U-Boyです。

倉敷化工(株)が新設したオーディオブランド、GRESIM(グレッシム)のアクティブオーディオボード、響(HIBIKI-65)をお借りしましたので、レポートします。

同社は、産業用の防振・防音対策を数多く手掛けています。

アクティブ除振台は、内蔵の加速度センサーで微細な振動を検知し、その振動に対してボイスコイルモーターで逆の動きを加えて瞬時に打ち消します。
レーザー顕微鏡や電子天秤などの精密機器や測定器の必需品となっています。

その技術をオーディオ用に流用したのが、今回紹介する響(HIBIKI-65)です。

今回はアナログプレーヤーでボードの有り無しを比較しました。

ReedのMuse3C&5Tという同社最強の組み合わせです。プレーヤーはフリクション仕様。
今回は5Tのバッテリー電源からMuse3Cも駆動しております。
ラックは英国Atacamaです。

まずはいつも通り聴き慣れたレコードを何枚か試聴します。

5Tは独自の方式でトラッキングエラーを回避した独創的なアームで、力強さと空間のセパレーションの良さを両立した素晴らしいアームです。

現代のハイエンドオーディオと、旧き良きアナログサウンドの両方の魅力を備えた製品だと思います。盤石のサウンドで、多くのオーディオファイルがレコード再生に求めているものを高い次元でクリアしていると思います。

次にボードの設置です。

HIBIKI-65はW600xD500というサイズで、ちょうどAtacamaのボードと同じサイズです。

ただし、底面が平らのため、今回載せるAtacamaや、Quadraspireのように天板に突起物があると干渉します。

今回はウッドブロックを挟んで設置しました。


浮いているのがわかるでしょうか。

続いてプレーヤーを設置します。

物量感がありますね。見た目の収まりも良くやってくれそうな雰囲気があります。

機器をセットしたあと、本体のロックを解除、レベリングを行います。
荷重と高さが表示されます。

ディスプレイには振動の波形スペクトルを表示することも可能です。
消灯もできます。

いよいよ載せた状態で試聴です。
正直に告白しますと、最初に載せたときは「ノイズレベルが下がって見通しが良くなったな」程度の印象でした。

最初の段階でラックの水平を取り、ボードなしの状態でプレーヤーも水平を取って追い込んでいます。

次にアクティブボードを載せて、プレーヤーを設置、レベリングを行う作業をしておりますが、ボードのレベリングをした上で、プレーヤーの水平を取り直す作業を怠っておりました。

再度この状態で設定を追い込んで試聴すると、広大な空間が現れました。
滲みがなくフォーカスが合うことで定位が向上します。
パッと聞くと耳あたり良い品の良さを感じます。スピーカーの存在が消えて広い空間がそこに現れます。

低域も出るべきところは自然にスーッと下まで伸びるような印象です。
もちろん、使用しているReedのプレーヤー&アームの基本性能の高さがあってのサウンドだと思いますが、ハイエンドアナログプレーヤーをもう1つ上のステージに引き上げるような底力を感じます。

メーカーの説明では、下からの振動をキャンセルし、載せた機器が発生する振動には効果が無いそうですが、リアルタイムで振動スペクトラム表示をすると、音を出さない状態でもプレーヤーが回っているとき、止まっているときで振動の振幅が明らかに異なります。

想像ですが、モーターが回っている微弱な振動が、ラックまで届いて跳ね返っているのではないでしょうか。

いわゆるフローティング系のボードとは効き方が異なるのもそのためではないかと考察できます。


www.u-audio.com/shopdetail/000000007168

U-Boyです。

好評につきReedフェア継続中です。

過去記事もご参照ください。
2021/1/31までREEDフェア開催中です。
2021/1/31までREEDフェア開催中です。②

今日現在、Muse3CにはReed5Tと5Aのダブルアーム仕様にしています。
(テクダス、エアフォースVプレミアにReed2Gを装着したプレーヤーも併設しています。)


同社の最高峰の組み合わせで有り、5Tと5Aを同じ環境で比較できる機会はなかなか無いかと思います。

どちらもトラッキングエラーが事実上ほぼ無いというコンセプトは同じですが、それを具現化するためのアイデアが若干異なりますし、調整の仕方も実は少し違います。

そして出音ももちろん違います。
その違いはぜひ店頭でご試聴いただければと思います。

また、現在手もちのプレーヤーにReedのアームは装着できるのか、別のプレーヤーと新規で導入を検討したいという方もいらっしゃると思います。

一般的にアームベースは、プレーヤーメーカー側が製作するケースが多いですが、既に存在しないメーカーや、あまりノウハウがないメーカーもありますので、Reed側で他社のアームベースを製作することも可能です。


ユーザーも多いLUXMAN PD171に装着したイメージです。アームはReed 2Gです。(画像は代理店様からいただきました)

ラックスマンで用意しているアームベースにはReedに対応したものが無いため、Reed側で製作しています。


(画像は代理店様からいただきました)

テクニクス1000Rに5Aを装着したイメージです。
このアームベースもReed側で製作しています。


これはクリアオーディオのオベーションにReed 3Pを装着したイメージです。
当店でインストールしました。
クリアオーディオの木目に合わせて、マットゴールド仕上げとしております。
アームベースはクリアオーディオ側に依頼しました。


当店常設のテクダス、エアフォースVプレミアムです。アームはReed 2Gです。
アームベースはテクダス側で製作しています。

私の使っている○○のプレーヤーに装着できますか?というお問い合わせも大歓迎です。

治具がありますので、取り付けが可能か位置関係を事前に確認もできます。

柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

U-BOYです。

現在、当店では2020/1/31までREEDフェアを引き続き開催中です。

期間中は、フェア特別価格にてご案内させていただきます。

現在はプレーヤーをMuse 1CからMuse 3Cに変更しトーンアームにReed 5Aと3Pのダブルアーム仕様、

テクダスのAir Force V PremiumにReed 2Gを搭載してデモしています。

Muse 1CからMuse 3Cの音のグレードに関しましては、やはりMuse 3Cの方がスケール感やS/Nにおいても素晴らしいのは当然のことながら、ターンテーブル特有の癖が少なく、リファレンス的でありながら、それだけではなく音楽ソースの出すべき”表現”例えばある曲は、濃厚さをはっきりと出し、ある曲では分離の良さや解像度に特化するといった具合で、音楽ソースによってその表現を多彩に変化させることに特に驚かされました。

機能的には、1Cの場合は注文時にベルト/フリクションドライブの選択の必要がありますが、3Cは自分で切り替えができます。

フロントの緑のライトがストロボとなっていますが、回転が性格なので全く動きません。ライトは消すことも可能です。

高精度なデジタル水準器も搭載しています。

設置面積は1Cとほとんど変わりません。こちらはダブルアーム仕様にできる点も強みです。


REEDのアームがヒットした要因はたくあんあります。
工作精度の高さとシステマティックに調整ができる点、ペルナンブッコを使った印象的なトーンアーム

アナログ的な暖かみのある部分と現代的な解像度&ワイドレンジ感の両立など…


3Pは同社のアームの存在を一躍広めた意味でも、完成度の高い製品です。

小型水準器を使って細かくセッティングできます。
演奏中にアジマスや高さ調整ができるという画期的な構造です。

テクダスに装着中の2Gはオプションのレーザーガイドも付けています。
こちらはレーザーをあてて高さ調整やアジマスの確認ができますが、基本的にシェルの取り付けでアジマスの水平を取る考え方ですので、マニアックな調整がしたい人は3P、マニアライクでありながらより簡単な調整ができる2Gという選び方になると思います。


そして話題の新製品5Aです。

トラッキングエラーが無いことによるセパレーションの良さ、サーフェイスノイズの少なさは現代アームの中でも極めて高いレベルの再生音です。

独特な見た目ですが、セッティングもそれほど難しくありません。
プレーヤーとアームの水準器でそれぞれセンター出しをすれば、アジマスの調整をする必要はありません。

音の芯や力感に関しては、オーソドックスな3Pや2Gの方がやや有利な部分もありますが、支点が動く従来のリニアトラッキング方式が苦手としていた腰の据わったおともしっかり出ています。

REEDはそれぞれがユニークなアイデアと、確かな技術、工作精度に支えられている素晴らしいブランドです。

ご興味を持たれました方は、是非当店にお問い合わせください。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000007029/

U-BOYです。

現在、当店では2020/1/31までREEDフェア開催中です。

期間中は、フェア特別価格にてご案内させていただきます。

 

現在はプレーヤーMuse 1C(フリクションドライブ)にトーンアームReed 5Aを搭載、テクダスのAir Force V PremiumにReed 2Gを搭載してデモしています。

Reedのアームはペルナンブッコを使った木製アームが印象的です。

独創的なアイデアを実現できる高い工作技術があり、調整もシステマティックに追い込むことが可能です。

現代的な情報量と、アナログの良さ、有機的な音を併せ持っており、当店でもお勧めしている製品です。

今回の機会に是非ご試聴ください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006969/


www.u-audio.com/shopdetail/000000006997/

U-BOYです。

このたび、Air Force V Premiumの常設展示を開始しました。
トーンアームは、後日Reedの2Gを装着予定ですが、アームが間に合わず、SMEのSeries V-12を付けています。

カートリッジはPlatanus 2.0sです。

従来のVはパネルを組み合わせた一般的なボディでしたが、上位モデル同様、アルミブロックから削り出した筐体に変更されました。

微弱信号を扱うアナログにいおいて、筐体の剛性や各パーツの精度が音に影響するのは容易に想像できると思います。

他のモデル同様、プラッターを空気で浮かす&レコード盤を吸着させるという思想は同じで、これも不要振動を極限まで抑えることに成功しています。

トレースしているターンテーブルをコツコツ軽く叩いても音飛びしないのはこのプレーヤーの強みの1つです。

プレーヤーから音が出るわけではありませんので、実際はカートリッジや、トーンアーム、フォノイコライザーの支配力の方があるのではないか?と考えるユーザーも多く、古いプレーヤーを大切に使われている方もいますが、現代のプレーヤーでしか表現できないSNの高さや空間表現というのは確実にございます。

Air Forceをデモする度に感じるのは、アームやカートリッジの特徴をより際立たせるということです。

たまたま別でデモ中のCH Precidon P1のフォノイコライザーと組み合わせると、静寂の極致といえるようなSNの高さを感じることができました。

SMEのアームは、Reedが来るまでの暫定的な採用ではありますが、1か月くらいはこの組み合わせで鳴らす予定です。

CH PrecisionフォノイコライザーP1を試聴させていただきました。

CH Precisionフォノイコライザー、P1を試聴させていただきました。アンプ機器やデジタル機器では、一日の長があるCH Precisionですが、フォノイコライザーは、どんな製品になるか昔から非常に興味がありました。この度、代理店様からオプションのEQフィルターボード搭載モデルにてお借りすることができました。

本機は、他にもオプションで、2台のP1でのTrue Monauralモード・外部電源ユニットX1を追加してなど発展性も高いモデルになっています。

本機の入力回路は、MM/MC電圧増幅回路とMC専用の電流増幅回路を搭載しており、MMカートリッジの使用はもちろんのこと、あえてMCトランスを使いたいといった要望にも対応しており、ユーザーの遊び心をくすぐります。

他にはサブソニックフィルターの設定・付属のキャリブレーションレコードによるオートインピーダンス調整機能・100kΩから20Ωまで500ステップ以上のカートリッジロード調整機能等々、痒い所に手が届く逸品です。

さらにオプションのEQフィルターボードを使用することで、各種専用カーブ簡単に変更することも可能です。


では、実際の音はどうかということで、今回はMC専用の電流増幅回路にて試聴させていただきました。

音が出た瞬間からS/Nが非常によく見通しの良い印象です。

基本のS/Nが良いので情報量も多く、とても現代的な音であることが印象的でした。音自体のきめが細かく、聞き疲れはしないのですが、かといって切れ込みや空間性の表現は非常に丁寧にされており、使い古された言い回しですが、まさに『このレコードにこんな音が入っていたのか?』と気づかされた思いでした。

音は、現代を代表するフォノイコライザーの一台といって過言でない製品だと思わせるものでした。これで、True MonauralやX1が追加されたならどんな風になってしまうか、さらに興味がわきました。デジタル機器でもアンプ機器においても技術力を持ったCH Precisionですが、今回の試聴で改めて彼らの技術の奥深さを感じました。

 

本商品、期間限定展示中です。ご興味がございましたら、ご遠慮なく是非当店までお問い合わせください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006870/

ファンダメンタルプリメインアンプ「PA10」を試聴させていただきました。

ファンダメンタル プリメインアンプ PA10をお借りする機会をいただきました。当初、電源別筐体と聞いていたので、大型化するのかな?とか収まりはどうなるのかな?と少し不安に思っていたのですが、実際の本体をみると杞憂でした。シンプルで非常にコンパクトな見た目に合わせてセレクターも搭載され、唯一の弱点も解消されました。

コンパクトの見た目に反して、中身の物量投入具合は凄まじく、700VAのリングコアトロイダルトランスをアンプ部とは別筐体に搭載し強力なレギュレーションの確保とともに高S/Nを実現しています。1,000μFのカスタムスリーブレスコンデンサを±各16個ずつ並列接続してケミコンブロックを構成し、アンプ部への給電に使用しており、強靭かつハイスピードなパワーサプライを担っているようです。

電流増幅段の基本構成は、広帯域バイポーラトランジスタによる3段ダーリントン回路にて構成しています。鈴木哲氏のこだわりのつくり込みにより、発振防止用コイルや出力に直接に挿入されるプロテクトリレーを排除し、事実上音質劣化のない実質の駆動力を高めるオリジナルプロテクト回路を搭載しているそうです。さらにこの入力段の素子はすべてサーマルカップリングされておりすべてのJ-FET素子が均一な温度下で動作をすることによりDCドリフトとサーマルノイズを完全に排除しているそうです。

一聴してみると、”押し出し感が強い”とか”抜けるような解像度”とか”切れるようなハイスピード”というような派手な音では決してありません。しかしどこまでも自然で、よくよく聞きこんでみると、そのきめの細かさや、細部のディティールや情報量が素晴らしく、さらに時間軸表現も正確で、音楽の微細なフィーリングが特に、生々しく表現されています。それにもかかわらず、少しも押しつけがましくないので、本当に音楽だけに集中できる類まれなるアンプだと思います。

 

 

 

本商品、絶賛発売中です。ご興味がございましたら、ご遠慮なく是非当店までお問い合わせください。

https://www.u-audio.com/shopdetail/000000006699/

Constellation AudioのフォノイコライザーPERSEUSを期間限定で展示中です。

 

Constellation Audioの代名詞といっても過言ではない、フォノイコライザーPERSEUSお借りする機会をいただきました。

見た目は、非常にシンプルで美しく操作部もタッチパネルと非常に現代的なデザインですがメイン設計者は、かのジョン・カールです。四半世紀立っても彼の新たな製品にかける情熱、古い素子や、やり方にこだわらない柔軟な発想力が、Constellation Audioのすばらしさの一因になっているのだなあとつくづく感じました。

 

PERSEUSの音の良さの要因の一つにその独特の信号回路の構成があるそうです。信号回路は、J-FETとMOS-FETを使用した、コンプリメンタリーバランス回路で構成されていますが、特に入力段では音質に優れたJ-FET素子を選別使用。HOT側回路用に5ペア、COLD側回路用に5ペアをそれぞれカスコード接続することにより、ノイズレベルを通常の5分の1以下に押さえることに成功しています。

この入力段の素子はすべてサーマルカップリングされておりすべてのJ-FET素子が均一な温度下で動作をすることによりDCドリフトとサーマルノイズを完全に排除しています。

 

音を聴いてみると、決してハイスピードなわけではないのですが、針を落としてすぐに、その豊潤で滑らかなサウンドに魅了されます。

どちらかというと、温かみのある音ではあるのですが、空間は非常に広く、定位も非常にきちっとしており、音像もはっきり・くっきりとしています。ただ、だからと言って出音がドライになることは無いのです。背景のノイズレベルが非常に低いのですが、そこにわざとらしさが全く無く、まさに”機材が消えて音楽だけが存在する”といった印象になります。また既存のシステムの弱点をあたかもカバーしてくれるような印象もあります。価格は決して安いといえる代物ではないのですが、流石のクオリティーであると認めざるを負えませんし、これを所有してしまえば、フォノイコライザーは、もう買い替えなくても良いかなと思わせるような唯一無二の魅力があります。

今回の試聴では、そこまでハイレベルのターンテーブルシステムで試聴したわけではないのですが、それで”こんな音が出るの?”といったサウンドになりましたので、上位クラスのターンテーブルでは、想像もつかないサウンドになるに違いありません。

 

是非、この機会にご来店いただき、そのサウンドをご体験ください。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006523/

U-BOYです。

Kuzumaのアナログプレーヤー、STABI S コンプリート・システムⅢアドバンスをお借りしました。

1/20までの短期間ですが店頭デモしております。
カートリッジは同社のCAR-40、フォノケーブルにヨルマフォノを使用しています。

Kuzumaというと、筐体が無いスケルトンボディが目を引きます。

強固なブラスの円柱を組み合わせたT型のベースは、余計な共振を避けるためのもので、弱音のニュアンスから開放的な音にも貢献していると思われます。

工作精度も高く回転も非常に安定しています。

試聴にはCAR-40、ヨルマフォノを経由して、イコライザーはSoulnoteのE-2を使用しました。

まず、最初の印象としては、多くの人が連想するアナログサウンド=中低域が充実して力強く、破綻が無く安心して聴けると思いました。

ただ細かい情報もしっかりと出ていて音数はかなり多いです。
同価格帯のプレーヤーの中でも完成度はかなり高い印象を受けました。

高解像度に振ったデジタルっぽいプレーヤーも増えてきましたが、Kuzumaは王道的なプレーヤーだと思います。

調整も理詰めで追い込めるプレーヤーですので、セッティングのし甲斐もあります。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006437/

U-BOYです。

レコードアクセサリーのAFI、FLAT.2をお借りしたので店頭で実験してみました。

写真だと周りの映り込みもありますが、実物は高級感があり大変きれいな仕上がりです。

この製品には大きな特長が2つあります。

まず第一に反ったり歪んたレコードを平らにする機能です。

第二の機能は、リラクゼーション・プログラムです。

ゆっくりと均一に加熱(及びその後冷却)し、温度をコントロールしながらレコード盤をリラックスさせストレスを除去していきます。
レコードをプレス直後の音溝に一層近づけることが可能になるそうです。

まず、視覚的にも分かりやすいので、手もちのレコードで最大限反ったレコードを用意してみました。
70年代のドイツグラムフォンプレスです。一応オリジナルです。

iPhoneで録画しみてました。
修正前

これをスタンダードプログラムで平らにします。
経験上、レコードの反りは重量盤ほど修正に時間が掛かると思います。

通常の反りであれば1回でほぼ修正できますが、このレコードはスタンダードプログラムを2回実施しています。
修正後

同じレコードとは思えないくらい平らになりました。

熱を加えて反りを直す機器は他社でもありますが、AFIの良いところは音質的な副作用を感じない(むしろ音が良くなる)点です。

次にふだん聴きなれているレコード幾つかにリラックスモードの処置を行いました。


Shelly Manne & Jack Marshall ‎– Sounds Unheard Of!

1962年のプレスです。
もともと高音質で鮮度や定位感など現代の指標でも十二分に通用するものですが、音がほぐれて伸びやかになる印象を受けました。


Wanda Wilkomirska & Ann Schein ‎– Two Sonatas For Violin and Piano
1970年のプレス
このレコードも元々超優秀録音ですが、エネルギー感を損なうことなく、音がほぐれて伸びやかになりました。

高級レコードクリーナー、超音波やバキューム式洗浄機でレコードをクリーニングした時と同等以上という印象で、思ったよりも変化量は大きいと感じました。

ベールを1枚剥いだようなイメージで、音が伸びやかになり、見通しの良さも向上します。

特に副作用は感じませんでした。

70万円というプライスは安くはありませんが、オリジナル盤のレコードをたくさん持っている方であれば、レコード洗浄機同様に手放せなくなるアイテムだと思います。

反りの修正よりも音質改善効果の方がむしろ大きいと思います。


www.u-audio.com/shopdetail/000000006409/