U-BOYです。

新生ロクサンのターンテーブル、Xerxes 20を短期デモ中です。

今回はスタッフの製品評価が目的でお借りしております。短いデモ期間になりますので、ご試聴希望の方は日程を確認ください。

当店は中古の買取、販売もございますので、かつてロクサンの製品は何度か扱っています。

ロクサンの特徴というと、第一にターンテーブルの工作精度の高さが挙げられます。
ゴムベルトを掛けない状態でターンテーブルを回すと、長時間回り続けるのは有名ですね。

最初にターンテーブルを装着するときは、軸が所定の位置に降りるまでかなり時間が掛かります。

今回のXerxes 20もその点は全く変わらず、回転精度の高さもそのままです。
この回転精度は音の安定感にも反映されていて、重心の低いしっかりとした低域が出ます。合わせてフローティング構造特有の解放感も持っています。


トーンアームの新作、ワンポイントタイプのSARAは、従来のロクサンのアームとは異なり、装着したまま高さ調整ができるようになりました。

アームの支点を上部に設置し、レコード盤面に近い高さに支点を置く考えは、ワンポイントアームとしては理想的で、トレース能力も従来のTabrizと比べると大きく向上しています。

今までのアームは、カートリッジ変更時の高さ調整の際は、アームをベースから外して調整する必要がありましたが、今回のモデルは装着したまま調整できますので、非常に便利になりました。

また、オーソドックスな外観とは異なり、各部の振動の逃がし方など、随所でメーカーのノウハウ、こだわりを感じる製品です。

以前のロクサンは陰影感を良く出すというイメージに対して、新生ロクサンはやや明るい音色で、適度なメリハリも感じる音です。

調整の奥深さも含めてアナログの醍醐味を味わえる製品です。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006221/

U-BOYです。

お客様からご注文いただいたアナログシステムを、納品前に仮組みしましたので紹介させていただきます。

純正システムといえるほど美しい組合わせです。

お客様の求めている音質、サイズ感(あまり巨大にならないように)、調整のしやすさなどを考慮し、何パターンか組み合わせを提案させて頂き、今回のシステムとなりました。


純正システムと間違えそうなほど、しっくりときました。

プレーヤー clearaudio / Ovation
トーンアーム Reed / 3P マットゴールド仕上げ
カートリッジ LYRA / KLEOS
イコライザー Boulder / 508
等々…。

clearaudio Ovationの高い制振性からくるクッキリとした力強い音に、Reedのトーンアーム、ボルダーのイコライザーで少し手綱を緩めて音楽的な表現を狙いました。


今回、アームベースはクリアオーディオ側に依頼しました。


カートリッジは国産の雄、LYRA KLEOSです。
Reedのアームは専用ジグもありますのでアームの取り付けからオーバーハングの調整までシステマチックに簡単かつ正確に行うことができます。


高さやアジマスの調整も簡単に行うことが可能です。
ヘッドシェル部分が水平ですので、クリアオーディオ社のミニ水準器を使用して調整しました。
Reed 3Pはレコードを掛けながらVTA、アンチスケーティング、アジマスの調整も可能です。


フォノケーブルはDIN ストレートタイプ。

米ノードストを選びました。ボルダーのイコライザーはXLR入力専用ですので、DINストレートからXLRの特注ケーブルです。

納品前の軽い音出しですが、イメージした通りの音が出ています。
これからエージングでもっと良くなると思います。

アナログはなかなか希望の組み合わせでピンポイントでご試聴いただくのが難しいですが、できる限りご希望に沿った提案をさせていただきます。

お気軽にご相談ください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006209/

U-BOYです。

オランダのブランド、バンデンハルのMCカートリッジ VDH-COLIBRI MS XGPを聴かせていただきました。

全磁気回路を極小化することにより歪みやノイズを低減しコンプライアンスのチューンを実現させることで軽量トーンアームの使用を可能にしました。

トレーシング能力を飛躍的に向上させ 磁気回路を極力針先に近づけるため、あえてフロントポールピースを取り外し、カンチレバーの有効長が約50%の短縮化を可能としました。このことにより、直線性に優れた磁気変換特性を実現しています。

また、カンチレバー材に弾性率・減衰性に優れ、粘り強く耐久性に優れた素材のボロンを採用することでトレーシング能力を飛躍的に向上させました。

VDH-COLIBRIは”使用線材”および”ボディ素材”により、下記バージョンがあります。
□XCバージョン:MC*カッパー線材採用/出力電圧0.65mV/ch

■XGバージョン:MC*ゴールド線材採用/出力電圧0.4mV/ch

上記2種類にそれぞれ

◇Pタイプ:ポリカーボネート材の樹脂製。ボディカートリッジ自重6.0g

がご用意しています。

音の第一印象は、非常に細かい音を明確に表現するカートリッジだなと思いました。

どのレコードを聴いても”こんな音、このレコードに入っていたの?”と非常に驚かされました。表現される空間もとても広く、明確で曖昧なところがなく特に見通しの良さは、他の追随を許さないと言って良いと思います。

かといって音色に粗さは無く、非常に上品な鳴りぶりが印象的でした。まさにこの価格帯も相まって唯一無二のMCカートリッジと言っても過言ではありません。

VDH-COLIBRI MS XGPで、この再現性でしたので、上位のVDH-COLIBRI MS XGWでは、どんな表現になるのか想像もつきません。

ご試聴のご用命、お問い合わせは、ぜひ当店にお申し付けください。

レコード再生に対する西川社長の情熱、設計思想、素材や部品の選別、外装のこだわり、

なにからなにまで文字通り前代未聞で、とにかく凄まじい音でした。

2019年秋頃発売予定。予約承ります。

U-BOYです。

この度、独クリアオーディオのアナログプレーヤーを期間限定でデモ中です。

ある程度長い時間デモを行う予定ですが、ご試聴希望の方は、ご来店前にご相談下さい。

現在カートリッジは同社のStradivari V2を、フォノイコライザーはsoulnote E2を使用しています。

カートリッジは普段聴きなれている、PltunsやLyraでもデモしてみたいと思っています。

物量を奢ったMaster Innovationは、プラッターを4層構造としています。上のプラッターは磁力で浮いている状態で、ベアリングゴロや摩擦係数を限りなく無くした設計です。

工作精度も非常に高く、見ていて惚れ惚れする製品です。
ハウリングマージンも相当高いです。

トーンアームTT2はリニアトラッキングアームです。
超高精度ボールベアリングを介してアームが移動します。

この組み合わせは、極めて高い静寂感、品の良さがあり、クラシックファンにお勧めしたいです。
ドイツグラモフォンのライセンスのもとLP生産を行っているもの納得です。

店頭にも新旧DGのレコードはご用意があります。写真のものは全てオリジナルです。

持ち込みももちろんOKです。

あくまでもアナログらしい聴きごたえも兼ね備えていますので、もちろんロック、ジャズファンの方にも聴いて頂きたい逸品です。


u-audio.com/shopdetail/000000005920/

U-BOYです。

この度、アイレックス株式会社との取引を開始しました。
今回リトアニアのReed社のプレーヤー、トーンアームをデモしております。

プレーヤーは同社ではもっともベーシックなMuse1Cです。
ベルトドライブ仕様にしております。

トーンアームは、最上位モデルのReed5Tです。

同社の製品は革新的な技術が多く取り入れられており、斬新でユニークな製品が多いと思います。
今回実際に触って、聴いてみて工作精度の高さ、安定感のある出音も含めて、自信をもってお勧めできるプレーヤーだと感じました。

特にトーンアームのReed5Tは、従来のリニアトラッキングアームとは異なる手法でトラッキングエラーを0にしています。トラッキングエラーが無いことは、すなわちアンチスケーティングも存在しないことになります。定位の良さ、ノイズレベルの低さは当然素晴らしいのですが、従来のリニアトラッキングアームが苦手としている力感、質の悪いレコードのトレース能力の高さも併せ持ちます。

アームはシェル一体型、ユニバーサル型のどちらにも対応しています。
デモ機はユニバーサル型ですので、当店で使用しているAnalog Relax社のKOI-OTO スタンダードを組み合わせています。

プレーヤーのデモ自体は9/21くらいまでを予定しておりますが、途中でMuse1C固定で、トーンアームを下位モデルにしたパターンでもデモを考えております。


u-audio.com/shopdetail/000000005898/

U-BOYです。

少し時間が経ってしまいましたが、米国Grado社のカートリッジの取り扱いを開始しました。

同社の歴史は非常に古く、MCカートリッジの基本特許(同一のアーマチュアに左右のコイルを巻く)を持っています。

現在は、MCカートリッジを辞めてFB方式に切り替わっています。
受けるイコライザーも含めて、大きな括りでいえばMM型に分類されるのかもしれませんが、コイルも磁石も固定していますので、第3の分類と言えると思います。

この方式は、カンチレバーにコイルもマグネットもついていません。360度どの方向にも同じ条件で溝をトレースが可能です。

代理店の方のご厚意で下は数万円から、トップモデルの135万のモデルまで一通り聴かせて頂く機会がありました。

一通り聴くと同社の特徴も良くわかってきます。

音楽的という表現があっていると思います。
高解像度で厳しい表現をするタイプではなく、ある程度大らかに鳴って、アナログの楽しいところを上手に引き出してくれます。

もちろん、下位モデルと、上級モデルは情報量は違いますが、共通のテイストは感じます。

今回、Fidelixのアンダーハングアームで試聴しましたが、一般のカートリッジと比べるとトラッキングエラーに伴うサーフェースノイズがかなり少ないです。
FB型の特徴でもあるトレース能力の高さに起因するものと考えられます。

一式聴かせていただいた後に、値段のバランスなどを考えて現実的に面白いと思った機種で絞って2回目の試聴をさせていただきました。

現在店頭には4つの機種がございます。
Reference Sonata 2, Reference Master 2, Statement Sonata 2, Statement Master 2

写真はReference Sonata 2を装着したところです。

同タイプの出力レベルの違いも含めて、それぞれの魅力がありますね。
もう少し吟味して何か常設したいと思っています。

U-BOYです。

プロジェクト社とウィーンフィルのコラボモデル、VPO175の展示機が入荷しました。

ウィーン・フィルハーモニー・レコードプレーヤーは、他に類を見ない特徴として、楽器の素材を用いています。

175の木製シャーシと塗装は、バイオリンのそれに倣ったものです。
金色のメタルシャーシは、オーケストラの金管楽器をベースにしたもので、フィンガーリフトは、クラリネットのキーをイメージしています。

電源や回転速度を変更するノブも、フルートのキーを模したものです。

世界175台限定です。

当店は展示機の他、在庫も確保しておりますので、ご興味がある方は実機を見て、聴いていただければと思います。


u-audio.com/shopdetail/000000005771/

U-BOYです。

ステラよりテクダス製品の一部価格改定のアナウンスがありましたのでお知らせいたします。
6/1より新価格が適用されます。

・AIR FORCE TWO
現在定価360万円(税別) 新価格390万円(税別)
・AIR FORCE III
現在定価180万円(税別) 新価格210万円(税別)

なお、当店にはAIR FORCE IIIのお買い得なデモ機処分品もございますので、この機会にご検討ください!


u-audio.com/shopdetail/000000005777/

U-BOYです。

Pro Jectからプレミアムな限定モデルの登場です。

オーストリアの会社であるPro Ject社が、創立175周年となるウィーンフィルとのコラボモデルを発表しました。


世界限定175台生産です。

紹介が遅くなりましたが、実はいち早く現物を見せて頂きました。

D&Mの方に紹介される前から、本国での発表をチェックしていました。日本で扱うなら是非やりたいとリクエストを出していました。

店頭で鳴らした際に写真を撮り忘れましたが、実物の質感も高く好感が持てました。
音のまとまりも良く、普通に100万円のプレーヤーとしての満足感があると思います。

なによりもウィーンフィルとのコラボモデルという付加価値は色あせないでしょう。

レコードプレーヤーは、他に類を見ない特徴として、楽器の素材を用いています。
175の木製シャーシと塗装は、バイオリンのそれに倣ったものです。
金色のメタルシャーシは、オーケストラの金管楽器をベースにしたもので、
フィンガーリフトは、クラリネットのキーをイメージしています。
電源や回転速度を変更するノブも、フルートのキーを模したものです。

色はブライトバイオリン・ダークチェロの2色展開です。それぞれ各175台限定です。
日本での扱いは恐らく各10台以下だと思われますが、当店では展示もします。

展示カラーはダークチェロです。写真の濃い色の方です。
そして、在庫分も発注済みです。入荷は4月末以降の予定です。

ご予約も承ります。


u-audio.com/shopdetail/000000005771/