは、ないのですが、どこか似たような個性を感じてしまっていた昨今、まさに私たちにとって”待っていた音”を表現してくれる稀有なスピーカーであると感じました。

当店では、近く本機の展示を予定しております。ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせ下さい。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007283/

U-BOYです。

 B&W 800シリーズ待望の新シリーズD4の予約受付中です。

2021/9/28現在展示機は802D4、805D4のそれぞれグロスブラックです。

今回の新800 Series Diamondは、キャビネットが大幅にアップグレードされました。中でも新開発のアルミニウム製トッププレートはキャビネットの剛性を大きく向上させ、よりリアルなサウンドを実現しました。

またトッププレートには、ロールス・ロイス、ベントレー、アストン・マーチン、フェラーリ、マセラティ、ジャガーなど名だたる高級自動車のインテリアやシートなどに使われているコノリー社製の上質なレザー素材を贅沢に使っており、質感も大幅に向上しているそうです。

D4ソリッドボディ・トゥイーター・オントップ・ハウジングの最新バージョンを採用により従来よりも長さを増したチューブローディング・システムは、より開放的なサウンドを実現しています。

この無垢のアルミニウム材から切削加工によって作られた極めて剛性の高いハウジングを、新開発の2点デカップリングシステムによってタービンヘッドから分離させることにより、不要な共振と他のドライブユニットからの干渉をかつてないレベルで抑えることに成功しました。

D4シリーズで採用される新色ウォールナットは、今までのイメージにないカラーでしたので、 アルミニウム製トッププレートとコノリー社製のレザーと合わせたときに実物は、どんな存在感を示してくれるのか今から非常に気になるところです。

音に関してもエンクロージャーの変更が、どこまで影響するのか?新開発のコンティニュアム・コーン™ & FST™ ミッドレンジがどのような音を作り出すのか、非常に注目していています。

ご興味を持たれたかたは、ぜひ当店にお問い合わせください。                        初回ロットは入荷数がかなり少ないため、ご予約はお急ぎください。                       

www.u-audio.com/shopdetail/000000007357/
//www.u-audio.com/shopdetail/000000007358/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007359/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007360/
www.u-audio.com/shopdetail/000000007361/

U-BOYです。

VIVID AUDIO のKAYAシリーズの新製品であり、KAYAシリーズ初のブックシェルフタイプであるS12を専用スタンドとともにお借りすることができましたので、試聴をさせていただきました。

VIVID AUDIO のKAYAシリーズ新製品、初のブックシェルフタイプS12を専用スタンドともにお借りしました。デザイン・質感は如何にもVIVID AUDIOといった印象です。専用スタンドも含めて、デザイン的には統一されており違和感は、ありません。有機的なデザインと独特のつるつるした素材もローレンスデッキーのこだわりを感じ、彼の世界観を象徴するデザインと言ってよいと思います。

 

KAYA S12 は、たった12リットルの内部容積にもかかわらず、はるかに大きな GIYA G1 のために最初に開発されたアブソーバー・チューブを使用しています。ただ、小型スピーカーでこれを実現することは思ったほどに簡単では無く、設計者ローレンス・ディッキーはシミュレーションを重ねて2ウエイのスモールスピーカー用に最適化された、オムニアブソーバー・チューブを完成させました。

このアブソーバ・チューブはエンクロージャーの内部あらゆる方向からの共鳴・共振を大変効率的に消散させることを可能にしクリーンで正確なベースサウンドと無着色で透明なミッドサウンドを実現させています。

 

実際の音は、このデザイン・サイズ・価格からは、想像もできないくらいスケール感が大きく、奥行き方向への広がりも非常に広く、そしてその広がり方は、非常に自然です。音色は、躍動感があるというよりは、冷静で、どちらかといえばモニター調の表現です。

苦手なソースは特にないもののスィートスポットに入って聞いた際の音は、独自の世界観を表現しており非常に魅力的なスピーカーであると思います。特に鳴らしずらいとか、セッティングがシビアといった印象もないのですが、できれば、ドライブ力のあるアンプでならしてあげると、さらにマッチしてくれそうな印象です。

 

ご興味のある方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

www.u-audio.com/shopdetail/000000007324/

U-BOYです。

Ktema / Franco Serblinを正式展示導入致しました。

独自のエンクロージャ構造とユニット配置により音質的にも唯一無二の製品ですが、

デザイン的にも非常に美しいたたずまいを持ちモノとしての価値も非常に素晴らしい印象です。

Accordo の時にも感じましたが、流石は、Franco Serblinと言わせる”モノ”としての美しく独自性のあるデザインと、

彼しか出せないその音作り、技術的な部分のオリジナリティーも高く、本スピーカーが人気なのがうなづけます。

本品は、まだエージング中ですので、音の正式な評価は、避けさせていただきますが、

現在のところですでに、得意な弦楽器や女性ボーカールはなまめかしくなりますし。

音数の多いものは、非常に見通し良くコンパクトになるところからエージングが完了すれば、

どのようになるのか?今からとても楽しみです。

 

 

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007205/new_sp/page1/recommend/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

U-BOYです。

以前より展示導入したいと思っておりました、Accordo / Franco Serblinを正式展示導入致しました。

非常に美しい仕上げで、これぞフランコ・セルブリンといった木目と革の美しいハーモニーと上品で高級感のあるたたずまいは、それだけで、非常に所有欲をくすぐらせます。スタンドも一体でデザインされており非常に美しい鏡面仕上げとなっています。

エンクロージャーは、独特で不思議な形をしておりますが、後ほど記述しますが、このサイズでこのスケール感が出るのは、正にこのエンクロージャーがあってこそであると納得させられました。

肝心の音はというと、このサイズにしては非常に雄大なスケール感と明るい音色で音楽を聴くのが楽しくなるスピーカーの印象です。もちろんこのサイズで完全な低域が出るわけではないのですが、そこは欲張らず非常にバランスが良く不満の出ないなり方をしてくれます。もちろん弦楽器の独特な艶やなり方は、健在でそこはこのスピーカーしか出せない独特な良さがあると感じました。総じてアコースティック系の録音や女性ボーカールには、全般的に不満が無く、さらに弦楽器系の音楽を聴かれる方には特におすすめの逸品です。決して安いスピーカーではありませんが、その見た目、出音からも非常にお買い得な製品であると思います。

 


www.u-audio.com/shopdetail/000000007173/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

U-BOYです。

代理店様のご厚意によりAUDIO MACHINA CRM-X を試聴させていただきました。

 

AUDIO MACHINAの「CRM」が「CRM-X」として復活し、お借りする機会がありましたので、この機会に試聴させていただきました。「CRM」から「CRM-X」へのスピーカー事態の大きな変更点は、無いものの専用スタンドが、一新されましたので、そこも含めて音にどのような影響があったのかを重点的に聴いてみました。

 

■SSAキャビネットの採用  オーディオマシーナは自社の最先端超精密金属CNCマシンとカスタムソフトウェアを駆使して航空宇宙グレードのアルミ合金のブロックから正確に削り出された、クラムシェル形状の前後二つのキャビネットは、10トン以上もの力を持つウルトラハイストレングスボルトシステムで強固に締め付けることによって完全に一体化されます。

■ドライバーユニット
ウーファーにはScanspeak製15センチドライバーを、そしてツイーターにはショートホーンを搭載したMorel製1インチシルクドームツイーターを採用しています。

■専用スタンド<CRM-X Stand>
オーディオマシーナがCRM-X専用に開発したスタンドです。メインピラーにウォールナットの天然木を採用。手でやすりをかけてオイルをすり込む工程を繰り返すことで、非常に美しいオイルフィニッシュに仕上げています。

実際の音はというと、このサイズにしては、表現されるは空間は広いながら、音としての厚みを持ち合わせており、低域表現も欲張らず非常にバランスの取れた素晴らしいスピーカーであるといった印象でした。今回のスタンドは、リアルウッドになったにも関わるずスピード感は損なわれておらず、温かみを備えておりAUDIO MACHINA社の技術力の高さを感じます。このコンパクトな筐体からのこのサウンド体験は、一度聞くとやみつきですので、まだ聞かれていない方は、ぜひ当店にお問い合わせください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000007163/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

U-BOYです。

Parker Duo Diamond Editionを展示導入させていただきましたタイミングで、代理店様のご厚意によりParker Quintet Diamond Editionも試聴させていただきました。

 

お借りしたのは、ピアノウォールナットの仕上げでしたが、非常に美しく、この価格帯では考えられない高級感です。ダイヤモンドエディションは、名前の通り独アクトン社のダイヤモンド・ツゥイーターを搭載しています。セラミック・ツゥイーターバージョンも発売予定ですが、両社の違いはツゥイーターおよびネットワーク、内部配線(ヨルマデザインのグレード)になります。

 

 

Parker Quintet Diamond Editionは、新開発の19cmセラミックコーンを4基搭載。背面にはAccton製22cmのアルミニウムパッシブラジエーターを4基搭載することで、非常にダイナミックでありながら奥行きの深い音楽空間を実現しています。

実際の音はというと非常に奥行きが深く濃厚な部分とスピードの速い現代的な部分が、両立する完成度の高い稀有なスピーカであることに驚かされます。普通、パッシブラジエーターを4基も搭載してしまうと低域の量感は増えますが、低域の速度が遅れて、全くチグハグになってしまいがちですが、一聴するとパッシブラジエータだと全く気付かないぐらいスピードも速く、ユニット間のつながりも非常に自然で驚かされました。JAZZの古い録音においては、その濃厚で豊潤な部分が際立ち、現代のクラシックオーケストラの録音では、スピード感があり切れ味が鋭いながらも五月蠅さは全くなく、その美味しいところのみ抽出してくれるすばらしいスピーカーです。お値段は、決して安くはありませんが、その美しい仕上げも相まって完成度、満足度の高いスピーカであると感じました。

 


https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007106/new_sp/page1/recommend/

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

 

Magico M6常設展示開始

U-boyです。

昨年末にMagico M3の展示機が売れてユーザーの元へ旅立っていきました。

熟考して、次のリファレンスとしてM6を迎え入れることにしました。


40畳ある当店の試聴室でも存在感があります。

スケールの大きさ、エネルギー感、音の濃さなど色々な要素を高いレベルで兼ね備えたスピーカーです。

情報量が多いのにも関わらず、破綻しないというか、余裕のあるサウンドです。

頑張って鳴っているという感じが全くありません。大型スピーカーですので、アンプにも高いレベルが要求されます。色々な機器と繋いで最適な組み合わせを模索している最中です。


今までM3を設置していた場所から最適なポジションを探っていき、空間の広さとエネルギー感のバランスを取って今の場所に落ち着きました。

もう少し馴染むまで時間が掛かりそうですが、現時点でもこのスピーカーのポテンシャルは感じ取ってもらえると思います。

常設展示です。
ご試聴はご予約の上お越しください!


www.u-audio.com/shopdetail/000000007052

U-BOYです。

以前に、マーテンのParker Duo Diamond Editionを短期デモしました。
その時の紹介記事はこちら

素晴らしいパフォーマンスに感動し、正式に展示導入しました。

 

仕上げは悩みましたが、ピアノウォールナットを選択しました。

デモ機で借りたピアノブラックとはまた違った高級感があります。
ツルツルでスピーカーを持ち上げる時に落としそうになります。

ダイヤモンドエディションは、名前の通り独アクトン社のダイヤモンド・ツゥイーターを搭載しています。

セラミック・ツゥイーターバージョンも発売予定ですが、両社の違いはツゥイーターおよびネットワーク、内部配線(ヨルマデザインのグレード)になります。

セラミックバージョンはまだ日本に入荷していないので未聴です。

この極上の浸透力のある音が、セラミックツゥイーターバージョンでどこまで表現できるのかも気になるところです。


前回はプロトタイプのスタンドで、スピーカーは上に載せるだけの状態でしたが、正式版はきちんと固定できる仕様です。

スタンドの脚元はフローティング系のISO Acoustics社の物が採用されています。この辺もノウハウが隠されていそうです。

アクトンのユニットを搭載したブランドは、Avalon、Lumen White、Kharmaなどが有名です。

ユニット自体の特徴は、刺激音が少なくしなやかで、量感よりもスピード感が出やすい傾向にありますが、採用したスピーカーの音は意外とそれぞれ特徴があります。

マーテンは、純度を極限まで上げたような雑味の無さ、あたりの柔らかさと、適度な暖かみ、潤いのあるサウンドだと思います。

極端に解像度に振り切った神経質な音では無いので、多くのオーディオファイルに興味を持ってもらえる音だと思います。

過去の小型ハイエンドスピーカーと比較しても自信をもってお勧めできます。

 

 

 

 

www.u-audio.com/shopdetail/000000006900/

U-BOYです。

イタリアALBEDOのAPTICA MKII の試聴をさせていただきました。

デザインは、非常にソリッドで現代的、グロッシーグラファイト省の仕上げも非常にきれいで、前衛的な見た目ですが、音は以外とバランス感覚の良い印象です。

APTICA MKIIは6インチセラミックウーファーと1インチセラミックツイーターを使用した2ウェイトールボーイ型トランスミッションラインスピーカーです。バスレフ型や密閉型とは違う低音が持ち味で、小口径のドライバとの組み合わせでも低音痩せしない優れた設計になっています。

 

実際、聴いてみるとスピード感と低域の量感とのバランスをうまくとっているスピーカーだなといった印象です。”量感たっぷり”とか”低域の解像度”といった再生表現には、なりませんが全体のバランスに優れており、歯切れの良さは残しながら、必要な低域は表現してくれる、なかなかに優れたスピーカーであると感じました。

こういった先鋭的なデザインだとありがちな、スピーカーターミナルが使いづらいということもなく、ユーザービリティーも整えていることに好感が持てます。お値段は、決して安くはありませんが、このコンパクト・シャープな見た目に反して表現力はとても深いです。

 


www.u-audio.com/shopdetail/000000006967/

ご興味を持たれた方は、是非当店にお問い合わせください。